HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

目立つ前歯の差し歯の変色をキレイにしませんか?

 

前歯はとても目立つため、良くも悪くも一気に顔の印象が決まってしまう部位です。前歯に保険適用の被せ物を装着している場合、年数が経つにつれて黄ばみや汚れが目立ち始め、他の歯と比べると明らかに色が変わってしまいます。今回は保険適用の前歯の差し歯と、セラミックの差し歯を比較してみたいと思います。

 

前歯が差し歯になるケースとは?

前歯に使われる差し歯は、主に虫歯治療と歯の破折により、噛む機能を取り戻すために使われます。虫歯の場合、虫歯が根の中まで広がってしまうと神経を取り除き、根の治療を行ってから型取りを行い、被せ物を装着します。

またスポーツや学校などで前歯をぶつけて歯が折れるケースもめずらしくありません。折れ方によっては、根の治療後、差し歯にしなければならない場合があります。このように、虫歯だけでなく、アクシデントによって前歯が差し歯になるケースもあります。

 

当院のむし歯治療に関して詳しい内容はこちら

 

保険適用の前歯の差し歯の特徴

前歯の差し歯には、保険適用のものと保険外のものがあります。保険適用の前歯の差し歯は、見える表側が白いレジン、裏側が金属で作られており、犬歯まで適用されます。では保険適用の差し歯のメリットはどういったことでしょうか。

・安価である

・見た目は白い

・耐久性はまずまず

保険の差し歯の大きなメリットは、治療費を抑えて治療できることでしょう。経済的に負担が少ないことが、保険適用の優れているところと言えます。

では反対に、デメリットはどんなことでしょうか。

・年数が経つとレジンが汚れてしまう

・金属が使われているため、歯ぐきが下がると内部の金属が見えてしまう。また金属が溶け出して歯ぐきが黒ずむ「メタルタトゥー」になりやすい

・二次カリエスのリスクがあるため、数年でやりかえる必要がある

 

作製当初は周りの歯と調和したきれいな白い差し歯ですが、審美面で劣ることが大きなデメリットです。というのも、レジンは使っているうちに表面に傷がついてしまうため、汚れや細菌が付着しやすくなり、だんだん黄ばんできます。そのため作製当初と比較すると、周りの歯とは違った色に見え、とても違和感があります。金属を使っているためにメタルタトゥーの心配もあり、使っているうちに審美面が大きく損なわれてしまいます。

 

前歯の差し歯の変色を、セラミックできれいに治すことが可能です

いっぽう保険外治療の差し歯は審美面が考慮されており、長期間美しい歯をキープすることができます。特にオールセラミックは審美面で大変優れており、汚れた差し歯を治すには最適な素材です。

 

当院の審美治療について詳しい内容はこちら

 

歯科治療の被せ物で使われるセラミックは陶器の素材で、白くなめらかです。そして汚れがほとんど付かないため、長期間使用しても美しさを保つことが可能です。わかりやすく例を挙げると、何年か使っているプラスチックのお皿と陶器のお皿でカレーなどを食べた場合、プラスチックのお皿の汚れはなかなか取れません。これは、プラスチックの表面に傷が付くことから、色素が付着してしまうのです。

これに対し陶器のお皿は、汚れが簡単に落ち、付着することはまずありません。差し歯もこれと同じで、セラミックは汚れが付きにくいため、いつまでもきれいな歯を保つことができるのです。細菌も付着しにくく、二次カリエスになりにくことも特徴のひとつです。さらに強度も優れているため、審美性と機能を兼ね備えた理想の素材と言えるでしょう。

 

前歯の差し歯の変色でお悩みの方は、セラミッククラウンでの治療をお考えになってみてはいかがでしょうか。

 

 

 


2018年11月8日 7:15 AM | カテゴリー: むし歯, 保険と自費

その銀歯、大丈夫ですか?銀歯が持つデメリットと改善策について


銀歯は保険が適用となるため安価で治療することができます。しかし銀歯が持つメリットは安い治療費くらいで、あとはデメリットばかりが挙げられる治療法なのです。今回は銀歯が持つデメリットについてお話をしたいと思います。

銀歯のデメリットとは

一般的に銀歯と呼ばれている保険適用の金属素材には、インレーと呼ばれる詰め物とクラウンという被せ物があり、どちらも虫歯治療で削った歯を修復するために用いられる補綴物です。インレーやクラウンで使われる金属とは金銀パラジウム合金で、強度に優れており、安価で治療を受けることができます。

しかし金属を使った補綴物はデメリットが多い治療であることも確かです。では金属素材の補綴物のデメリットを挙げてみましょう。

・プラークが付きやすく二次カリエスのリスクが高い

・審美性に劣る

・金属アレルギーの心配がある

・メタルタトゥーと呼ばれる歯ぐきに黒ずみが生じる

・土台が金属の場合、歯の根が割れる可能性がある

上に挙げたデメリットの中でも、特に大きなデメリットは二次カリエスのリスクが高いことです。二次カリエスとは、補綴物の内部で再び虫歯が生じることです。金属の補綴物はどんなに精巧に作られても歯にぴったりと密着しません。わずかな隙間から虫歯菌を含んだ唾液が入り込むことで再び虫歯が広がってしまいます。二次カリエスになった場合、補綴物を外して再治療を行います。つまり再び歯を削らなければいけないということになってしまいます。歯を削ることは歯の寿命を短くすることであり、銀歯はまさに歯の健康を大きく損ねてしまうのです。

金銀パラジウム合金は劣化しやすく、金属イオンが溶けだすことで歯ぐきに黒ずみを生じさせり、金属アレルギーの症状を引き起こすリスクも持っています。また強度は優れていますが、対合の歯を痛めたり、金属の土台が入っている場合、噛んだ時に歯の根が割れてしまう可能性があります。

つまり銀歯は治療した歯だけでなく、他の歯も痛めてしまう可能性が高い治療法なのです。

 

虫歯について詳しい治療内容はこちら

 

歯や体に優しいセラミックやジルコニア

銀歯が持つデメリットを解消するためには、お口の中から原因となる銀歯を取り除き、セラミックやジルコニアなど、金属を一切使わないメタルフリー治療を行います。オールセラミックやジルコニアは白く審美性に優れており、プラークも付きにくいため二次カリエスのリスクも比較的低い治療法です。審美性、機能性に優れたセラミックを使った治療は、体にも優しい素材です。保険外治療のためお値段は高くなりますが、歯の健康を考え、セラミックを使った治療を行うことが、今後の歯の健康を守ることになると言えます。

 審美性の高い素材の内容はこちら

 

メタルフリー治療で、見た目と健康を考えたお口に整えましょう

銀歯のデメリットと改善策についてお話しました。銀歯は保険適用のため治療費を安く抑えることができますが、歯や体に影響を与えやすいという大きなデメリットを抱えています。金属を使わないセラミックなどを使った審美歯科は審美性と耐久性を兼ね備えており、歯を長持ちさせることを考えた治療法です。お口の中の銀歯が気になる方は、いちど歯科医院へ相談してみてはいかがでしょうか。

 


2018年8月13日 7:47 AM | カテゴリー: むし歯, 保険と自費

神経を抜いた割れやすい歯の土台に、しなやかで強い素材を選べます

 

 

歯の土台って何?

 

神経をとった歯は、神経のあった根っこ部分が空洞になります。

そのままでは被せ物をしても空間ができてしまいますから、根っこ部分に土台を入れて補強する必要があります。

保険診療はもちろん、従来の審美治療でも金属の芯をいれるのが一般的でした。

ですから「いつ治したか覚えてない」くらい以前に神経の治療をした歯がある場合。

土台は金属で作られているといってよいと思います。

 

金属土台の破折リスク

 

金属製の芯は頑丈ですが、天然歯よりも硬いです。

噛んだ時に発生する力に対して、内部に発生する抵抗力を応力というのですが、この応力
が部分的に集中してしまい、根っこに亀裂がはいる、つまり「ヒビが入ったり」「割れたり」してしまうことがありました。

歯の健康とアレルギーの心配がない新しい土台

神経を抜いた歯は、神経のある歯に比べて脆くなります。

ファイバーコアは、グラスファイバー樹脂とセラミックス系樹脂ができた素材で、天然歯と相性のよいしなやかさと強さのバランスが特長。

金属製の芯に比べると応力集中が起きないので、亀裂が発生するリスクが少ないです。

歯が割れてしまうと、最終的には抜いてしまうことになります。

ファイバーコアは、神経を取った歯の寿命を延ばすことにもつながります。

また金属を使用していないので、アレルギーの心配もありません。

 

 

 

歯ぐきの黒ずみ、変色が気になる方に

 

被せ物が白いと気づく機会はなかなかありませんが、歯ぐきが変色したり、黒ずんだり、アレルギー反応を感じる場合は、被せ物だけでなく土台の素材にも注意しましょう。

もし銀歯や被せ物を交換したいとお考えの方は、土台もあわせて変えることで、将来の歯に亀裂が入るリスクを減らすことができます。

 

 

高い審美性を求める方にも

 

土台だけで治療を終えることはないので、あまり見る機会がありませんが、ファイバーコアは白色です。

オールセラミックスを使った被せ物の土台にも最適です。

当院ではセラミック治療、ファイバーコアともに、患者様のご希望にあわせて治療に使う素材をお選びいただけます。

被せ物や詰め物を直したい、白い歯にしたいとお考えの方は、是非「土台」もお選びいただけるので、お声がけください。

ファイバーコアの特徴についてはこちらをご覧ください

 


2018年5月25日 1:15 PM | カテゴリー: ホワイトニング, 保険と自費, 口腔から全身の健康へ, 金属アレルギー

ご存知ですか?同じ歯の治療には限度があります

 

 

すでに治療を終えた歯が何度も取れてしまう


 

虫歯の治療をして詰め物や被せ物をした歯(治療歯)が、「何度も取れてしまう」、また痛くないので「取れたけどそのまま放置」している方はいらっしゃいますか?

 

「治療しないといけない」とはわかっていても、「痛くなるまでなかなか通院しようと思えない」方も多いかもしれません。

 

今日は、来院されるひとつのきっかけとして、歯の治療回数の限界についてお話したいと思います。

 

 

何回まで?歯の治療回数


 

 

一般的に虫歯は、虫歯になった場所を削って詰め物を入れます。

 

見た目は詰め物をするので、元通りに近い状態になり、食事をしても違和感はありません。

 

しかし、一度削った自分の歯が元に戻ることはありません。

 

治療した歯は、詰め物の間から虫歯が再発しやすくなります。

また虫歯になった食生活や生活習慣を改善せずに治療だけしても、虫歯リスクが高い口腔内のままであれば、いずれ他の歯も虫歯になるリスクが高いといえるでしょう。

単純に詰め物が取れてしまった場合でも、多少は歯を削らないと、新しい詰め物をいれることができません。

また、取れたまま放っておけば、また新しい虫歯ができます。
さらに自分の歯を削って治療をしなけれなりません。

一定の深さまで虫歯が進むと、神経を取らなければならなくなります。
神経を取った歯は、さらに弱くなってしまいます。

 

歯の根っこまできちんと治療をしても自分の歯がもろくなっていたら、いずれ歯が割れてしまい、歯を抜かなければならないことも少なくありません。

「この歯の治療は、何回までしかできない」ということはありません。

 

でも、虫歯の大きさによってどんどん元の自分の歯が減っていけば、どんどん治療の難しい歯になってしまいます。

 

歯の寿命を延ばすためには


 

 

私たちができることは、できるだけ削らないで治療ができる方法を増やすこと。

そして再治療リスクを減らすための根本的治療を行うことです。

 

そのためには、歯や口腔内にとって負担の少ないお手入れのしやすい素材や治療法を「自分で選ぶ」ことも大切です。

 

当院では、保険、自費診療どちらもお選びいただけます。

自分の歯をどのように守って行きたいか、ご希望をお聞かせください。

 

当院ではレーザー治療をすることで、小さい初期の虫歯を削らないで、元に戻す(再石灰化)力を助けて歯の再生治療できます。

レーザーとお薬を使った歯の再生治療について

 

 

今までの歯の治療回数や、現在の歯の状況を拝見して、できるだけ耐久性のある素材、歯周病リスクの少ないものをご提案したいと考えたとき、保険診療で使用できる素材(金属やプラスチック)は、オススメできない場合もあります。

 

自費診療では見た目も美しさだけでなく、保険素材に比べて耐久性に優れ、歯垢・歯石のつきにくいセラミック素材を選ぶことができます。

 

最終的な治療の負担やストレス、生活の満足度などを考えて最終的に患者さんにお選びいただけます。

美しさと耐久性、アレルギーの心配もない生体親和性の高い素材を使った審美治療

 

また神経を取った歯には土台を入れるのですが、一般的な保険治療で入れる金属の土台は、金属の方が歯よりも硬く強いので、自分の歯が割れてしまう可能性がありました。

最近では、ファイバーコアといって、歯の強度と同じようなしなやかさを持つ白い素材を土台として入れることができます。

このファイバーコアは、適度にしなるので歯の根っこが亀裂するリスクを軽減できます。

色が白いのでセラミックとの相性もよく、金属を使用しないのでアレルギーリスクもありません。

ファイバーコアについて

 

 

二人三脚で歯の健康を守っていきましょう


 

私たちは、歯を守ることに関してプロフェッショナルです。

みなさまが「予防」の必要性を感じ「通院」していただくことで、一緒に歯の健康を守ることができます。

再治療リスクをできるだけ減らすためには、治療の後の予防が本当に大切です。

今までの治療してきた歯の状態や、個人の健康状態、歯に関する意識によって、これからの治療方法や、予防の仕方は変わってきます。

是非一度、当院にご相談ください。

いつまでもできるだけ自分の歯で食事を楽しめる生活を目指しましょう。


2018年3月26日 9:10 AM | カテゴリー: お知らせ, むし歯, 保険と自費

あなたの歯ぐき年齢はいくつですか?セルフチェックしてみましょう

 

 

口元の年齢、気になりませんか?


 

 

「見た目年齢」が実年齢より「若く見える」のは、たいていの場合、嬉しいですよね。

「少しでも若々しく健康でありたい」と努力する気持ちも、自分が歳を重ねるごとに共感できるようになってきます。

「見た目年齢」といえば、目元やほうれい線などシワやたるみ、毛穴などお顔周りに集中するかもしれません。

意外と忘れがちですが、口元も見た目年齢に大きく影響を与えます。

特に年齢を重ねていくと、きちんとお手入れていても歯の色の黄ばみや、いつの間にか歯のすき間が広がった…というお悩みが出てくることも。

歯の色は、ホワイトニングや被せ物を白い歯に変えたりすることで改善できます。

すき間のお悩みは、自然な形ですき間を埋めるダイレクトボンディングを利用すると、1回の治療で解消されることも。

しかし、笑ったときに見えるその「歯」を支えている「歯ぐき」の年齢、気になりませんか?

  

▲歯全体のホワイトニングに
マウストレーを使わないから家族全員で使える!
最新のLEDを使ったホワイトニングを採用しています

被せ物や詰め物を白い歯にしたい方は

ダイレクトボンディングについてはこちら

 

 

 

歯ぐき年齢をチェックしよう!


当院では、ホームページ上で歯周病をチェックして、歯ぐき年齢を確認できます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

歯ぐきは多少腫れたり出血しても、一時的なことが多く、それだけの理由で「歯科に行こう」と思わない方も多いかもしれません。

しかし、せっかく歯並びを整えて美しい歯を手に入れても、土台がグラグラしてしまえば、最終的に歯を失う大きな原因となります。

 

まずはセルフチェックで、歯ぐき年齢を調べてみてください。
もし気になる症状や、治療の必要性があれば、できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。

 

 

 

『私は虫歯がないから「歯は強くて丈夫」なの』は間違い?


 

虫歯がほとんどない、歯が痛くなったこともあまりない。という方は、歯科医院にお越しになる機会が少ないかもしれません。

しかし、残念ながら虫歯がないから「歯周病にならない」とは限りません。

虫歯の原因菌はミュースタンス菌などが有名です。
歯の「表面」に貼りつき「歯を溶かし」ます。

一方歯周病菌は、プロフィロモナスジンジバリス菌など嫌気性菌と呼ばれ、歯と歯茎の間に存在します。

歯周病菌が多いことで口腔内環境が悪化して「虫歯になる」可能性はありますが、歯周病菌は、歯ぐきや歯根膜、歯槽骨といった歯の周囲の組織をゆっくりと溶かしていきます。

虫歯は削って患部を取り除き、詰め物や被せ物をすることで、できるだけ元の形に近い状態、または機能を取り戻します。

しかし歯周病は、一度進行すると削って治すという方法では治せません。

軽度~中度であれば、毎日の丁寧な歯ブラシや、自宅でできる除菌ケア、病院で行う歯石除去、歯ぐきケアで「菌」を減らす治療がメインになります。

歯がグラグラする段階になると、状況によっては歯を抜くことになる可能性が高くなりますが、間に合うならば腫れた歯茎をメスで切り膿を出す、溶けてしまった骨を再生する(再生するまで時間がかかります)といった治療法があります。

いずれも虫歯治療に比べると、時間がかかります。
歯周病が進行していれば、肉体面、費用面でも負担が大きくなります。

痛みを我慢しながら治療するストレス、歯を失ったあとの不便な生活は、、実際に体験してから痛感される方がほとんどです。

予防することで、歯や歯ぐきのトラブルも早期治療ができます。

最終的には見た目年齢をはじめ、トラブル痛みストレス、治療の費用面でも、負担が少ないといえるでしょう。

当院では、重症の歯周病(メスで歯肉を切らなければならない)でも、歯と歯ぐきの間にレーザーを照射することで、歯周病菌を排除し、弱った歯茎の血行を良くして健康で引き締まった歯茎へと再生させることも可能です。

レーザーを使った歯周病(歯槽膿漏)の治療について

どうか痛みやぐらつきがないうちに、歯周病チェックや、予防治療をはじめるチャンスを逃さずに!

 

予防歯科のご予約はこちらから

お悩みのご相談(メール)

 

もし歯を失ってしまっても…
できるだけ快適な生活を送れる見た目がよくて痛くない入れ歯もご用意しています
入れ歯(デンチャー)

 


2018年3月20日 10:05 AM | カテゴリー: お知らせ, ホワイトニング, 保険と自費, 口腔から全身の健康へ, 歯周病

歯の保険(歯科治療費用補償特約付交通事故傷害保険)

従来の医療保険ではカバーされていない歯科治療を補償する損害保険のプランがエース保険から
発売されています。例えば、インプラントやセラミックインレーなども補償されるプランがあります。

詳しくは、エース保険会社のホームページへ


2013年2月22日 12:47 PM | カテゴリー: 保険と自費



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター