HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

細菌数ゼロ※歯科治療水安全施設認定を取得した医院です


ご存知ですか?当院の感染対策

来院されている皆さんはご存知かもしれませんが、改めて当院の感染予防対策についてご説明したいと思います。

当院では、当然のことながら医療器具や備品の使いまわしなどは一切行っておりません。医療器具は専門の機材で洗浄・除菌を行い、ゴム手袋や患者様用コップ・エプロンなどは使い捨てのものを使用しています。

 

また、早い段階から一番私たちの身近にある「水」からの感染予防、滅菌消毒を目的とした連続除菌治療システムを導入しています。

当院4つの安心

 

治療に使われる水は全て除菌水

歯科で使われる水といえば、治療の途中で「うがいする水」が一番に思いつくかもしれません。ほかにも、歯を削る機械など治療中のお口の中でも大量の水が使われています。

 

治療時は多少の出血がありますから、治療中に使用する水が汚れていれば、血液を介して体内への感染も心配されます。元気な時は気にならなくても、お子さんやお年を召した方、疲れていたり、体調を崩して免疫が低下した状態では、些細なことがきっかけで感染してしまうことも考えられます。

 

当院では、中性電解除菌水(POICエコウォーター)を生成する機材を導入し、歯科用ユニット(診察用のチェア)にこの水を流しています。「うがいに使う紙コップの水」、「歯を削るタービン」や「歯石除去に使用するスケーラー」など治療で使われる水すべてが除菌水です。

連続除菌システムについて

 

患者さん同士、働くスタッフも安心の環境

 

この除菌水は、細菌・ウィルスに対して除菌効果が認められています。もし仮に、患者さんが何かウイルスに感染していたとしても、治療中に飛び散る水は除菌され、無害化されるので、ほかの患者さんや働くスタッフへの感染の心配もありません。

 

強力な除菌効果があると聞くと、副作用や身体への影響が気になるかもしれません。これだけ高い除菌力がありますが、高純度食塩水を電気分解して生成されるので、身体にも自然環境にも無害です。

 

ご自宅のホームケア用にも

 

むし歯や歯周病予防のホームケア用品として、洗浄・除菌機能を持つ高濃度POICウォーターもご用意しています。口の中の汚れを分解洗浄した後に除菌力が高まる医療用(歯科用)機能水です。

 

 

高濃度POICウォーターはこんな方に

 

お口の中がネバネバする・不快感
口臭が気になる
むし歯予防をしたい
歯ぐきの腫れ、出血、歯周病予防に
口内炎予防に
風邪やインフルエンザを予防したい

 

日常的な口腔内の予防や、ウイルス感染対策にもおすすめです。毎日の食後、就寝前に約10cc、20秒ほどブクブクうがいをしてください。うがいをしながら歯ブラシや歯間ブラシでブラッシングするのも効果的です。詳しくはスタッフまでお気軽にお声がけください。

※「細菌数ゼロ」は、連続除菌システムで生成される殺菌水をさしています。


2018年7月24日 9:04 AM | カテゴリー: お知らせ, 歯周病と全身疾患の関係, 滅菌と消毒

安心・安全な歯科治療水による診療(連続殺菌治療システム)

当院ではエピオスエコシステムという連続除菌治療システムを導入しています。
超純水と高度に精製された塩を電気分解して作られたPOICエコウォーター(中性電解水)を診察室の配管に連続注入し、口腔内を除菌しながら治療をすることができます。POICエコウォーターは、ウィルスと細菌を除菌する能力をもっています。体の中で作られる免疫系成分と同じなので安心ですね。歯を削るタービンや歯石を除去するスケーラーという器械類自体もこのPOICエコウォーターによって連続除菌されているため、院内感染の危険性を小さくすることができます。
『連続除菌治療システム』は、歯科医療の夢を実現する最先端の院内感染対策システムです。


2015年10月2日 10:00 AM | カテゴリー: 滅菌と消毒



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター