HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

清潔な環境の下で受けるべき歯科治療

歯科医院を選ぶ基準は人それぞれです。治療の腕が良いこと、スタッフの愛想が良いこと、交通の便が便利など、歯科医院を選ぶための基準はたくさんあり、どれを取っても大切なことであることは間違いありません。しかしどれだけ技術が高くてもスタッフが良くても、院内の衛生管理が清潔でなければどうでしょうか。

血液、唾液・・・歯科治療には感染の原因がたくさん!

細菌感染と聞くと、ぱっと思い浮かぶのがインフルエンザや胃腸炎ではないでしょうか。医科において細菌感染は毎日のように起こっています。しかし歯科医院は、意外にも感染の危険が多い医療機関であることをご存じでしょうか。歯科治療では血液や唾液を伴います。お口の中には非常に多くの細菌が存在しており、むし歯菌や歯周病菌などはその代表です。このような細菌が潜んでいる血液や唾液は歯を削るたび、或いは歯石除去を行うたびに周りに飛散しています。当然、使用した器具などにはその飛沫が付着しています。そのためしっかりとした衛生管理が行われていないと、患者様に感染の危険が及んでしまうのです。(細菌が身体に着いたからと言ってすぐに感染症を起こすということではありません。)

 

器具の徹底した滅菌、使い捨ては当たり前

安心して歯科治療を受けていただくためには、徹底した衛生管理が欠かせません。歯を削るタービンやファイルと呼ばれる根管治療の針、歯石除去用のチップなどは、使用後は速やかに消毒、高圧滅菌をして完全に除菌します。また紙コップやエプロン、お顔にかけるタオル、グローブ、フッ素塗布用の歯ブラシなども患者様ごとに新しいものに交換することは当然です。空気清浄器や口腔外バキュームの使用、インプラント治療専用の部屋が設けてあることが望ましく、常に清潔な環境の下で歯科治療を受けていただけるよう心がけることは、歯科医療従事者として当たり前です。

しかし、保険点数が低い為(衛生管理をいくら徹底しても保険収入が変わらない)に今もなお衛生管理をきちんとすることができない歯科医院があることも事実です。タービンやチップは拭いただけ、タオルは一日中使いいっぱなし・・・聞いているだけで寒気がするような環境の下で歯科治療を受けていただくことが、どういうことかおわかりになるでしょうか。

衛生環境に力を入れているかどうかもよくチェックしましょう

滅菌、消毒といった衛生管理に力を入れているかどうかは、歯科医院のホームぺージでチェックできます。滅菌消毒に力を入れている歯科医院では、その様子や取り組みを写真でも紹介しているものです。

またホームページを公開していない歯科医院の場合、ご自身の目で確かめることになります。そのポイントとしては、待合室や院内が明るく清潔感があること、ユニットにタービンなどが差しっぱなしになっていないこと、患者様ごとに使い捨ての手袋を交換していること、そして個室またはパーテーションで仕切ってある半個室があるかどうかなどです。また歯科用チェアーユニットの中のウォーターラインに除菌水を流している医院はかなり清潔レベルの高い医院だと思って間違いないです。

せっかく良い治療を受けても、院内感染を起こしては意味がありません。患者様ご自身も、しっかりとした生成意識を持って歯科医院を選ぶことが大切です。

 

当院の院内感染予防について詳しい内容はこちら

 


2019年12月17日 5:55 PM | カテゴリー: 滅菌と消毒

細菌数ゼロ※歯科治療水安全施設認定を取得した医院です


ご存知ですか?当院の感染対策

来院されている皆さんはご存知かもしれませんが、改めて当院の感染予防対策についてご説明したいと思います。

当院では、当然のことながら医療器具や備品の使いまわしなどは一切行っておりません。医療器具は専門の機材で洗浄・除菌を行い、ゴム手袋や患者様用コップ・エプロンなどは使い捨てのものを使用しています。

 

また、早い段階から一番私たちの身近にある「水」からの感染予防、滅菌消毒を目的とした連続除菌治療システムを導入しています。

当院4つの安心

 

治療に使われる水は全て除菌水

歯科で使われる水といえば、治療の途中で「うがいする水」が一番に思いつくかもしれません。ほかにも、歯を削る機械など治療中のお口の中でも大量の水が使われています。

 

治療時は多少の出血がありますから、治療中に使用する水が汚れていれば、血液を介して体内への感染も心配されます。元気な時は気にならなくても、お子さんやお年を召した方、疲れていたり、体調を崩して免疫が低下した状態では、些細なことがきっかけで感染してしまうことも考えられます。

 

当院では、中性電解除菌水(POICエコウォーター)を生成する機材を導入し、歯科用ユニット(診察用のチェア)にこの水を流しています。「うがいに使う紙コップの水」、「歯を削るタービン」や「歯石除去に使用するスケーラー」など治療で使われる水すべてが除菌水です。

連続除菌システムについて

 

患者さん同士、働くスタッフも安心の環境

 

この除菌水は、細菌・ウィルスに対して除菌効果が認められています。もし仮に、患者さんが何かウイルスに感染していたとしても、治療中に飛び散る水は除菌され、無害化されるので、ほかの患者さんや働くスタッフへの感染の心配もありません。

 

強力な除菌効果があると聞くと、副作用や身体への影響が気になるかもしれません。これだけ高い除菌力がありますが、高純度食塩水を電気分解して生成されるので、身体にも自然環境にも無害です。

 

ご自宅のホームケア用にも

 

むし歯や歯周病予防のホームケア用品として、洗浄・除菌機能を持つ高濃度POICウォーターもご用意しています。口の中の汚れを分解洗浄した後に除菌力が高まる医療用(歯科用)機能水です。

 

 

高濃度POICウォーターはこんな方に

 

お口の中がネバネバする・不快感
口臭が気になる
むし歯予防をしたい
歯ぐきの腫れ、出血、歯周病予防に
口内炎予防に
風邪やインフルエンザを予防したい

 

日常的な口腔内の予防や、ウイルス感染対策にもおすすめです。毎日の食後、就寝前に約10cc、20秒ほどブクブクうがいをしてください。うがいをしながら歯ブラシや歯間ブラシでブラッシングするのも効果的です。詳しくはスタッフまでお気軽にお声がけください。

※「細菌数ゼロ」は、連続除菌システムで生成される殺菌水をさしています。


2018年7月24日 9:04 AM | カテゴリー: お知らせ, 歯周病と全身疾患の関係, 滅菌と消毒

安心・安全な歯科治療水による診療(連続殺菌治療システム)

当院ではエピオスエコシステムという連続除菌治療システムを導入しています。
超純水と高度に精製された塩を電気分解して作られたPOICエコウォーター(中性電解水)を診察室の配管に連続注入し、口腔内を除菌しながら治療をすることができます。POICエコウォーターは、ウィルスと細菌を除菌する能力をもっています。体の中で作られる免疫系成分と同じなので安心ですね。歯を削るタービンや歯石を除去するスケーラーという器械類自体もこのPOICエコウォーターによって連続除菌されているため、院内感染の危険性を小さくすることができます。
『連続除菌治療システム』は、歯科医療の夢を実現する最先端の院内感染対策システムです。


2015年10月2日 10:00 AM | カテゴリー: 滅菌と消毒



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター