HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

入れ歯のバネが気になる・・・

 

失ってしまった歯の機能を補う手段として最もオーソドックスな治療は、入れ歯です。入れ歯は保険適用で安価であること、どこの歯科医院でも取り扱っていることから、欠損補綴治療として選択する方が非常に多いことと思います。しかし保険の入れ歯は制限や条件があるため、不便や不満を感じる場面も出てくるでしょう。今回は、入れ歯について考えてみたいと思います。

入れ歯のメリットとは

入れ歯は、失った歯の機能を取り戻すための治療です。歯を失うと食事や日常生活そして全身の健康に影響が出てしまうため、早急に噛む機能を取り戻す、欠損補綴治療が必要になります。

噛む気に鵜を取り戻す欠損補綴治療には入れ歯、ブリッジそしてインプラントがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、入れ歯にはどのようなメリットがあるのかをご紹介しましょう。

・保険適用で安価に作製できる

・持病がある場合や高齢であっても治療ができる

・取り外し式のため手入れしやすい

・保険の入れ歯の場合、素材がレジンのため破損しても修理しやすい

・たくさん歯を失っていても治療ができる

 

このように、保険適用の入れ歯は誰でも治療が可能で、失った歯の機能を取り戻しやすい治療法の代表と言えます。

入れ歯のデメリット

では反対に、入れ歯のデメリットはどんなところなのでしょうか。

・ブリッジやインプラントと比べると噛む力が格段に弱くなる

・歯がない部分の顎の骨が吸収されるため入れ歯と歯茎の間にすき間ができ、食べ物が挟まりやすくなる

・取り外し式は面倒

・入れ歯のバネが見えて恥ずかしい

・手入れが不十分だと、入れ歯やお口の臭いが強くなる

このように、入れ歯は噛む力が弱いことが最大のデメリットです。しっかり噛めないと食事の時が苦痛になってしまいます。そしてもうひとつ気になるのが「見た目」です。保険の入れ歯は安く作れる分、必ずバネが必要になります。そのため特に前歯にバネが見えてしまうような設計になってしまうのです。バネが見えると一気に老けて見えることに恥ずかしさを覚える人も多いのです。しかし保険で入れ歯を作るためには、どうしてもバネが必要になってしまうのです。

 

入れ歯のメリットやデメリットなどについて詳しい内容はこちら

自費の入れ歯も視野に入れてみては

これまでお伝えしてきたのは安くで済ますことができる保険の入れ歯です。しかし保険の入れ歯は色々な制約があるため、思うように作れるとも限りません。いっぽう自費の入れ歯は保険のように制約がなく、患者さんの要望に沿った入れ歯を作製することができます。ノンクラスプデンチャーといって、金属のバネがないものや、床(しょう)の部分に金属を使った、薄く丈夫な有床金属義歯、床部分がないブリッジタイプの入れ歯など、保険にはない様々な種類の入れ歯を作製することが可能となります。合わない入れ歯を使い続けるよりも、ご自身にぴったりと合った入れ歯を使うことで、快適な毎日を送れるようになることでしょう。

 

審美入れ歯について詳しい内容はこちら

今お使いの入れ歯が合わない、バネが見えて恥ずかしいなどと感じる方は、自費の入れ歯を検討してみてはいかがでしょうか。


2020年2月19日 8:23 AM | カテゴリー: 入れ歯, 歯科材料

歯が抜けたままにしておくとどうなる?

誰でも大切な歯を失いたくはないものですが、不幸にも歯を失ってしまった場合、速やかに噛む機能を取り戻すための治療へと進む必要があります。ところが中には「歯が一本抜けたところで問題はない」とそのまま放置する方もいらっしゃいます。では抜けた部分を補わずにそのまま放置すると、どのような問題が起こるのでしょうか。

 

歯を失ってしまう原因とは

歯を失ってしまう原因は様々です。では歯を失う原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

・むし歯・・・虫歯菌によって歯が溶けてしまう病気です。いちど歯が溶け穴が開き始めると、自然治癒は見込めません。そのまま放置すると歯冠(見えている部分)はすっかり溶け、根っこだけになってしまいます。根っこだけになった歯は土台を立てることができないため、抜歯となります。

・歯周病・・・歯周病菌によって歯を支える歯周組織に炎症が起こる病気です。歯ぐきの腫れと出血が主症状ですが、むし歯のような痛みをあまり伴わないため、気が付けば顎の骨が吸収されて歯を支えられなくなり、抜け落ちるか抜歯となります。

・事故などのアクシデント・・・不幸にも交通事故などで口元を強く打ってしまった場合、歯や根っこが折れてしまうことがあります。根っこにヒビが入ると歯を保存するのが難しく、保存できないと判断された場合、歯を抜かなければならなくなります。

 

歯周病ちぇっくはこちら


2019年10月25日 7:24 AM | カテゴリー: インプラント, 入れ歯

スマイルデンチャーの種類

スマイルデンチャーの種類

現在のところスマイルデンチャーには、スマイルデンチャー・スタンダード、スマイルデンチャー・カメルア、スマイルデンチャー・Cプラス、スマイルデンチャー・Tiプラス、スマイルデンチャー・シリコン、スマイルデンチャー・シリコンCプラス、スマイルデンチャー・シリコンTiプラス、スマイルデンチャー磁プラスの8種類があります。この中でスマイルデンチャー・スタンダードとスマイルデンチャー・Tiプラスの作製が大部分を占めています。

【スマイルデンチャー・スタンダード】

スマイルデンチャー・スタンダードには、『金属レストなし』と『金属レストあり』の2種類があります。金属レストを付けることで入れ歯の沈下を防ぎ咬み心地を良くすることができます。金属を全く使いたくない場合(金属アレルギー対応等)には金属レストなしを選択することになります。

【スマイルデンチャー・Tiプラス】

スマイルデンチャー・Tiプラスは、スマイルデンチャー・スタンダードに金属床(チタンプレート)を付けて強度を挙げています。チタンプレートは歯の裏側部分だけにつけるので正面からの見た目はスマイルデンチャー・スタンダードと変わりません。日本製の純チタンプレートを使っており、スマイルデンチャーの中で最もハイグレードに位置づけられています。チタンは比重が小さく高強度であるためかなり薄く作ることができ、装着感も良くしっかりと咬むことができます。チタンプレート部分は高い熱伝導性があるので食べ物の温度(温かさや冷たさ)がよく伝わり味が良くわかります。また舌感も良いため他の入れ歯に比べると食事の楽しさが違ってきます。オススメNo.1です。 

 

 


2018年8月1日 9:20 AM | カテゴリー: 入れ歯

スマイルデンチャーの紹介


保険の入れ歯で次のようなお悩みはありませんか?

☆入れ歯を装着しているのがばれてしまうので物凄くコンプレックスになっている

☆入れ歯をしていると老けた感じで気が重い

☆食べ物が挟まるので食事が楽しくない

☆しゃべりにくい

☆異物感がある

☆いくら調整をしても痛みが消えない

 

このようなお悩みのある方には
スマイルデンチャーをオススメします!

 

保険の入れ歯をスマイルデンチャーに替えることで、

◎入れ歯をしていると気づかれることがなくなります!

◎大きく口を開けて笑うことができます!

◎食事で食べ物が挟まることが少なくなります!

◎違和感が少なくなります!

◎しゃべりやすくなります!

◎薄くて・軽くて・フィットがいいので装着感が良くなります!

◎痛みがなくなります!

金属バネのない審美義歯 スマイルデンチャーについて詳しく知りたい方は、お気軽にスタッフにお声掛けください。

 

 

 

 

 

 

 


2018年7月28日 9:50 AM | カテゴリー: 入れ歯

美白入れ歯 “ウェルデンツ”

軽くて薄くて丈夫で見た目のよい最新の入れ歯“WELDENZ(ウェルデンツ)”を取り扱っています。
ウェルデンツは吸水率が極めて小さいため雑菌が繁殖せずいつまでもキレイな状態を保つことができます。
入れ歯特有の嫌な臭いがしません。装着していることを忘れるくらいのフィット感です。

▼40代 女性の治療例

治療内容:保険の入れ歯の見た目を改善するためにウェルデンツ義歯を作製した
治療期間:約1ヶ月
治療費:¥120,000(税別)
メリット:審美的である 軽くて装着感が良い
デメリット:高価
副作用・リスク:ウィングが緩むことがある
ウェルデンツ比較


2014年12月20日 2:54 PM | カテゴリー: 入れ歯



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター