HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

痛みは?値段は?見た目は?部分矯正の初めてガイド

部分矯正って痛いの?

全体矯正に比べると治療期間が短く(約5~6ヶ月程度)、治療費も1/3~1/2程度で歯並びを整えられる部分矯正。

奥歯の噛み合わせに問題がなく「前歯だけの歯並びを整える」なら、最も人気のある治療法といえるでしょう。

矯正は、歯1本ずつにブラケットという装置をつけて、その装置にワイヤーを通して、歯を少しづつ移動させることで歯並びを整えます。

そのため、歯が移動するときに多少の痛みを感じることがありました。

当院では、痛みの少ないティップエッジブラケットという痛みの少ない装置を採用しています。

今までよりも小さい力で、効率よく歯を移動させる術式で治療を行いますので、ほとんど痛みはありません。

 

期間と値段はどれくらいかかるの?

 

部分矯正で、出っ歯や八重歯、すきっ歯、歯のねじれなどの治療を行った場合。

期間はほとんどが5~6ヶ月、少し難しい症例で8~9ヶ月、金額的には28万~45万程度が目安です。
※精密検査などの諸費用は別途かかります。費用は個人差があります。

結婚式や成人式までにキレイにしたい、といったご希望で来院された方も期日までに治療を終えることができて大変喜んで頂きました。

詳しくは症例をご覧ください

矯正は歯列の移動が完了した時点で装置を外します。
しかし、歯並びを整えた状態で歯の骨が安定するまで保定装置(リテーナー)を使用します。

当院では、取り外しできるリテーナーのほかに、細いワイヤーを使い見えない位置に接着する固定式のリテーナーや透明マウスピースタイプのリテーナーもご用意しています。

 

 

矯正中の見た目は?

 

部分矯正は平均的に短期間で治療を終えることができるので、矯正期間のストレスも比較的少ないです。

当院では、目立たないセラミックでできたブラケット(歯に取り付ける装置)と、目立たないホワイトワイヤーを使用して治療を行うことができます。

またリテーナーなど保定装置は、自分でつけたり外したりする必要があり、便利な反面、自己管理ができないと、後戻りしやすくなってしまいます。

装置を取り外した後は、後戻りを予防するために歯の裏側にワイヤーを固定して歯列安定をさせることもできます。

下顎の部分矯正の場合は、治療後の保定期間(移動した歯を落ち着かせる)は、歯の裏側のワイヤー固定処置だけで済むので、見た目の変化を短期間で実感できる点も大きなメリットといえるでしょう。

 

部分矯正っていくつから?

 

子どもの場合(乳歯が残っている場合)は、早い段階で矯正を始めて、骨の成長に合わせてあごの骨を広げて正しい位置に歯が並ぶように治療する床矯正がオススメです。部分矯正で対応することはほとんどありません。
 

永久歯がすべて生え揃った15歳以降であれば、必要に応じて全体の矯正、または前歯だけの部分矯正で歯並びを整えることができます。

大人の矯正は「気になったときが始めどき」です。

いくつまでできるかという点では、特に年齢制限はありません。

差し歯や虫歯があっても歯列矯正は可能です。

※実際に矯正が可能かどうかは、歯や歯ぐきの状況を調べた上での判断となります。

 

部分矯正について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
初めての部分矯正の流れや、症例、実際にかかった費用、よくある質問をまとめています。

にしお歯科の部分矯正について


2018年4月21日 5:55 AM | カテゴリー: お知らせ, 矯正歯科

心当たりはありますか?詰め物や被せ物は、なぜ取れる?

 

詰め物が取れてしまったら

 

「何度も同じ歯の詰め物が取れる」

そんな経験はありませんか?

ガムやキャラメルなど粘着性の高い食べ物を噛んでいたら、詰め物がとれてしまうことがあります。

 

しかし、詰め物がとれやすいものを食べないように気をつけていても、毎回同じ場所が取れてしまうことも。

 

正直、痛みがないと、ついついそのままで過ごしてしまうこともあるかもしれません。

 

被せ物が取れた状態で放っておくと、取れたところから虫歯ができたり、歯ぐきの腫れや出血などのトラブルがおきやすくなります。

 

痛みが出てから治療を行うと、虫歯になった部分を削らなくてはならないので、以前よりも自分の歯が減ってしまいます。

 

また神経を取った歯ならば、痛みを感じないまま虫歯が進行するので、気づいたときには歯が割れてしまったり、歯を抜かなければならない状態になってしまうことも少なくありません。

もし治療した歯の詰め物や被せ物が取れてしまったら、痛みがなくてもなるべく早く歯科を受診しましょう。

にしお歯科の痛くない削らない神経を取らない虫歯治療

 

 

被せ物・詰め物が取れやすい原因は?

 

詰め物や被せ物が取れてしまう原因の中には

 

・被せ物の接着物が劣化してしまう
・被せ物をした歯が虫歯になる
・被せ物が変形してしまう

 

といったものが挙げられます。

保険診療で使われる銀歯や被せ物に比べると、自費診療で使われるセラミック素材の方が審美性だけでなく耐久性にも優れていますが、それでも永久的というわけではありません。

 

そのため定期検診などで、治療を終えた歯の詰め物や被せ物に不具合がないかどうかチェックをしておくことも、歯のお悩みを抱えないための大切なメンテナンスといえるでしょう。

むし歯再発ゼロメンテナンス

 

また耐久年数にも個人差があります。

これは歯質や、かみ合わせ、噛む力によって変わってきます。

例えば歯並びが悪いと、歯の磨き残しが多くなって虫歯ができやすくなったり、一部の歯に噛む力が強くかかってしまいます。

ほかにも歯ぎしりや食いしばりなどで日常的に歯に過剰が力がかかっていると、下顎の骨がぼこぼこと出てきたり、歯が磨り減ってきたりします。

こういった症状が出ている方は、被せ物にも過剰な力がかかり、変形したり取れやすくなってしまうことがあります。

 

 

かみ合わせやマウスピースで取れやすさを改善

 

すべてではありませんが、部分矯正などで歯並びを整えることで、治療した歯の詰め物の寿命が伸ばすことが期待できます。

 

また歯ぎしりや食いしばりのクセがある人は、マウスピースなどで寝ている間の歯を守ることで、被せ物の取れやすさを軽減させる助けになることもあります。

 

歯並びは年齢や環境によって変化することがあります。

 

現在の歯並びや、噛む力、歯ぎしりなどの傾向もお口の中を拝見することでわかることはたくさんあります。

 

当院では「虫歯を治す」だけでなく、「もう一歩先」を見据えた治療プランをご提案します。

 

これからお子さんの健康を守りたい親御さんや、自分の将来の歯の健康を考えた治療を選びたい方は、是非一度当院にご相談ください。


2018年4月14日 6:43 AM | カテゴリー: お知らせ, むし歯, 矯正歯科

歯を削らずにミネラルで治す低侵襲の虫歯治療法をお選びいただけます

 

生活の質を左右する歯科治療

 

 

一昔前は、痛みのある歯はすべて削って治す、歯の神経をとる、最終的は歯を抜くという処置が一般的でした。

 

もちろん、現在でも必要に応じて歯を削り、神経をとって治療を行うことがあります。

 

しかし保険診療の虫歯治療では、虫歯の部位だけでなく予防的な拡大処置として虫歯以外の健全な歯質も削ることが少なくありません。

 

歯は削ってしまうと、どんなによい素材で詰めたり被せたりしても、厳密にいえば元の歯に戻ることはありません。

 

近年は、私たちの平均年齢も伸びて、いかに健康な状態を維持しながら生活をするかという「生活の質(クオリティオブライフ:QOL)」に関心が高まっています。

 

お口の中、とくに自分の歯を残すことの関連性も注目されています。

 

私たちは「天然歯をできるだけ削らない治療」こそが、これからの生活の質に大きく影響を与えていくと考えています。

 

 

できるだけ削らずに治療する方法

 

 

当院では、ドックベストセメント療法を導入しています。

これは、ミネラルを含んだ銅セメント素材です。

 

治療の際には、虫歯になった部分だけを取り除き、高濃度のPOICウォーターで除菌。

プラズマストリークレーザーで殺菌しながら歯質強化をおこなった上で、ドックベストセメントを充填し経過観察をします。

その後、詰め物、被せ物をして治療を終えます。

 

この治療法は、深い虫歯でも神経を残す治療ができる可能性が高く、ミネラル成分により再石灰化を助け象牙質の再生を促します。

 

ドックベストセメント治療は、10年以上経過しても歯の神経に異常が起こっていない症例が多数報告されており、低侵襲治療を行うことで健康な歯をできるだけ削らず、再治療リスクも軽減させることが期待できます。

 

ドックベストセメントの治療方法はこちらをご覧ください

 

 

 

歯を長持ちさせることは寿命にも影響を与えます

 

削らない治療法には、ほかにカリソルブ(自費)という治療法もあります。

これはC1.C2と呼ばれる小さな虫歯にのみ適応可能で、象牙細管内の虫歯菌を殺菌することはできないので、歯と歯の間や深い虫歯は適応外です。

そのため虫歯治療では、ドックベストセメントが優れているといえるでしょう。

ドックベストセメントは、乳歯にも対応可能ですが、数ヶ月で抜けてしまうような乳歯の場合は、使用しません。

 

何度も繰り返す歯の治療は、患者様にとって非常にストレスです。

 

毎回、歯の痛みや腫れと付き合いながら治療をしても、結局最後には抜歯になってしまうかもしれないという不安もつきまといます。

歯を失ってしまうと、食事が楽しめなくなったり、かみ合わせが変化して体のバランスにも影響を与えてしまうことがあります。

今ある歯をできるだけ維持したいとお考えの方、虫歯の再治療でこれ以上歯を削りたくない、神経をできれば残したい、歯を抜きたくないとお考えの方は、是非一度お問い合わせください。

 

ドックベストセメント療法は保険適用外のため、すべて自費診療となります。(2018.04.09時点)

 

ドックベストセメント療法の料金はこちらから

当院で行っている痛くない、削らない、歯にやさしいドックベストセメント療法についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 


2018年4月9日 7:34 AM | カテゴリー: お知らせ, ドックベストセメント

ご存知ですか?同じ歯の治療には限度があります

 

 

すでに治療を終えた歯が何度も取れてしまう


 

虫歯の治療をして詰め物や被せ物をした歯(治療歯)が、「何度も取れてしまう」、また痛くないので「取れたけどそのまま放置」している方はいらっしゃいますか?

 

「治療しないといけない」とはわかっていても、「痛くなるまでなかなか通院しようと思えない」方も多いかもしれません。

 

今日は、来院されるひとつのきっかけとして、歯の治療回数の限界についてお話したいと思います。

 

 

何回まで?歯の治療回数


 

 

一般的に虫歯は、虫歯になった場所を削って詰め物を入れます。

 

見た目は詰め物をするので、元通りに近い状態になり、食事をしても違和感はありません。

 

しかし、一度削った自分の歯が元に戻ることはありません。

 

治療した歯は、詰め物の間から虫歯が再発しやすくなります。

また虫歯になった食生活や生活習慣を改善せずに治療だけしても、虫歯リスクが高い口腔内のままであれば、いずれ他の歯も虫歯になるリスクが高いといえるでしょう。

単純に詰め物が取れてしまった場合でも、多少は歯を削らないと、新しい詰め物をいれることができません。

また、取れたまま放っておけば、また新しい虫歯ができます。
さらに自分の歯を削って治療をしなけれなりません。

一定の深さまで虫歯が進むと、神経を取らなければならなくなります。
神経を取った歯は、さらに弱くなってしまいます。

 

歯の根っこまできちんと治療をしても自分の歯がもろくなっていたら、いずれ歯が割れてしまい、歯を抜かなければならないことも少なくありません。

「この歯の治療は、何回までしかできない」ということはありません。

 

でも、虫歯の大きさによってどんどん元の自分の歯が減っていけば、どんどん治療の難しい歯になってしまいます。

 

歯の寿命を延ばすためには


 

 

私たちができることは、できるだけ削らないで治療ができる方法を増やすこと。

そして再治療リスクを減らすための根本的治療を行うことです。

 

そのためには、歯や口腔内にとって負担の少ないお手入れのしやすい素材や治療法を「自分で選ぶ」ことも大切です。

 

当院では、保険、自費診療どちらもお選びいただけます。

自分の歯をどのように守って行きたいか、ご希望をお聞かせください。

 

当院ではレーザー治療と、オーラルループというお薬を利用することで、小さい初期の虫歯を削らないで、元に戻す(再石灰化)力を助けて歯の再生治療できます。

レーザーとお薬を使った歯の再生治療について

 

 

今までの歯の治療回数や、現在の歯の状況を拝見して、できるだけ耐久性のある素材、歯周病リスクの少ないものをご提案したいと考えたとき、保険診療で使用できる素材(金属やプラスチック)は、オススメできない場合もあります。

 

自費診療では見た目も美しさだけでなく、保険素材に比べて耐久性に優れ、歯垢・歯石のつきにくいセラミック素材を選ぶことができます。

 

最終的な治療の負担やストレス、生活の満足度などを考えて最終的に患者さんにお選びいただけます。

美しさと耐久性、アレルギーの心配もない生体親和性の高い素材を使った審美治療

 

また神経を取った歯には土台を入れるのですが、一般的な保険治療で入れる金属の土台は、金属の方が歯よりも硬く強いので、自分の歯が割れてしまう可能性がありました。

最近では、ファイバーコアといって、歯の強度と同じようなしなやかさを持つ白い素材を土台として入れることができます。

このファイバーコアは、適度にしなるので歯の根っこが亀裂するリスクを軽減できます。

色が白いのでセラミックとの相性もよく、金属を使用しないのでアレルギーリスクもありません。

ファイバーコアについて

 

 

二人三脚で歯の健康を守っていきましょう


 

私たちは、歯を守ることに関してプロフェッショナルです。

みなさまが「予防」の必要性を感じ「通院」していただくことで、一緒に歯の健康を守ることができます。

再治療リスクをできるだけ減らすためには、治療の後の予防が本当に大切です。

今までの治療してきた歯の状態や、個人の健康状態、歯に関する意識によって、これからの治療方法や、予防の仕方は変わってきます。

是非一度、当院にご相談ください。

いつまでもできるだけ自分の歯で食事を楽しめる生活を目指しましょう。


2018年3月26日 9:10 AM | カテゴリー: お知らせ, むし歯, 保険と自費

あなたの歯ぐき年齢はいくつですか?セルフチェックしてみましょう

 

 

口元の年齢、気になりませんか?


 

 

「見た目年齢」が実年齢より「若く見える」のは、たいていの場合、嬉しいですよね。

「少しでも若々しく健康でありたい」と努力する気持ちも、自分が歳を重ねるごとに共感できるようになってきます。

「見た目年齢」といえば、目元やほうれい線などシワやたるみ、毛穴などお顔周りに集中するかもしれません。

意外と忘れがちですが、口元も見た目年齢に大きく影響を与えます。

特に年齢を重ねていくと、きちんとお手入れていても歯の色の黄ばみや、いつの間にか歯のすき間が広がった…というお悩みが出てくることも。

歯の色は、ホワイトニングや被せ物を白い歯に変えたりすることで改善できます。

すき間のお悩みは、自然な形ですき間を埋めるダイレクトボンディングを利用すると、1回の治療で解消されることも。

しかし、笑ったときに見えるその「歯」を支えている「歯ぐき」の年齢、気になりませんか?

  

▲歯全体のホワイトニングに
マウストレーを使わないから家族全員で使える!
最新のLEDを使ったホワイトニングを採用しています

被せ物や詰め物を白い歯にしたい方は

ダイレクトボンディングについてはこちら

 

 

 

歯ぐき年齢をチェックしよう!


当院では、ホームページ上で歯周病をチェックして、歯ぐき年齢を確認できます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

歯ぐきは多少腫れたり出血しても、一時的なことが多く、それだけの理由で「歯科に行こう」と思わない方も多いかもしれません。

しかし、せっかく歯並びを整えて美しい歯を手に入れても、土台がグラグラしてしまえば、最終的に歯を失う大きな原因となります。

 

まずはセルフチェックで、歯ぐき年齢を調べてみてください。
もし気になる症状や、治療の必要性があれば、できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。

 

 

 

『私は虫歯がないから「歯は強くて丈夫」なの』は間違い?


 

虫歯がほとんどない、歯が痛くなったこともあまりない。という方は、歯科医院にお越しになる機会が少ないかもしれません。

しかし、残念ながら虫歯がないから「歯周病にならない」とは限りません。

虫歯の原因菌はミュースタンス菌などが有名です。
歯の「表面」に貼りつき「歯を溶かし」ます。

一方歯周病菌は、プロフィロモナスジンジバリス菌など嫌気性菌と呼ばれ、歯と歯茎の間に存在します。

歯周病菌が多いことで口腔内環境が悪化して「虫歯になる」可能性はありますが、歯周病菌は、歯ぐきや歯根膜、歯槽骨といった歯の周囲の組織をゆっくりと溶かしていきます。

虫歯は削って患部を取り除き、詰め物や被せ物をすることで、できるだけ元の形に近い状態、または機能を取り戻します。

しかし歯周病は、一度進行すると削って治すという方法では治せません。

軽度~中度であれば、毎日の丁寧な歯ブラシや、自宅でできる除菌ケア、病院で行う歯石除去、歯ぐきケアで「菌」を減らす治療がメインになります。

歯がグラグラする段階になると、状況によっては歯を抜くことになる可能性が高くなりますが、間に合うならば腫れた歯茎をメスで切り膿を出す、溶けてしまった骨を再生する(再生するまで時間がかかります)といった治療法があります。

いずれも虫歯治療に比べると、時間がかかります。
歯周病が進行していれば、肉体面、費用面でも負担が大きくなります。

痛みを我慢しながら治療するストレス、歯を失ったあとの不便な生活は、、実際に体験してから痛感される方がほとんどです。

予防することで、歯や歯ぐきのトラブルも早期治療ができます。

最終的には見た目年齢をはじめ、トラブル痛みストレス、治療の費用面でも、負担が少ないといえるでしょう。

当院では、重症の歯周病(メスで歯肉を切らなければならない)でも、歯と歯ぐきの間にレーザーを照射することで、歯周病菌を排除し、弱った歯茎の血行を良くして健康で引き締まった歯茎へと再生させることも可能です。

レーザーを使った歯周病(歯槽膿漏)の治療について

どうか痛みやぐらつきがないうちに、歯周病チェックや、予防治療をはじめるチャンスを逃さずに!

 

予防歯科のご予約はこちらから

お悩みのご相談(メール)

 

もし歯を失ってしまっても…
できるだけ快適な生活を送れる見た目がよくて痛くない入れ歯もご用意しています
入れ歯(デンチャー)

 


2018年3月20日 10:05 AM | カテゴリー: お知らせ, アンチエイジング歯科, ホワイトニング, 保険と自費, 歯周病

豊中市、千里中央、御堂筋線でかかりつけ歯科医院をお探しの皆様へ

 

 

 

「痛くなってから探す歯科」から「予防のために通う歯科」へ


 

みなさんは、歯医者を探す基準、チェックしているポイントはありますか?

歯が痛み出してから探すと「家から近い」「痛くない」「診察時間」が重要になるかもしれません。

一般的には「痛くない」「優しい」「口コミで人気」「駅から近い」「清潔感がある」「最新設備」といった条件も探す基準になると思います。

もちろんこれらの条件は、通院する上で大切なことです。

当院は、千里中央の駅から徒歩5分。
目の前には新千里西町3丁目バス停があり、駐車場も3台完備。
土曜日の午前中も診察を行っています。

痛みが少なく回復の早いストリークレーザーを使った治療や、院内の感染予防・滅菌消毒のために連続除菌治療システムを早くから導入し、治療法の選択肢を広げ、来院されるすべての方と、共に働くスタッフに安心して過ごして頂ける環境作りを行っています。

 

初めての方は診療案内と治療の流れをご覧ください

痛くない・回復が早いレーザー治療について

 

しかし、これだけでは、みなさんのお口の健康を守るには足りないと思います。

 

みなさんの悩み(主訴)を解決(治療)するのはもちろんのこと、

その原因となる「お口の中のトラブル」を見つけ、

根本的な解決を提案し「一緒にお口の健康を守る=予防」

積極的であることが、将来の歯と全身の健康にかかせません。

 

 

歯の悩みを一緒に解決し、未来の歯の健康を守りましょう


 

 

当院は、虫歯や歯周病の予防、早期治療に力を入れています。

お悩みを解決した後「また痛くなったら行く場所」ではなく、「歯が痛くて眠れない」といった辛い症状が起きないよう、治療後も定期的な検診に来て下さるようご案内しています。

例えば「詰め物や被せ物がよく取れる」、「歯ぐきやよく腫れる」といった不具合は、歯並びや歯の根っこが炎症を起こしていることも原因のひとつかも。

「歯が痛いと思っていたら、虫歯ではなく歯周病だった」というケースも少なくありません。

場合によっては、1本の虫歯を治すだけでなく歯並びを部分的に矯正したり、歯の根っこの治療を行うことで、繰り返す歯の悩みを解消することができることもあります。

 

治療計画・治療方針をきちんとご説明します


 

そのために、治療計画や進捗(進み具合)など、当日来院されるすべての患者さんの状況を、スタッフ・医師が共有して診察にあたります。

治療の際に、お口の中の状況や治療に関するご説明をきちんと行います。

多少お時間がかかることもありますが、どうぞお付き合いください。

 

 

時間予約制


 

当院は予約制です。

初めてご来院される方も、きちんとお話をお伺いしたいので、可能な限り事前にお電話などでご予約をお願いいたします。

※予約なしでも治療可能ですが、ご予約の方の治療が優先となりますので、長時間お待ちいただく可能性があります。

詳しくは当院のご紹介ページにある「皆様へのメッセージ」をご覧ください。


2018年3月16日 4:30 PM | カテゴリー: お知らせ

Dr宮島邦彰 GPのための矯正マスターコース(大阪)は締切ました。

※定員に達しましたので、参加ドクターの募集を締め切らせて頂きました。

一般臨床の先生方を対象とした混合歯列期~永久歯列期の矯正歯科治療セミナーを12月13日(水)より毎月1回JR大阪駅近辺にて開催いたします。講師はハーバード大学およびセントルイス大学大学院客員教授でありティップエッジ矯正研究会会長でもある宮島邦彰先生です。午前がスライド講義で午後が症例相談および模型実習です。混合歯列期における矯正歯科治療(小児非抜歯咬合誘導)から成人の全顎矯正歯科治療治療(抜歯・非抜歯、インプラントアンカー等)、補綴前矯正や歯周治療の一環としての部分矯正まで実践的な矯正治療を学びたいという先生に最適なセミナーとなっています。

開催予定日:12月13日(水)、1月17日(水)、2月7日(水)、3月14日(水)、4月18日(水)5月23日(水)
途中月からの参加も可能です。
 ご興味のある方・質問のある方は、にしお歯科(info@nishio-dc.jp)までメールを送ってください。

 


2017年11月27日 10:54 AM | カテゴリー: お知らせ

新年度スタート

4月に入り春本番! 気温も18℃以上になる日もあり仕事中はエアコンがいらなくなってきました。桜も今週・来週が見頃ですね。 まだ朝晩は冷え込むことがありますのでお身体を冷やさないように気をつけて下さいね さて、今年の1月からにしお歯科の院内新聞が新しくなったのをご存知ですか? 装いも新しくなり今まで2ヶ月に1回の更新だったのを毎月更新になりました!! 口腔内の情報は勿論、歯に関する知識や前の院内新聞でもご好評をいただいていた“歯に良いお料理レシピ”、クロスワードクイズに替わってお子様でも楽しめるよう“間違い探し”などさらにパワーアップした盛りだくさんな内容となっています。毎月配布していますので、是非一度ご覧ください。配布部数には限りがございます。


2017年4月6日 2:23 PM | カテゴリー: お知らせ

にしお歯科 公式FaceBook開設のご挨拶

かねてより、準備をすすめておりました、にしお歯科公式フェイスブックページが完成し公開致しました。

今後は、公式フェイスブックページから、色々な情報を発信したいと思います。

発信する情報は、歯科医療に関することだけではなく、様々なジャンルについて発信できればと考えています。

どうぞ、よろしくお願いします。


2017年1月26日 2:23 PM | カテゴリー: お知らせ

7月19日は休診です

7月16日(土)午後~19日(火)まで3.5連休です。ちょっと旅行に行ってきます。
child001


2016年7月16日 2:52 PM | カテゴリー: お知らせ, スタッフブログ



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター