HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

細菌数ゼロ※歯科治療水安全施設認定を取得した医院です


ご存知ですか?当院の感染対策

来院されている皆さんはご存知かもしれませんが、改めて当院の感染予防対策についてご説明したいと思います。

当院では、当然のことながら医療器具や備品の使いまわしなどは一切行っておりません。医療器具は専門の機材で洗浄・除菌を行い、ゴム手袋や患者様用コップ・エプロンなどは使い捨てのものを使用しています。

 

また、早い段階から一番私たちの身近にある「水」からの感染予防、滅菌消毒を目的とした連続除菌治療システムを導入しています。

当院4つの安心

 

治療に使われる水は全て除菌水

歯科で使われる水といえば、治療の途中で「うがいする水」が一番に思いつくかもしれません。ほかにも、歯を削る機械など治療中のお口の中でも大量の水が使われています。

 

治療時は多少の出血がありますから、治療中に使用する水が汚れていれば、血液を介して体内への感染も心配されます。元気な時は気にならなくても、お子さんやお年を召した方、疲れていたり、体調を崩して免疫が低下した状態では、些細なことがきっかけで感染してしまうことも考えられます。

 

当院では、中性電解除菌水(POICエコウォーター)を生成する機材を導入し、歯科用ユニット(診察用のチェア)にこの水を流しています。「うがいに使う紙コップの水」、「歯を削るタービン」や「歯石除去に使用するスケーラー」など治療で使われる水すべてが除菌水です。

連続除菌システムについて

 

患者さん同士、働くスタッフも安心の環境

 

この除菌水は、細菌・ウィルスに対して除菌効果が認められています。もし仮に、患者さんが何かウイルスに感染していたとしても、治療中に飛び散る水は除菌され、無害化されるので、ほかの患者さんや働くスタッフへの感染の心配もありません。

 

強力な除菌効果があると聞くと、副作用や身体への影響が気になるかもしれません。これだけ高い除菌力がありますが、高純度食塩水を電気分解して生成されるので、身体にも自然環境にも無害です。

 

ご自宅のホームケア用にも

 

むし歯や歯周病予防のホームケア用品として、洗浄・除菌機能を持つ高濃度POICウォーターもご用意しています。口の中の汚れを分解洗浄した後に除菌力が高まる医療用(歯科用)機能水です。

 

 

高濃度POICウォーターはこんな方に

 

お口の中がネバネバする・不快感
口臭が気になる
むし歯予防をしたい
歯ぐきの腫れ、出血、歯周病予防に
口内炎予防に
風邪やインフルエンザを予防したい

 

日常的な口腔内の予防や、ウイルス感染対策にもおすすめです。毎日の食後、就寝前に約10cc、20秒ほどブクブクうがいをしてください。うがいをしながら歯ブラシや歯間ブラシでブラッシングするのも効果的です。詳しくはスタッフまでお気軽にお声がけください。

※「細菌数ゼロ」は、連続除菌システムで生成される殺菌水をさしています。


2018年7月24日 9:04 AM | カテゴリー: お知らせ, 歯周病と全身疾患の関係, 滅菌と消毒

献立の参考に。お口の中に役立つ栄養素とサプリメント

 

 

歯に役立つ栄養素とは?

 

たとえば歯周病予防には、免疫力を向上させコラーゲン生成を助けるビタミンC、コラーゲンの原料となるアミノ酸、貧血予防にヘム鉄、高血糖対策にはビタミンB群、クロムなどが挙げられます。

 

また抜歯後の組織の修復には亜鉛、骨密度向上には、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDなども大切。もう少し専門的な話になると、水銀など体内の有害重金属の排出を促進するα-リポ酸、MSM、メチオニン、システインなどデトックス効果のある栄養素を積極的に摂取するのもおすすめです。

 

食事だけでは栄養不足!?

 


文部科学省が発行している日本食品標準成分表のデータを基に
ら・べるびぃ予防医学研究所が作成した『食品成分比較表』

 

できれば食事で栄養素を補給するのが理想的ですが、野菜そのものに含まれる栄養素が減ってきていることがわかっています。さらに食生活の変化、添加物の多い加工食品の普及により、慢性的なビタミンやミネラルの摂取量不足になりやすい環境です。そこで最近では食事とともに良質なサプリメントで「補う」ことが注目されています。

 

 

 

口腔内から見える全身の健康

 

家族同士でも、口の中をお互い見せ合ったりすることは少ないと思います。大人になればなるほど、口臭や前歯の欠損などがなければ、口の中の状況は気に留めることはありません。

 

口の中をじっくりと、専門的に見るのは歯科医師だけです。歯科は、病気でなくても定期的に通院する可能性が高い「診療科」です。むし歯や歯周病治療にサプリメント指導を組み合わせたことで、症状が飛躍的に改善した例も報告されています。※1

 

歯科は、一般的な治療にとどまらず、歯ぐきや歯の状態、お口の中から身体の変化を観察し、早期発見、治療、そして病を未然に防ぐための提案ができる専門分野のひとつです。

 

お口のにおいや、歯周病の予防をはじめ、お悩みにあわせた治療や、予防におすすめのサプリメントなどお気軽にご相談ください。自分や家族の歯の健康を守るための「予防」ににしお歯科をご利用ください。

 

当院では、みなさんの症状やお悩み、お口の状態にあわせて、サプリメント処方も可能です。自由診療になりますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

※1情報提供:株式会社ヘルシーパス


2018年7月16日 7:43 AM | カテゴリー: お知らせ, 食育

自分の歯を短期間で白くしたい方にLEDオフィスホワイトニング

 

歯並びよりも色が大切?

 

 

芸能人のような真っ白でなくても、白い歯の方が清潔感があるように見えます。

 

みんなで写真を撮ったときに、私の歯だけ歯が黄色いかも…。なんて気になりだしたら、是非当院にご相談ください。

 

 

なぜ歯を黄色くなるの?

 

 

歯は、色の濃い食べ物や飲み物、また喫煙習慣で表面に着色汚れがついたり、長年の喫煙や薬の服用などで、歯の深い層まで変色することがあります。

 

歯は、表面部分のエナメル質と、その下に歯の神経を守る象牙質に二層で構成されています。

エナメル質はもともと白っぽい色をしていますが、象牙質はもともとクリーム色(黄色)。

 

どんなにお手入れをしていても、加齢によってエナメル質が薄くなるので、下の象牙質の色が透けてみてくることで歯が黄色く見えてしまうこともあります。

 

 

ホワイトニング歯みがきで、歯は白くなる?

 

一般的な歯磨き粉の「ホワイトニング」は、歯の表面についた着色汚れについては一定の効果があります。

 

しかし研磨剤が入っているものは、表面の汚れを”やさしく”とはいえ削り取っているので、磨きすぎたり、力を入れ過ぎることで歯の表面が薄くなってしまうリスクがあります。

 

年齢や知覚過敏が気になる方は、歯みがき粉を選ぶときに研磨剤の入っていない「浮かせて落とすタイプ」のものを選ぶとエナメル質へのダメージを防げます。

 

毎日きちんと磨いている方や、ゴシゴシ磨かないとスッキリしない方は、歯みがき粉のタイプもパッケージをよく見て自分のスタイルにあったものを選ぶようにしましょう。

 

 

歯科のホワイトニングは何が違うの?

 

歯科で行うホワイトニングは、歯の表面ではなく「歯の質」を薬剤によって変化させて白い歯にします。

ですから、歯みがき粉よりも早く確実に歯の色を変化させることができます。

特に当院で行うホワイトニングは、LED照射によるホワイトニングシステムを導入しているので、マウストレーを作る必要がなく、ご希望された日からすぐにホワイトニングが行えます。

 

患者さんのご希望にあわせて医院でのホワイトニング、ご自宅でのホームホワイトニングにもLEDホワイトニングシステムをご利用いただけます。

 

医院だけで行うオフィスホワイトニングの場合、白くなるまでの目安は2日~1週間。

 

ご自宅で行うホームホワイトニングは、約1ヶ月程度。

 

医院とご自宅を併用するパーフェクトホワイトニングコースなら、1週間で白さを実感でき、後戻りもしにくいです。

 

当院で行うホワイトニングの種類や特長はこちらから

 

 

 

経済的なメリットも

マウスピース不要なので、「すぐに始められる」のと、「家族全員で使用」できるのでご夫婦や親子でホワイトニングをされたい方には経済的なメリットもあります。

 

ホワイトニングは一生ものではなく、徐々に歯の色が元に戻りますから定期的に行って歯の白さをキープする必要があります。LEDホワイトニングなら、残ったジェルを使うことができるので、その点でも経済的といえます。

 

当院ではLEDタイプは2009年から導入し、多数の実績があります。

興味のある方、また気になる点があればお気軽にお声がけください。

 

 

 

補綴物はセラミック治療で白い歯に

 

ホワイトニング剤では、人工歯(インプラント)や、被せ物、差し歯などの変色は白くなりません。

 

被せ物、差し歯のやり直しが必要です。当院では国産のセラミックを使った「白い歯」を多数ご用意しています。

 

ホワイトニングとあわせて被せ物や差し歯のやり直しもお気軽にご相談ください。

 

当院で行うセラミック治療について

 


2018年6月18日 9:25 AM | カテゴリー: お知らせ, ホワイトニング

歯周病は万病の元!?歯科治療と定期検診で全身の健康を守りましょう

 

あなどるなかれ!世界で一番疾病率の高い感染症

 

最近よく耳にする「歯周病」。

病気といっても虫歯のように痛くなったりするイメージもないし、歯が腫れたり、出血する程度?なんて思っている方がいたら、要注意です。

歯周病は2001年の時点で、ギネスに「人類史上最も感染者数の多い感染症」として認定されるほど。”全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない”とまでいわれています。

 

 

痛みを感じたときにはもう重度!?

 

歯を磨くと出血したり、歯が浮いたような感じがするのは、初期~中程度進行している可能性があります。

 

中~重度になると、歯ぐきがときどき腫れて痛む、歯茎から血が膿がでる、口臭が気になる、冷たいものを食べると歯がしみる(知覚過敏)症状が表れます。

 

歯周病とはその名の通り「歯の周囲の疾患」。最終的には、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)が溶けて、歯を支えられなくなり、歯が抜けてしまいます。

 

 

 

どうやって治療するの?

 

歯周病の初期症状は、ほとんど痛みもなく気づきにくいのが特徴です。

 

最初のうちは歯ぐきが腫れたり、出血しても自然とおさまるので、「治った」と思われがちです。

 

正直なところ「歯ぐきから血が出たから歯医者に行こう」とは、なかなか思わないですよね。

 

しかし、歯周病は治療以外で「治る」ことはありません。

 

歯周病は「歯周病菌」と呼ばれる細菌が原因です。

 

治療方法は、お口の中にいる歯周病菌が発症しない程度まで徹底的に除菌を行うこと、そして再び増殖しないようにお口の中を継続的に管理していくことが必要です。

 

まずは医師による検診、歯周ポケットの検査、口腔内の状態を診察します。

その上で、デジタルレントゲン写真で骨の様子も観察、細菌数の検査もします。

 

歯周病の程度にもよりますが、歯周病を治し歯周組織が再生するまでに数ヶ月~1年ほどかかります。

 

あなたの歯は大丈夫?

歯周病チェックリスト&歯ぐき年齢

 

 

歯周病は予防できる?

 

 

歯周病を予防する最善策は、定期的な歯科検診を受けることです。

歯科検診では、歯の健康状態を確認できるので、初期段階で虫歯や歯周病の治療が始められます。

 

またプロケアでお口の中をクリーニングすることで、自分では落としきれない磨き残しや歯垢を取り除き、歯周病リスクを減らすことができます。

 

みなさんの意識が徐々に変わってきているとはいえ、「予防のために歯科に通う」という習慣がまだまだ一般的ではありません。

 

歯周病と病気の関係についてはこちらをご覧ください

歯周病治療

 

 

40歳までには予防歯科に通おう!

 

歯周病は、もともと口の中に存在する常在菌。
ですから徹底的に除菌をしても、ゼロの状態を保つことは難しいです。

 

しかし腸内の悪玉菌と善玉菌のようにバランスが取れているうちは、そんなに心配する必要はありません。

 

歯周病の自覚症状が表れるのは40~50代が多く、重症になってから歯科に来院されて診断されるケースも少なくありません。

 

この理由のひとつとして、体力の低下や疲労の蓄積、喫煙などの生活習慣などで、身体の免疫力が低下し、細菌への抵抗力も弱くなることで、歯周病(感染症)が進行してしまうことが考えられます。

 

ですから「虫歯がないから歯医者はほとんど行ったことがない」という人も歯周病リスクはゼロではないのです。

 

歯を磨くと出血する、最近歯が腫れていると感じたら、まず歯科受診をしてお口の健康状態を調べてみましょう。

 

現在は、天然歯に近い人工歯や入れ歯などが開発されていますが、天然歯に勝るものはありません。

 

歯の大切さや、口腔内の健康は、失ってからその大切さに気づくことも多いです。

 

予防を行うことで病気の早期発見ができ、定期的なメンテナンスで「当たり前」の「快適な毎日」を長く続けることができます。

 

是非、早めの「予防」を心がけましょう。

 

当院では歯周病治療(歯槽膿漏)にレーザー治療を導入しています。

レーザー治療

 


2018年6月15日 9:56 AM | カテゴリー: お知らせ, 歯周病, 歯周病と全身疾患の関係

イベント当日まで残り3ヶ月でできる歯科治療法


 

ライフイベントにあわせて歯のケアも考えましょう

最近はソーシャルネットワークが普及しちょっとした思い出も撮影して、みんなで共有しあう時代。

だからこそスキンケアやヘアスタイルだけでなく、ライフステージが変化するタイミングで歯並びや歯の色(ホワイトニング)を意識される方が増えています。

ライフイベントといえば受験、就職、結婚、出産、子育てなどが代表的。特に結婚式は、花嫁の笑顔が主役です。

せっかくの特別な日に黄ばんだ歯や、歯並びが気になって「思うように笑えない」なんてことにならないために、事前に歯のお手入れも計画に入れてみませんか?

当院なら皆様のお口の中の状態に合わせて、短期間で治療を終えられる方法をお選びいただけます。

 

 

部分矯正

期間:約3ヶ月~8ヶ月(ほとんどの場合、5~6ヶ月)

主に上下の前歯を中心とした歯並びに効果的な部分矯正。
早い方だと約3ヶ月、一般的には5ヶ月~7ヶ月以内に部分矯正を終えることができます。

「結婚式までに」といったご希望の場合、前歯や一番気になる部分だけ優先的に改善し、結婚式直前に一度装置(ブラケット)を外すこともできます。その後、透明の薄いマウスピースを装着し、結婚式や新婚旅行を終えた後に、もう一度ブラケットを装着することも可能です。

「超短期間で」「目立たず」「できるだけ抜かない(非抜歯)」などのご希望を優先して治療計画をご用意します。

部分矯正について詳しくはこちらへ

 

 

ダイレクトボンディング

期間:1日

小さい歯のすき間など適応症状が限られていますが、歯型を採らずに直接患部に歯材を充填して歯並びや、見栄えを整えるので、1日で治療を終えることが可能です。
矯正に比べ期間も圧倒的に短く、費用も抑えられます。虫歯やそのほかの治療が必要な場合は、治療期間が別途必要です。

にしお歯科のダイレクトボンディング詳細はこちらから

 

 

 

 

ホワイトニング

期間:2日~1ヶ月

歯は、丁寧にお手入れてしても年齢と共に黄ばんでしまいます。歯の黄ばみは表情を暗く見せてしまったり、不衛生にみえてしまうことも少なくありません。
当院では、マウストレーを使わずにホワイトニングジェルを塗ってLEDを照射するホワイトニングをご利用いただけます。
歯科医院のみで施術することもできますし、ご自宅と歯科医院で短期集中ホワイトニングも可能。ご自宅で行う場合、LED照射器があれば家族全員でホワイトニングができます。

治療期間、料金についてはこちらから

 

 

セラミック治療

期間:10日~1ヶ月(通院回数2~5回)

治療済みの被せ物や詰め物は、ホワイトニングでは白くなりません。
耐久性や色の再現性はもちろんのこと、未来の健康を考えた素材として注目されているセラミック素材。当院では、被せ物の土台にもファイバーコアを使ったメタルフリー治療をお選びいただけます。
被せ物を取り替えるだけなら、型取りと装着で通院2回が目安。型取りした被せ物が出来上がるまで約10日間ほどかかります。(歯の神経治療が必要な場合は2ヶ月程度かかります。)

詳しくは当院のセラミック治療をご覧ください

 

 

治療をご検討されるみなさまへ

本記事でご紹介している治療法、治療期間には個人差があります。
診察の結果、適応外と診断された場合には、別の治療法をご提案する場合があります。
その場合、治療期間は記載されている期間とは異なるケースがあります。
希望される治療の前に、虫歯や歯周病など他の治療を優先すべきだと判断された場合は、治療期間や来院回数が変更になります。

 

 

 

 

 


2018年6月4日 11:23 AM | カテゴリー: お知らせ

結婚式や留学、就職活動にあわせてライフスタイルに合わせて選ぶ矯正方法

自分の歯並び気に入っていますか?

 

大人になってからの矯正は、「気になったときが始めどき」です。

痛みや腫れなどの緊急性があると、すぐに「歯医者に行きたい(行かないといけない)」と感じます。

しかし、歯並びというのは「ずっと気になっているけど、痛いわけでもないし、お金もかかりそうだし、矯正中って何かと不便そう…」となかなか行くタイミングを決めかねてしまうケースも少なくありません。

現在は昔に比べると、短い矯正期間で治療することもできますし、痛みの少ない矯正器具も開発されています。

何より短期間の矯正で費用もぐんと抑えることができます。

歯並びを整えておくことで、将来の歯周病やむし歯、再治療リスクなどさまざまなお口の健康を守る手助けにもなります。

 

 

私の希望を叶えてくれる部分矯正

 

 

例えば、

「6ヵ月後の結婚式までに」
「短期留学をしたいのでそれまでに」
「就職活動前に(期間中に)歯並びを治したい」
「昔全体矯正したけど少し後戻りしてきて気になる」

できるだけ早く歯並びを治したい方には、主に前歯の歯並びを整える部分矯正が非常に人気です。

最短で約3ヶ月で治療を終えた症例もあります。
※期間費用には、個人差があります。

 

具体的なお悩み別の具体的な治療期間や治療法をご説明しています。
こちらもご覧ください。

部分矯正はこんな方にオススメです

 

 

 

矯正以外で歯並び(見た目)を治療することもできます

 

多少のすき間(すきっ歯)の場合は、ダイレクトボンディングという治療法で1日で治すこともできます。

オールセラミックスに近い審美性を持つナノテク樹脂を使った審美治療法で、歯をほとんど削らずに治療できます。

お口の中にペースト状のハイブリットセラミックスを塗り重ね、天然の歯と同じ色合いやグラデーションを再現するので、仕上がりも美しいのが特長。

保険適用のレジン素材よりも光沢や透明感が優れていて変色も少ない上に、オールセラミックス(自費)に比べると費用もかからないのが魅力です。

詳しくは、こちらをご覧ください
One Dayダイレクトボンディング(グラディアダイレクト)

 

 

 

矯正相談は予約制です

 

現在、部分矯正について多数のご希望、ご予約をいただいています。

そのため土曜日の予約枠が非常に込み合っており、予約が取りにくい状況になっています。
ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。

短期間で治療ができる部分矯正に関するよくあるお悩みや、実際の症例はホームページ上で公開しています。

まずは、ホームページを一度ご覧いただき、ご予約いただけますと幸いです。

矯正相談のご予約に関して

 

 

初めて矯正治療(部分矯正)を行ってみたいとお考えの方は、部分矯正の流れを一度ご覧ください。

 

初めての部分矯正

 

また、自分の歯並びや悩みと似たような症例があるかもしれません。
具体的な治療期間や費用については、こちらに症例を掲載しています。
※症例(期間・費用)は個人差がありますので、あくまでも目安として参考にしていただければと思います。

 

治療例と費用について

 

 

部分矯正と全体矯正の違いや、矯正ができるかできないか、よくあるご質問をまとめました。
こちらもあわせてご覧ください。

よくある質問

2018年5月16日 8:29 AM | カテゴリー: お知らせ, 矯正歯科

歯並び、歯の色、歯ぐきのお悩み…豊富な治療方法をご用意しています

 

 

「歯並びをきれいにしたい」
「歯の色をそろえたい」「真っ白にしたい」
「黒ずんだ歯ぐきをピンク色にしたい」

 

にこっと笑ったときに見える歯並び、歯の色、そして歯ぐきの変色…。

 

虫歯や痛みのトラブルがなくても、歯に関するお悩みはひとそれぞれです。

 

笑顔に自信がもてると、気持ちも前向きになったり、人前で話したりするときにコンプレックスを気にせずにすみます。

 

「昔は気にならなかったのに、最近気になりだした。年齢のせいかな・・・」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

歯並びや歯の色、歯ぐきの状態が気になるということは、それだけお口の健康に関して意識が高くなった証拠かも。

 

当院では歯の健康と共に「見た目の美しさ」を求める方にも、満足していただける医療環境を整えていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

歯並びを整えたい

 

 

大人になってからの矯正の場合、「見えるところだけ治したい」というご希望が非常に多いです。

歯並びやかみ合わせの状態をみて、部分矯正で対応できる症状であれば、全体矯正に比べて短期間で費用も抑えた治療法をご提案いたします。

 

大人の部分矯正について詳しくご説明しています
大阪部分矯正・プチ矯正ナビ

 

歯の色をそろえたい・真っ白にしたい

 

当院では、マウスピースを使わないLEDタイプのホワイトニングシステムを採用しています。

 

最短2日~1ヶ月程度でホワイトニングができます。

 

ご自宅で行うタイプ、医院で行うタイプ、自宅と医院同時に行うことで短期間で後戻りしにくいホワイトニングを行うコースもご用意しています。

にしお歯科のLEDホワイトニングについて

 

昔治療した差し歯や詰め物の色は、ホワイトニングでは白くなりません

 

ご希望の色にあわせるために、自分の歯をホワイトニングしながら、被せ物や詰め物を替えることも可能です。

 

歯の土台を金属コアからファイバーコアにするメリットとデメリット



美しさと耐久性を備えたオールセラミックスのメリットとデメリット

 

 

 

歯ぐきのお悩み(メラニン色素除去)

 

今までの治療法は歯肉を切ったり削ったり、薬剤によって除去する方法でした。

歯肉を切った後の術後の出血や、感染リスク、また歯肉がヒリヒリして食事が辛い…。
どうしても、術後に苦痛が伴い負担になってしまいました。

 

現在ではレーザー治療を行っています。

黒く変色した歯肉にレーザーを照射して、歯肉の再生を促します。

この方法だと、歯肉を切らないので、出血や感染の心配もなく、薬物も使用しません。

痛みがほとんどない治療法です。

 

また、以前に治療したときに、金属の詰め物や土台が入っている方は、メタルフリー(金属を使わない)素材に治療しなおすことで、自然と歯ぐきの色が元の色に戻ることもあります。

にしお歯科のレーザーを使ったメラニン色素除去について

お悩みの解決方法は、ひとつではありません。
ご希望やご予算に合わせてベストな治療法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。


2018年5月7日 9:45 AM | カテゴリー: お知らせ, ホワイトニング, 矯正歯科

痛みは?値段は?見た目は?部分矯正の初めてガイド

部分矯正って痛いの?

全体矯正に比べると治療期間が短く(約5~6ヶ月程度)、治療費も1/3~1/2程度で歯並びを整えられる部分矯正。

奥歯の噛み合わせに問題がなく「前歯だけの歯並びを整える」なら、最も人気のある治療法といえるでしょう。

矯正は、歯1本ずつにブラケットという装置をつけて、その装置にワイヤーを通して、歯を少しづつ移動させることで歯並びを整えます。

そのため、歯が移動するときに多少の痛みを感じることがありました。

当院では、痛みの少ないティップエッジブラケットという痛みの少ない装置を採用しています。

今までよりも小さい力で、効率よく歯を移動させる術式で治療を行いますので、ほとんど痛みはありません。

 

期間と値段はどれくらいかかるの?

 

部分矯正で、出っ歯や八重歯、すきっ歯、歯のねじれなどの治療を行った場合。

期間はほとんどが5~6ヶ月、少し難しい症例で8~9ヶ月、金額的には28万~45万程度が目安です。
※精密検査などの諸費用は別途かかります。費用は個人差があります。

結婚式や成人式までにキレイにしたい、といったご希望で来院された方も期日までに治療を終えることができて大変喜んで頂きました。

詳しくは症例をご覧ください

矯正は歯列の移動が完了した時点で装置を外します。
しかし、歯並びを整えた状態で歯の骨が安定するまで保定装置(リテーナー)を使用します。

当院では、取り外しできるリテーナーのほかに、細いワイヤーを使い見えない位置に接着する固定式のリテーナーや透明マウスピースタイプのリテーナーもご用意しています。

 

 

矯正中の見た目は?

 

部分矯正は平均的に短期間で治療を終えることができるので、矯正期間のストレスも比較的少ないです。

当院では、目立たないセラミックでできたブラケット(歯に取り付ける装置)と、目立たないホワイトワイヤーを使用して治療を行うことができます。

またリテーナーなど保定装置は、自分でつけたり外したりする必要があり、便利な反面、自己管理ができないと、後戻りしやすくなってしまいます。

装置を取り外した後は、後戻りを予防するために歯の裏側にワイヤーを固定して歯列安定をさせることもできます。

下顎の部分矯正の場合は、治療後の保定期間(移動した歯を落ち着かせる)は、歯の裏側のワイヤー固定処置だけで済むので、見た目の変化を短期間で実感できる点も大きなメリットといえるでしょう。

 

部分矯正っていくつから?

 

子どもの場合(乳歯が残っている場合)は、早い段階で矯正を始めて、骨の成長に合わせてあごの骨を広げて正しい位置に歯が並ぶように治療する床矯正がオススメです。部分矯正で対応することはほとんどありません。
 

永久歯がすべて生え揃った15歳以降であれば、必要に応じて全体の矯正、または前歯だけの部分矯正で歯並びを整えることができます。

大人の矯正は「気になったときが始めどき」です。

いくつまでできるかという点では、特に年齢制限はありません。

差し歯や虫歯があっても歯列矯正は可能です。

※実際に矯正が可能かどうかは、歯や歯ぐきの状況を調べた上での判断となります。

 

部分矯正について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
初めての部分矯正の流れや、症例、実際にかかった費用、よくある質問をまとめています。

にしお歯科の部分矯正について


2018年4月21日 5:55 AM | カテゴリー: お知らせ, 矯正歯科

心当たりはありますか?詰め物や被せ物は、なぜ取れる?

 

詰め物が取れてしまったら

 

「何度も同じ歯の詰め物が取れる」

そんな経験はありませんか?

ガムやキャラメルなど粘着性の高い食べ物を噛んでいたら、詰め物がとれてしまうことがあります。

 

しかし、詰め物がとれやすいものを食べないように気をつけていても、毎回同じ場所が取れてしまうことも。

 

正直、痛みがないと、ついついそのままで過ごしてしまうこともあるかもしれません。

 

被せ物が取れた状態で放っておくと、取れたところから虫歯ができたり、歯ぐきの腫れや出血などのトラブルがおきやすくなります。

 

痛みが出てから治療を行うと、虫歯になった部分を削らなくてはならないので、以前よりも自分の歯が減ってしまいます。

 

また神経を取った歯ならば、痛みを感じないまま虫歯が進行するので、気づいたときには歯が割れてしまったり、歯を抜かなければならない状態になってしまうことも少なくありません。

もし治療した歯の詰め物や被せ物が取れてしまったら、痛みがなくてもなるべく早く歯科を受診しましょう。

にしお歯科の痛くない削らない神経を取らない虫歯治療

 

 

被せ物・詰め物が取れやすい原因は?

 

詰め物や被せ物が取れてしまう原因の中には

 

・被せ物の接着物が劣化してしまう
・被せ物をした歯が虫歯になる
・被せ物が変形してしまう

 

といったものが挙げられます。

保険診療で使われる銀歯や被せ物に比べると、自費診療で使われるセラミック素材の方が審美性だけでなく耐久性にも優れていますが、それでも永久的というわけではありません。

 

そのため定期検診などで、治療を終えた歯の詰め物や被せ物に不具合がないかどうかチェックをしておくことも、歯のお悩みを抱えないための大切なメンテナンスといえるでしょう。

むし歯再発ゼロメンテナンス

 

また耐久年数にも個人差があります。

これは歯質や、かみ合わせ、噛む力によって変わってきます。

例えば歯並びが悪いと、歯の磨き残しが多くなって虫歯ができやすくなったり、一部の歯に噛む力が強くかかってしまいます。

ほかにも歯ぎしりや食いしばりなどで日常的に歯に過剰が力がかかっていると、下顎の骨がぼこぼこと出てきたり、歯が磨り減ってきたりします。

こういった症状が出ている方は、被せ物にも過剰な力がかかり、変形したり取れやすくなってしまうことがあります。

 

 

かみ合わせやマウスピースで取れやすさを改善

 

すべてではありませんが、部分矯正などで歯並びを整えることで、治療した歯の詰め物の寿命が伸ばすことが期待できます。

 

また歯ぎしりや食いしばりのクセがある人は、マウスピースなどで寝ている間の歯を守ることで、被せ物の取れやすさを軽減させる助けになることもあります。

 

歯並びは年齢や環境によって変化することがあります。

 

現在の歯並びや、噛む力、歯ぎしりなどの傾向もお口の中を拝見することでわかることはたくさんあります。

 

当院では「虫歯を治す」だけでなく、「もう一歩先」を見据えた治療プランをご提案します。

 

これからお子さんの健康を守りたい親御さんや、自分の将来の歯の健康を考えた治療を選びたい方は、是非一度当院にご相談ください。


2018年4月14日 6:43 AM | カテゴリー: お知らせ, むし歯, 矯正歯科

歯を削らずにミネラルで治す低侵襲の虫歯治療法をお選びいただけます

 

生活の質を左右する歯科治療

 

 

一昔前は、痛みのある歯はすべて削って治す、歯の神経をとる、最終的は歯を抜くという処置が一般的でした。

 

もちろん、現在でも必要に応じて歯を削り、神経をとって治療を行うことがあります。

 

しかし保険診療の虫歯治療では、虫歯の部位だけでなく予防的な拡大処置として虫歯以外の健全な歯質も削ることが少なくありません。

 

歯は削ってしまうと、どんなによい素材で詰めたり被せたりしても、厳密にいえば元の歯に戻ることはありません。

 

近年は、私たちの平均年齢も伸びて、いかに健康な状態を維持しながら生活をするかという「生活の質(クオリティオブライフ:QOL)」に関心が高まっています。

 

お口の中、とくに自分の歯を残すことの関連性も注目されています。

 

私たちは「天然歯をできるだけ削らない治療」こそが、これからの生活の質に大きく影響を与えていくと考えています。

 

 

できるだけ削らずに治療する方法

 

 

当院では、ドックベストセメント療法を導入しています。

これは、ミネラルを含んだ銅セメント素材です。

 

治療の際には、虫歯になった部分だけを取り除き、高濃度のPOICウォーターで除菌。

プラズマレーザーで殺菌しながら歯質強化をおこなった上で、ドックベストセメントを充填し経過観察をします。

その後、詰め物、被せ物をして治療を終えます。

 

この治療法は、深い虫歯でも神経を残す治療ができる可能性が高く、ミネラル成分により再石灰化を助け象牙質の再生を促します。

 

ドックベストセメント治療は、10年以上経過しても歯の神経に異常が起こっていない症例が多数報告されており、低侵襲治療を行うことで健康な歯をできるだけ削らず、再治療リスクも軽減させることが期待できます。

 

ドックベストセメントの治療方法はこちらをご覧ください

 

 

 

歯を長持ちさせることは寿命にも影響を与えます

 

削らない治療法には、ほかにカリソルブ(自費)という治療法もあります。

これはC1.C2と呼ばれる小さな虫歯にのみ適応可能で、象牙細管内の虫歯菌を殺菌することはできないので、歯と歯の間や深い虫歯は適応外です。

そのため虫歯治療では、ドックベストセメントが優れているといえるでしょう。

ドックベストセメントは、乳歯にも対応可能ですが、数ヶ月で抜けてしまうような乳歯の場合は、使用しません。

 

何度も繰り返す歯の治療は、患者様にとって非常にストレスです。

 

毎回、歯の痛みや腫れと付き合いながら治療をしても、結局最後には抜歯になってしまうかもしれないという不安もつきまといます。

歯を失ってしまうと、食事が楽しめなくなったり、かみ合わせが変化して体のバランスにも影響を与えてしまうことがあります。

今ある歯をできるだけ維持したいとお考えの方、虫歯の再治療でこれ以上歯を削りたくない、神経をできれば残したい、歯を抜きたくないとお考えの方は、是非一度お問い合わせください。

 

ドックベストセメント療法は保険適用外のため、すべて自費診療となります。(2018.04.09時点)

 

ドックベストセメント療法の料金はこちらから

当院で行っている痛くない、削らない、歯にやさしいドックベストセメント療法についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 


2018年4月9日 7:34 AM | カテゴリー: お知らせ, ドックベストセメント



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター