HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

歯周病を悪化させるリスクファクターについて

 

今では虫歯を抜いて歯を失う最も大きな原因と言われている歯周病は、日本人の成人の8割以上が罹患していると言われています。歯周病になる直接的な原因は口腔内の不衛生によるプラークですが、歯周病の原因はそれだけではありません。プラークによる細菌感染は歯周病の罹患および悪化の直接的な原因ですが、この他に「リスクファクター」と言われる危険因子(間接的な原因)があります。

歯周病と診断されて定期的に歯石除去やクリーニングを行っても思うような効果が得られない場合、生活習慣や全身疾患など細菌感染以外の要因が深く関連していると思われます

では歯周病を悪化させるリスクファクターにはどのようなものがあるのでしょうか。

・喫煙

・睡眠不足

・食生活

・ストレスや運動不足

・遺伝、肥満、薬の影響など

 

歯周病は、プラークや歯石などばかりが注目されますが、生活習慣の乱れなどのリスクファクターが実に深く関わっているのです。

例えばストレスや睡眠不足が続くと体の抵抗力が落ち、口腔内の細菌が急速に増殖して歯周病リスクが高まってしまいます。

また以前のコラムでも触れましたが、喫煙は歯周病を悪化させる非常に大きなリスクファクターであり、非喫煙者と比べて罹患率が高く、治癒率が低いことが特徴です。

加えて女性の方はホルモンバランスの影響で歯周病が悪化しやすい傾向があります。特に妊娠中や更年期障害、閉経後は急激なホルモンバランスの変化に伴い、歯ぐきの状態が変わりやすくなってしまうことから歯周病リスクが高まってしまいます。

このように、歯周病はプラークによる細菌感染だけでなく、リスクファクターが深く関わっているのです。まずは生活習慣の見直しや規則正しい生活を送りながら歯周病治療を行うことを考えなければなりません。

 

当院の歯周病治療について詳しい内容はこちら

 

また直接的な原因に関連する原因として、合っていない被せ物や歯並びの乱れ、歯軋りなどが歯周病を悪化させてしまいます。歯周病治療とともに歯列矯正や被せ物の再製作などの治療を行いながら歯周病を改善させる必要があるでしょう。特にデコボコした悪い歯並びはブラッシングが行き届かず汚れが残り、プラークや歯石が溜まりやすくなって歯周病リスクを高めます。歯並びに問題がある場合は、歯列矯正を行うことが歯周病治療を進める上で改善策のひとつと言えるでしょう。歯列矯正は一般的なワイヤー矯正や、目立たず歯並びを整えるマウスピース矯正などがあります。

 

当院のマウスピース矯正治療について詳しい内容はこちら

 

歯周病はたいへん身近な病気であり、誰でも罹患する可能性が高い疾患です。日頃のブラッシングだけでなく、リスクファクターを考えた治療を行うことが大切です。また歯科医院での定期健診は必ず受診するようにして下さい。


2018年10月26日 8:58 AM | カテゴリー: ブログ, 歯周病, 矯正歯科

磨いたつもりが逆効果・・・?間違った歯磨きが引き起こすリスクについて

毎日の歯磨きはお口の中の健康を守る基本です。

しかし、間違った歯磨きは歯やお口の健康を損ねるようなトラブルに繋がりかねません。せっかく歯磨きを行っても、これでは逆効果になってしまいます。

そこで今回は間違った歯磨きが引き起こすトラブルと、正しい歯磨きについてお話をいたします。

 

間違った歯磨きが引き起こすトラブルとは?

あなたは歯についた汚れを落とそうとするあまり、ついゴシゴシと力強く磨きすぎていませんか?力強い歯磨きは歯と歯ぐきを傷つけてしまいます。その結果、次のようなトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

 

・歯ぐきが下がり、虫歯や知覚過敏のリスクが高まる・・・健康な歯ぐきに比べると、歯ぐきが下がり気味になってしまいます。歯ぐきが下がることで歯の根元が露出し、虫歯や知覚過敏が起こりやすくなります。

歯の根元は本来なら歯ぐきで覆われています。ところが間違った歯磨きを続けていると歯肉が下がり、歯の根元が露出してしまいます。歯の表面は硬いエナメル質で覆われていますが、根元はエナメル質が薄く、内部の象牙質がむき出しになっています。象牙質は歯の神経を覆っていますが、エナメル質で覆われていることにより、痛みや滲みるなどの症状を感じにくくなります。

ところが歯の根元はエナメル質がほとんどなりため象牙質がむき出しとなっています。そのため虫歯や知覚過敏のリスクが高まってしまうのです。

・歯肉炎や歯周炎を引き起こす・・・どれだけ頑張って磨いても、汚れが残っていると歯ぐきの腫れや出血といった歯肉炎や歯周炎の原因となります。

・歯の表面を傷つけ、着色の原因になる・・・研磨剤入りの歯磨き剤で強く磨くと、歯の表面を傷つけます。そこに汚れや飲食物の色素が入り込み、黄ばみやくすみとなってしまいます。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

正しい歯磨きの方法

では正しい歯磨きの方法についてご紹介しましょう。

・ペンを握るように歯ブラシを軽く握る

ペングリップという持ち方で歯ブラシを持つことで、適度な力で歯を磨くことができます。

・歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを当て、小刻みに歯ブラシを動かす

汚れが最も残りやすいのは、歯と歯ぐきの境目です。ここに汚れが残ると、歯肉炎や歯周炎が起こってしまいます。歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを斜めに当て、小刻みに動かしながら一本一本丁寧に磨きます。

・デンタルフロスや歯間ブラシを使う

実は歯ブラシだけでは汚れはきれいに落とせません。歯と歯の間に残る汚れを取り除くには、フロスや歯間ブラシが欠かせないのです。寝る前の歯磨きの際に、フロスや歯間ブラシを使った歯間ケアを行うようにして下さい。また歯並びが悪い方は、ワンタフトブラシを使うとよいでしょう。

 

歯周病チェックリストについてはこちら

 

正しい歯磨きで、お口の中の健康を守りましょう

間違った歯磨きは歯や歯ぐきのトラブルを引き起こしてしまいます。ご紹介した歯磨きの方法を参考にして、歯と歯ぐきの健康を守るようにしましょう。歯磨きの方法がわからない、どんな歯ブラシを選べばよいか迷ってしまう方は、お気軽に当院へご相談ください。


2018年10月19日 6:05 AM | カテゴリー: むし歯, ブログ, 歯周病

歯ぐきが黒くなっている!?メタルタトゥーとは

笑ったときに差し歯と歯ぐきの境目が黒ずんでいる・・・こんなことはありませんか? 歯ぐきの黒ずみは、口を開けたときにとても目立つため、思いっきり笑えないのではないでしょうか。この歯ぐきの黒ずみの原因は、「メタルタトゥー」と呼ばれる症状です。今回はメタルタトゥーについてお話を進めていきたいと思います。

メタルタトゥーとは? またその原因について

「メタル」とは「金属」を意味しており、メタルタトゥーは、歯科素材で使われる金属が溶け出して歯ぐきに色素沈着を起こしたものです。

保険の被せ物の場合、素材に金銀パラジウム合金が使われます。前歯の場合、見える部分は白いレジン、裏側が金銀パラジウム合金で作られており、奥歯の被せ物は全て金銀パラジウム合金で作られています。お口の中に金銀パラジウム合金を使った人工歯が入っていると、イオン化した金属が溶けだし、濃いグレーのような色となって歯ぐきに色素沈着が起こります。つまり歯科治療を行ったはずの素材そのものが引き起こしてしまう、審美的なトラブルなのです。

また金銀パラジウム合金は、金属アレルギーを引き起こす要因でもあります。金属アレルギーは一般的に、指輪やネックレス、ピアスなどを身に着けた時に皮膚にかゆみや赤みが起こる症状です。ところが金属アレルギーの原因は、お口の中の金属素材が原因で起こることもあります。特に金銀パラジウム合金はイオン化しやすいため、メタルタトゥーだけでなく金属アレルギーのリスクも抱える素材なのです。

 

保険の被せ物について詳しい内容はこちら

 

メタルタトゥーは元に戻せるのか?

 

では黒ずんでしまった歯ぐきは元に戻せるのでしょうか。メタルタトゥーを改善するためには、まずお口の中から金属素材を取り除くことから始まります。原因となっている金属の土台や被せ物を取り除き、虫歯が確認された場合は虫歯治療を、感染根管処置が必要な場合は根の治療を行い、金属を使わない素材を用いたメタルフリー治療を行います。

黒ずんだ歯ぐきは歯科用レーザーを使ったり、薬剤を用いて歯ぐきの新陳代謝を高めるガムピーリングという方法で改善します。ガムピーリングは施術後にある程度の痛みが生じます。当院では痛みの少ない歯科用レーザーを用いてメタルタトゥー除去を行います。

 

メタルタトゥーを引き起こさない素材とは

メタルタトゥーは、歯科用金属を使うことで起こる審美的なトラブルです。メタルタトゥーを引き起こさないためには、土台を含めて金属を使わない素材を選択することで回避できます。まず土台は金属の土台ではなく、ファイバーコアという樹脂素材の土台を立てます。被せ物は、オールセラミッククラウンやジルコニアセラミックなど金属を全く使わない被せ物が適しています。奥歯は噛む力を必要とするため強度が重視されますが、全てジルコニアで出来ているオールジルコニアクラウンなら、銀歯と同等の強度を持っています。

 

当院の審美治療について詳しい内容はこちら

メタルタトゥーはお口を開けた時にかなり目立ち、審美性を損ねてしまいます。メタルタトゥーが気になる方は、一度当院へお気軽にご相談ください。

 


2018年10月6日 3:28 PM | カテゴリー: ブログ, 金属アレルギー

まだ吸い続けますか?喫煙がお口にとって悪害な理由

 


喫煙習慣は、肺ガンや高血圧などといった全身の健康に大きく関わることはよく知られています。しかしタバコの悪害は体の健康だけに留まりません。タバコを吸うことで、お口の中の健康にも深刻な影響を与えてしまうのです。今回は今一度、喫煙習慣が与えるお口の中への悪影響についてお話いたします。

1.歯周病

歯周病は成人の約8割が罹患しているほど身近な病気です。歯周病の特徴は、歯ぐきの腫れと出血です。そのため歯周病にかかっていると、歯磨きを行うだけで歯ぐきから出血するため、「もしかして歯周病かも?」と自覚症状を感じることができます。

ところがタバコを吸っているとニコチンの影響により歯ぐきの血管が収縮し、血流が悪くなります。そのため歯周病の主症状である歯ぐきの出血があまり起こりません。その結果歯周病にかかっていることに気づきにくくなり、歯周病の診断が遅れてしまいます。また血流が悪くなると、酸素や栄養分が歯ぐきに行き渡りません。そのため歯周病が悪化しやすく、歯周病と診断されたころにはかなり進行した状態となっている場合がほとんどです。

喫煙は歯周病と非常に深く関わっています。喫煙者と非喫煙者を比べると、歯周病の罹患率は1日に10本未満で歯2.8倍、20本では4.7倍、30本では5.9倍と報告されています。

歯周病は虫歯を抑えて歯を失う原因のトップです。喫煙は歯周病の発症率が高いうえ悪化しやすく治りにくいという、悪の三拍子が見事に揃っています。喫煙がどれほど歯周病に影響を与えるのかおわかりいただけることでしょう。

 

歯周病について詳しい治療内容はこちら

 

2.口腔ガン

喫煙は肺ガンだけでなく、お口の中のガン、つまり口腔ガンのリスクが高まります。口腔ガンは舌ガン、歯肉ガン、口腔底ガンなどお口の中に発症するガンの総称です。口内炎だと思っていたのが実は口腔ガンだった、というケースも決して少なくありません。この口腔ガンに関わるリスクファクターが、タバコです。タバコに含まれる有害物質がガンの発症に関わることがわかっています。

 

3.むし歯

タバコを吸うと唾液の分泌量が減ってしまいます。その結果口腔内の細菌が増殖し、むし歯が発症しやすい環境となってしまいます。また歯周病になると歯槽骨が吸収され、歯ぐきが下がってしまいます。そのため露出した歯の根元がむし歯になるリスクが高まります。歯の表面は硬いエナメル質で覆われていますが、歯の根元はエナメル質がほとんどありません。そのため口腔内環境が悪いと、簡単にむし歯に罹患してしまうのです。

 

当院のむし歯治療の詳しい内容はこちら

 

4.口臭および歯ぐきの黒ずみ

タバコを吸う人の息は非常に臭いです。ニコチンやタールなど、タバコの有害成分の臭いに加え、歯周病の悪化による口臭と混ざると強烈な臭いを発し、相手に不快感を与えてしまいます。

またタバコを吸うと歯ぐきが黒く変色し、見た目を大きく損なってしまいます。歯ぐきのピーリングなどを行っているクリニックもありますが、やはり非喫煙者の健康的なピンク色の歯ぐきと比べるとかなり見劣りします。歯ぐきの黒ずみは喫煙者だけでなく副流煙をすってしまう家族にも現れます

 

禁煙することで、たくさんのメリットを手に入れることができます

タバコは百害あって一利なし、とはよく言ったものです。喫煙習慣はお口の中の健康を大きく損ねます。特に歯周病が悪化しやすくなり、それに伴って全身の健康にも悪影響が出てしまいます。

禁煙すると、喫煙習慣にはないたくさんのメリットを得ることができます。お口の健康、そして全身の健康のためにも意を決して禁煙に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 


2018年9月23日 10:23 AM | カテゴリー: ブログ, 口腔から全身の健康へ, 歯周病

プラークはお口の中のトラブルの元凶!

今ではその名前を聞かない日はないくらいよく耳にする「プラーク」。プラークは、細菌の塊で歯と歯の境目などにべったりと付着する白っぽい物質で、虫歯や歯周病の元凶となります。今回はプラークについてお話をしたいと思います。

・虫歯や歯周病の原因となるプラーク

昔は「歯垢」と呼ばれていたプラークは、細菌の塊です。お口の中には虫歯菌や歯周病菌をはじめとする約600種類もの細菌が棲みついており、プラークはこれらの細菌が作り出したものです。プラーク1mgにつき、1~2億個もの細菌が存在しています。

プラークが付着すると。お口の中のトラブルの代表である虫歯や歯周病、そして強い口臭の原因にもなってしまいます。

虫歯は、プラークに棲みついたミュータンス菌などの虫歯菌が棲みついて酸を出し、歯を少しずつ溶かして虫歯を作り出します。

 

当院の虫歯治療についてはこちら

 

また歯周病は今や虫歯よりも歯を失うリスクが高いと言われているお口の中のトラブルです。プラークに棲みついた歯周病菌が毒素を出し、歯ぐきや歯を支える歯周組織に炎症を起こします。日本人の成人8割が罹患していると言われている歯周病は、気付かないうちに症状が進行するため、自覚症状(歯ぐきからの出血、歯のぐらつきなど)が出始めたころには症状がかなり進行しています。

 

歯周病チェックについてはこちら

 

このように、プラークはまさにお口の中のトラブルの元凶なのです。

 

・プラークが付着する原因

プラークが歯に付着する原因は、歯磨き不足です。自分では磨いたつもりでも、実は「磨けていない」ことがほとんどなのです。特に仕上げ磨きを離れた学童期のお子さんや、思春期のお子さんはまだまだ自分で上手に磨けません。そのため虫歯や歯ぐきの腫れや出血が起きる歯肉炎になりやすいのです。

プラーク=食べかすではありません。食べかすは、うがいをすることで流れていきますが、プラークはうがいでは落ちません。プラークは、食べかすの中に含まれる糖分が歯の表面に張り付き、そこへ細菌が寄ってきて形成されて歯にべっとりと付着するため、うがいだけでは取り除くことができないのです。

 

・プラークを溜めないようにするには?

虫歯、歯周病、口臭・・・このような原因を作り出すプラークを溜めないようにするには、毎日の正しい歯磨きと、歯科医院によるプロのケアが必要です。プラークは主に歯と歯の境目に付着します。ブラッシングのときは、歯ブラシの毛先を歯肉にも当て、一本一本丁寧に磨くように心がけて下さい。

しかし、自宅でのセルフケアだけではどうしてもプラークは取り切れません。歯や歯ぐきの健康を守るためには歯科医院でプロの処置が欠かせないのです。

どんなに優れた歯磨き剤も、予防には勝てません。歯科医院で定期検診やメンテナンスといった予防処置をきちんと受け、トラブルからお口の健康を守りましょう。

 


2018年9月9日 5:10 PM | カテゴリー: むし歯, ブログ, 歯周病

ぐらぐらし始めてからでは遅い!歯を長持ちさせるための定期健診の重要性

「定期的な歯のお掃除が大切なのはよくわかっているけど、つい面倒で・・・」とおっしゃる方は少なくありません。歯の定期健診やクリーニングは、健康な歯や治療を行って良くなった歯を良い状態に保つためには欠かすことができません。しかし頭ではわかっていながらも、つい定期健診やメンテナンスに行かないと、大切な歯が大変なことになってしまうのです。

定期健診を受けずにいるとどんなことが起こるの・・・?

「これまで虫歯もなく、どの歯も痛くないし、食べ物も美味しくいただけて調子はとてもいい」、と言われていた方の前歯が歯周病を発症し、次第に前歯がグラグラと動き始めて、最終的に歯を失った方がいました。ご本人は「これまで何もなく過ごしてきたからいちども歯医者に行ったことがなかったそうです。抜けてしまった前歯のない自分の顔を鏡で見て、大きなショックを受けられていました。

この方に限らず、特に調子が悪いことはないからと、あまり歯科医院を受診しない方は多いと思います。そしてそれは、比較的高齢者層に多いことが注目すべき点でもあります。

今は歯の予防の認識が浸透してきたこともあり、若い世代の患者さんは歯のケアや美意識がそれなりに高いのですが、昔の歯科治療は治療が中心で、今のように歯の予防はあまり推進されていませんでした。

その影響があるのかどうかは定かではありませんが、特に高齢者層では「歯医者=歯が悪くなってから行くところ」という認識は未だ強いのではないかと思われます。

今歯を失う二大要因は虫歯と歯周病と言われています。特に歯周病は虫歯のように痛みをあまり感じないまま症状が進行するため、気が付けば歯が揺れ始め、抜け落ちてしまう悲しい結果を迎えてしまうのです。

 

歯周病について詳しい治療内容はこちら

 

歯の健康を守る定期検診

定期健診は、歯の調子が良いからこそ受けるべき検診です。定期健診を受けることで、自分では自覚のない虫歯や歯周病が発見されることも多く、早期発見から早期治療へと繋ぐことができます。

特に神経を取った歯は痛みを感じることがありません。そのため被せ物の下で虫歯が再発する二次カリエスは自分ではなかなか気づくことができませんが、二次カリエスはは再治療を繰り返し、歯の寿命にも大きく関わってきます。早期に治療を行えばそれほど大掛かりな治療にならないことが多いでしょう。

 

虫歯について詳しい治療内容はこちら

定期健診では歯科医師が口腔内を確認し、異常がないかどうかを確認します。その後歯科衛生士が歯石除去や歯のクリーニングを行い、歯周病の元になるプラークや歯石を取り除きます。また入れ歯をお使いの方は噛み合わせや金属バネ(クラスプ)の具合などを確認し、きちんと噛めているかどうかをチェックします。インプラントの方はインプラント周囲炎になっていないか、噛み合わせは正常かどうかなど、お口の中の状態に合わせた処置が行われます。子供の場合は、むし歯のチェック以上に大事なことは歯並びと咬み合わせのチェックです。歯並びに問題があると顎がずれたり、顔が左右対称でなくなったり、むし歯や歯周病のリスクが上がったりするなどの弊害が起きることがあります。お子様の定期健診のときには歯並びのチェックもしてもらうようにしましょう!

 

失ってはじめて歯の大切さを痛感するものです

「歯がなくなったら入れ歯にすればいい」と簡単に思われるかもしれません。確かに歯を失った場合、噛む機能を取り戻す治療法を行って見た目も機能も回復させることができます。

しかし、自分の歯で食べ物を噛んで美味しくいただけることほど幸せなことはありません。歯は失ってはじめてその大切さを痛感します。大切な歯を長持ちさせ、いつまでもご自身の歯で食事を楽しむことができることは体の健康に繋がるのです。

定期健診は是非受けていただくことを強くお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年8月23日 9:01 AM | カテゴリー: むし歯, ブログ, 歯周病

バレンタインデー

昨日のバレンタインデーにスタッフからチョコレートを頂きました。嬉しいですね! ホワイトデーのお返しを今から考えておかないと・・・。


2018年2月15日 10:13 AM | カテゴリー: ブログ

POIC研究会ホームケアアドバイザーズミーティング

9月3日(日)東京にてPOIC研究会主催のホームケアアドバイザーズミーティングが開催されました。演題は「POICウォーターを振り返ってみて」「煙草の生活習慣病~COPDを知っていますか?~」「超高齢者社会の今 口腔の専門家として求められるこれから」「医科歯科連携に向けて~POICによる口腔ケア~」「無垢の歯を残したい POIC100%への道」「POICウォーターを使用しての効果的なイリゲーション方法」「東京クリニックにおけるPOIC水や歯髄幹細胞培養上清について」「口腔衛生と全身疾患の関連について」と多岐に亘る内容で全て内容が濃くとても良い勉強になりました。中でもすずひろクリニック(内科・皮膚科・リウマチ科)の鈴木先生の発表はPOICウォーターが医科クリニックにおいても素晴らしく効果を発揮しているというもので大変興味深く2時間を越える発表もあっという間に終わったという感じでした。



2017年9月5日 7:05 PM | カテゴリー: ブログ

センリセルシー建て替え

千里中央駅に隣接する1972年に完成した大型商業施設『千里セルシー』では昨年6月頃より次々にテナントが立ち退き、100店舗ほどあったのが現在は20数店舗にまで減ってしまいました。8月29日(火)に始めて所有者の代理が入居しているテナントに対して、5年以内に新たな商業施設に建て替える方針を示したそうです。千里セルシー1階にあるセルシー広場は新人歌手の登竜門として知られており、光GENJI、小倉優子、松浦亜弥、AKB48、きゃりーぱみゅぱみゅも歌ったことがあります。また、アンジェラ・アキや氷川きよしなども歌っており地元ではちょっと不思議な広場でした。


2017年8月31日 6:58 PM | カテゴリー: ブログ

プラズマレーザー研究会症例報告会

5月21日(日)東京の日本財団にてプラズマレーザー研究会第二回総会記念臨床報告会が開催されました。17名の先生方の色々な臨床報告を聴いてきました。治癒が長引いた症例や、東洋医学的な「舌はがし」の施術方法、ホワイトスポットの解消方法など非常に参考になる報告ばかりで有意義な一日となりました。

 


2017年5月22日 10:08 AM | カテゴリー: ブログ



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター