HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

歯を削らずにミネラルで治す低侵襲の虫歯治療法をお選びいただけます

 

生活の質を左右する歯科治療

 

 

一昔前は、痛みのある歯はすべて削って治す、歯の神経をとる、最終的は歯を抜くという処置が一般的でした。

 

もちろん、現在でも必要に応じて歯を削り、神経をとって治療を行うことがあります。

 

しかし保険診療の虫歯治療では、虫歯の部位だけでなく予防的な拡大処置として虫歯以外の健全な歯質も削ることが少なくありません。

 

歯は削ってしまうと、どんなによい素材で詰めたり被せたりしても、厳密にいえば元の歯に戻ることはありません。

 

近年は、私たちの平均年齢も伸びて、いかに健康な状態を維持しながら生活をするかという「生活の質(クオリティオブライフ:QOL)」に関心が高まっています。

 

お口の中、とくに自分の歯を残すことの関連性も注目されています。

 

私たちは「天然歯をできるだけ削らない治療」こそが、これからの生活の質に大きく影響を与えていくと考えています。

 

 

できるだけ削らずに治療する方法

 

 

当院では、ドックベストセメント療法を導入しています。

これは、ミネラルを含んだ銅セメント素材です。

 

治療の際には、虫歯になった部分だけを取り除き、高濃度のPOICウォーターで除菌。

プラズマレーザーで殺菌しながら歯質強化をおこなった上で、ドックベストセメントを充填し経過観察をします。

その後、詰め物、被せ物をして治療を終えます。

 

この治療法は、深い虫歯でも神経を残す治療ができる可能性が高く、ミネラル成分により再石灰化を助け象牙質の再生を促します。

 

ドックベストセメント治療は、10年以上経過しても歯の神経に異常が起こっていない症例が多数報告されており、低侵襲治療を行うことで健康な歯をできるだけ削らず、再治療リスクも軽減させることが期待できます。

 

ドックベストセメントの治療方法はこちらをご覧ください

 

 

 

歯を長持ちさせることは寿命にも影響を与えます

 

削らない治療法には、ほかにカリソルブ(自費)という治療法もあります。

これはC1.C2と呼ばれる小さな虫歯にのみ適応可能で、象牙細管内の虫歯菌を殺菌することはできないので、歯と歯の間や深い虫歯は適応外です。

そのため虫歯治療では、ドックベストセメントが優れているといえるでしょう。

ドックベストセメントは、乳歯にも対応可能ですが、数ヶ月で抜けてしまうような乳歯の場合は、使用しません。

 

何度も繰り返す歯の治療は、患者様にとって非常にストレスです。

 

毎回、歯の痛みや腫れと付き合いながら治療をしても、結局最後には抜歯になってしまうかもしれないという不安もつきまといます。

歯を失ってしまうと、食事が楽しめなくなったり、かみ合わせが変化して体のバランスにも影響を与えてしまうことがあります。

今ある歯をできるだけ維持したいとお考えの方、虫歯の再治療でこれ以上歯を削りたくない、神経をできれば残したい、歯を抜きたくないとお考えの方は、是非一度お問い合わせください。

 

ドックベストセメント療法は保険適用外のため、すべて自費診療となります。(2018.04.09時点)

 

ドックベストセメント療法の料金はこちらから

当院で行っている痛くない、削らない、歯にやさしいドックベストセメント療法についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 


2018年4月9日 7:34 AM | カテゴリー: お知らせ, ドックベストセメント

週刊現代11月25日号 【歯は絶対にけずるな!】

11月13日に発売された週刊現代に【歯は絶対に削るな!】という記事が掲載されています。私のドックベストセメント療法の師匠である埼玉県の小峰一雄先生他2名の歯科医師へのインタビュー記事です。なぜ歯を削ってはいけないのか、神経を抜くことはなぜNGなのかなどわかりやすく書かれています。是非購読して正しい歯科知識を身につけましょう。

 


2017年11月16日 3:35 PM | カテゴリー: ドックベストセメント

ドックベストセメントプレミアムセミナー(東京)

7月23日(日)東京で『ドックベストセメントプレミアムセミナー』が開催されました。講師は横浜で開業されている原田圭一先生です。原田先生とは5年くらい前からのお付き合いでいつも色々と実際の臨床ですぐに使用できる情報をいただいています。今回は、2月に開催されたドックベストセメントアドバンスセミナーの復習と乳歯に対するドックベストセメントの使い方、ドックベスト療法を行うにあたって患者さんに説明するときの色々なツールの紹介がありました。各種ツールは上手くまとまっていて非常に使いやすそうでした。また、午後からは、国際ブレイン・アップデート協会の田中信二先生による『ブレイン・アップデート講座』があり、相互実習形式で自分自身でバランス調整ができるように基本的な技術を教えていただきました。スピリチュアル系の話がたくさんあり、皆な集中して聴講していました。内容がかなり濃かったので思いっきり疲れましたが、心地よい疲れでした。


 


2017年7月24日 2:14 PM | カテゴリー: ドックベストセメント

ドックベストセメントセミナー(東京)

2月12日(日)東京で開催された“ドックベストセメント療法フォローアップセミナー”に参加してきました。講師は横浜で開業されている原田先生です。原田先生とは3年前からの知り合いでいつも仲良くさせていただいています。定員30人に対して申し込みが何と150人もあったそうで今回は定員オーバーの40人の参加でした。真冬にも関わらず会場内は熱気ムンムンでした。セミナーの案内がきてすぐに申し込んだので今回運よく参加することができました。希望者多数につき同じ内容のセミナーが追加で4回開催されるということでした。いや凄い! 講義内容はドックベストセメントとレーザーの併用療法~ダイレクトボンディングによる修復および削らないブリッジによる修復方法で、かなり内容の濃いセミナーでした。普通であれば神経を取るような深い虫歯もドックベストセメントとレーザーの併用療法であれば神経を温存して治療することができます。この方法は当院でも採用していて臨床結果が素晴らしくよく、患者さんに喜んでもらっています。これからもどんどんドックベストセメントとストリークレーザーの併用療法を極めていきたいと思います。


2017年2月13日 7:37 PM | カテゴリー: ドックベストセメント

虫歯治療 ~プラズマストリークレーザー&ドックベストセメント~

恥ずかしながら、本日にしお歯科で虫歯の治療を受けてきました。最近歯間ブラシをいれるとズキズキするようになってきたのでものすごく心配です。かなり昔に入れた部分銀歯の裏にできた虫歯で表から見てもわからずレントゲンでも銀歯が邪魔になってわからずの状態でした。もともとかなり深い虫歯を治療した後に入れた銀歯の裏の虫歯なので、「ほぼ間違いなく神経治療になるな、でもできるだけ神経はそのままの状態にしておきたいなぁ。」と思っていました。にしお歯科にはプラズマストリークレーザーを用いたドックベストセメント療法があるのでそれで神経温存療法をしてもらいました。プラズマレーザーでの治療は何の痛みも感じませんでした。あっという間に治療が終了しました。
にしお歯科では自分の娘の矯正治療をしてもらっています。その娘には『先生上手だから痛くないよ!』と慰められ、優しい娘だなぁと思っていたのですが治療を終えて帰宅するなり、『ガチャガチャの景品は??』と・・・・。子供にしかガチャガチャはないですよ・・・と教えておきました。
家族全員でお世話になっている我が家です。

ガチャ2人


2015年8月25日 3:39 PM | カテゴリー: スタッフブログ, ドックベストセメント

削らずにむし歯を治すドックベストセメントセミナーに参加

H23年12月4日(日)ドックベストセミナー(講師:小峰先生、埼玉県で開業)にアシスタント
として参加しました。“むし歯を削らずに治療するドックベストセメント”は、TBSテレビなどで
放送され、この治療を希望する患者さんが全国的に増加しています。そのためこのセミナーはか
なりの人気で、順番待ちの状態が続いていました。今回の参加者は約20名で、アシスタントとし
て参加したドクター3名が実習の準備と各先生へのアドバイスを行い、内容が充実したセミナー
となりました。
セミナー終了前の質疑応答も活発に行われ、アシスタントとして参加した私自身も非常にいい
勉強になりました。


2013年2月16日 10:47 AM | カテゴリー: ドックベストセメント



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター