HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

前歯の部分矯正に適しているマウスピース矯正

 

 

歯並びの悩みというのは人それぞれですが、前歯の乱れはやはり誰もが気になることでしょう。もちろんブラケットを使った部分矯正で前歯の乱れを改善することは可能です。しかしお口の中で鈍く光る金属の矯正装置はどうしても目立ってしまいます。裏側矯正なら目立つことなく前歯をキレイに整えることができますが、表側矯正と比較すると費用が高くなってしまいます。

ここで注目すべき矯正治療法が、マウスピース矯正です。マウスピース矯正は、ブラケット矯正と比較すると目立たず歯並びを整えることができることが大きなメリットです。また取り外し式のため、食事に不自由を感じず、歯磨きも行いやすいという特徴も持ち合わせています。ブラケット矯正は色々な症例に対応できる反面、日常生活に不自由を感じやすく、見た目も気になるという声が圧倒的に多い傾向があります。このようなブラケット矯正のデメリットをカバーする矯正治療法が、マウスピース矯正だといえるのです。

 

当院の部分矯正に関する詳しい治療内容はこちら

 

また前歯は歯の色も重要なポイントとなる部位です。歯並びがキレイなうえ、白く清潔感のある歯の場合、相手に与えるイメージはとてもよいものになります。マウスピース矯正なら、歯並びを整えながら、ホワイトニングを同時に行うことで歯を白くすることも可能です。

これはホームホワイトニングと同じやり方で、矯正用マウスピースの中に歯科医院で処方してもらったホワイトニングジェルを流し込み、再びお口の中に装着します。矯正用のマウスピースは絶対に毎日装着しなければいけないため、一般的なホームホワイトニングに比べると、継続しやすいかもしれません。ただしこの方法でホワイトニングを行う場合、一定時間になったらいちどマウスピースを外し、歯に残っているジェルとマウスピースをきれいに洗い流し、再びマウスピースをつける必要があります。と言うのも、一定時間をオーバーしてホームホワイトニングを行うと、歯が痛くなってしまう恐れがあるからです。ホワイトニングジェルを流し込む場合、必ず歯科医師またはホワイトニングを行う歯科衛生士が指示する時間を守ってください。

 

当院のホワイトニングについて詳しい内容はこちら

 

マウスピースによる前歯の部分矯正は、目立たず気になる部分だけを効率よく整えることができます。前歯はとても目立つため、同時にホワイトニングを行うことで、理想の歯並びと白い歯に近づけるでしょう。

ただしマウスピースによる部分矯正は、奥歯の噛み合わせに問題がないことが条件になります。噛み合わせに問題がある場合や抜歯が必要なケースの場合、マウスピース矯正による部分矯正ができないことがあるため、歯科医師とよく相談して下さい。


2018年11月16日 2:14 PM | カテゴリー: ホワイトニング, 矯正歯科

歯周病を悪化させるリスクファクターについて

 

今では虫歯を抜いて歯を失う最も大きな原因と言われている歯周病は、日本人の成人の8割以上が罹患していると言われています。歯周病になる直接的な原因は口腔内の不衛生によるプラークですが、歯周病の原因はそれだけではありません。プラークによる細菌感染は歯周病の罹患および悪化の直接的な原因ですが、この他に「リスクファクター」と言われる危険因子(間接的な原因)があります。

歯周病と診断されて定期的に歯石除去やクリーニングを行っても思うような効果が得られない場合、生活習慣や全身疾患など細菌感染以外の要因が深く関連していると思われます

では歯周病を悪化させるリスクファクターにはどのようなものがあるのでしょうか。

・喫煙

・睡眠不足

・食生活

・ストレスや運動不足

・遺伝、肥満、薬の影響など

 

歯周病は、プラークや歯石などばかりが注目されますが、生活習慣の乱れなどのリスクファクターが実に深く関わっているのです。

例えばストレスや睡眠不足が続くと体の抵抗力が落ち、口腔内の細菌が急速に増殖して歯周病リスクが高まってしまいます。

また以前のコラムでも触れましたが、喫煙は歯周病を悪化させる非常に大きなリスクファクターであり、非喫煙者と比べて罹患率が高く、治癒率が低いことが特徴です。

加えて女性の方はホルモンバランスの影響で歯周病が悪化しやすい傾向があります。特に妊娠中や更年期障害、閉経後は急激なホルモンバランスの変化に伴い、歯ぐきの状態が変わりやすくなってしまうことから歯周病リスクが高まってしまいます。

このように、歯周病はプラークによる細菌感染だけでなく、リスクファクターが深く関わっているのです。まずは生活習慣の見直しや規則正しい生活を送りながら歯周病治療を行うことを考えなければなりません。

 

当院の歯周病治療について詳しい内容はこちら

 

また直接的な原因に関連する原因として、合っていない被せ物や歯並びの乱れ、歯軋りなどが歯周病を悪化させてしまいます。歯周病治療とともに歯列矯正や被せ物の再製作などの治療を行いながら歯周病を改善させる必要があるでしょう。特にデコボコした悪い歯並びはブラッシングが行き届かず汚れが残り、プラークや歯石が溜まりやすくなって歯周病リスクを高めます。歯並びに問題がある場合は、歯列矯正を行うことが歯周病治療を進める上で改善策のひとつと言えるでしょう。歯列矯正は一般的なワイヤー矯正や、目立たず歯並びを整えるマウスピース矯正などがあります。

 

当院のマウスピース矯正治療について詳しい内容はこちら

 

歯周病はたいへん身近な病気であり、誰でも罹患する可能性が高い疾患です。日頃のブラッシングだけでなく、リスクファクターを考えた治療を行うことが大切です。また歯科医院での定期健診は必ず受診するようにして下さい。


2018年10月26日 8:58 AM | カテゴリー: ブログ, 歯周病, 矯正歯科

結婚式や留学、就職活動にあわせてライフスタイルに合わせて選ぶ矯正方法

自分の歯並び気に入っていますか?

 

大人になってからの矯正は、「気になったときが始めどき」です。

痛みや腫れなどの緊急性があると、すぐに「歯医者に行きたい(行かないといけない)」と感じます。

しかし、歯並びというのは「ずっと気になっているけど、痛いわけでもないし、お金もかかりそうだし、矯正中って何かと不便そう…」となかなか行くタイミングを決めかねてしまうケースも少なくありません。

現在は昔に比べると、短い矯正期間で治療することもできますし、痛みの少ない矯正器具も開発されています。

何より短期間の矯正で費用もぐんと抑えることができます。

歯並びを整えておくことで、将来の歯周病やむし歯、再治療リスクなどさまざまなお口の健康を守る手助けにもなります。

 

 

私の希望を叶えてくれる部分矯正

 

 

例えば、

「6ヵ月後の結婚式までに」
「短期留学をしたいのでそれまでに」
「就職活動前に(期間中に)歯並びを治したい」
「昔全体矯正したけど少し後戻りしてきて気になる」

できるだけ早く歯並びを治したい方には、主に前歯の歯並びを整える部分矯正が非常に人気です。

最短で約3ヶ月で治療を終えた症例もあります。
※期間費用には、個人差があります。

 

具体的なお悩み別の具体的な治療期間や治療法をご説明しています。
こちらもご覧ください。

部分矯正はこんな方にオススメです

 

 

 

矯正以外で歯並び(見た目)を治療することもできます

 

多少のすき間(すきっ歯)の場合は、ダイレクトボンディングという治療法で1日で治すこともできます。

オールセラミックスに近い審美性を持つナノテク樹脂を使った審美治療法で、歯をほとんど削らずに治療できます。

お口の中にペースト状のハイブリットセラミックスを塗り重ね、天然の歯と同じ色合いやグラデーションを再現するので、仕上がりも美しいのが特長。

保険適用のレジン素材よりも光沢や透明感が優れていて変色も少ない上に、オールセラミックス(自費)に比べると費用もかからないのが魅力です。

詳しくは、こちらをご覧ください
One Dayダイレクトボンディング(グラディアダイレクト)

 

 

 

矯正相談は予約制です

 

現在、部分矯正について多数のご希望、ご予約をいただいています。

そのため土曜日の予約枠が非常に込み合っており、予約が取りにくい状況になっています。
ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。

短期間で治療ができる部分矯正に関するよくあるお悩みや、実際の症例はホームページ上で公開しています。

まずは、ホームページを一度ご覧いただき、ご予約いただけますと幸いです。

矯正相談のご予約に関して

 

 

初めて矯正治療(部分矯正)を行ってみたいとお考えの方は、部分矯正の流れを一度ご覧ください。

 

初めての部分矯正

 

また、自分の歯並びや悩みと似たような症例があるかもしれません。
具体的な治療期間や費用については、こちらに症例を掲載しています。
※症例(期間・費用)は個人差がありますので、あくまでも目安として参考にしていただければと思います。

 

治療例と費用について

 

 

部分矯正と全体矯正の違いや、矯正ができるかできないか、よくあるご質問をまとめました。
こちらもあわせてご覧ください。

よくある質問

2018年5月16日 8:29 AM | カテゴリー: お知らせ, 矯正歯科

歯並び、歯の色、歯ぐきのお悩み…豊富な治療方法をご用意しています

 

 

「歯並びをきれいにしたい」
「歯の色をそろえたい」「真っ白にしたい」
「黒ずんだ歯ぐきをピンク色にしたい」

 

にこっと笑ったときに見える歯並び、歯の色、そして歯ぐきの変色…。

 

虫歯や痛みのトラブルがなくても、歯に関するお悩みはひとそれぞれです。

 

笑顔に自信がもてると、気持ちも前向きになったり、人前で話したりするときにコンプレックスを気にせずにすみます。

 

「昔は気にならなかったのに、最近気になりだした。年齢のせいかな・・・」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

歯並びや歯の色、歯ぐきの状態が気になるということは、それだけお口の健康に関して意識が高くなった証拠かも。

 

当院では歯の健康と共に「見た目の美しさ」を求める方にも、満足していただける医療環境を整えていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

歯並びを整えたい

 

 

大人になってからの矯正の場合、「見えるところだけ治したい」というご希望が非常に多いです。

歯並びやかみ合わせの状態をみて、部分矯正で対応できる症状であれば、全体矯正に比べて短期間で費用も抑えた治療法をご提案いたします。

 

大人の部分矯正について詳しくご説明しています
大阪部分矯正・プチ矯正ナビ

 

歯の色をそろえたい・真っ白にしたい

 

当院では、マウスピースを使わないLEDタイプのホワイトニングシステムを採用しています。

 

最短2日~1ヶ月程度でホワイトニングができます。

 

ご自宅で行うタイプ、医院で行うタイプ、自宅と医院同時に行うことで短期間で後戻りしにくいホワイトニングを行うコースもご用意しています。

にしお歯科のLEDホワイトニングについて

 

昔治療した差し歯や詰め物の色は、ホワイトニングでは白くなりません

 

ご希望の色にあわせるために、自分の歯をホワイトニングしながら、被せ物や詰め物を替えることも可能です。

 

歯の土台を金属コアからファイバーコアにするメリットとデメリット



美しさと耐久性を備えたオールセラミックスのメリットとデメリット

 

 

 

歯ぐきのお悩み(メラニン色素除去)

 

今までの治療法は歯肉を切ったり削ったり、薬剤によって除去する方法でした。

歯肉を切った後の術後の出血や、感染リスク、また歯肉がヒリヒリして食事が辛い…。
どうしても、術後に苦痛が伴い負担になってしまいました。

 

現在ではレーザー治療を行っています。

黒く変色した歯肉にレーザーを照射して、歯肉の再生を促します。

この方法だと、歯肉を切らないので、出血や感染の心配もなく、薬物も使用しません。

痛みがほとんどない治療法です。

 

また、以前に治療したときに、金属の詰め物や土台が入っている方は、メタルフリー(金属を使わない)素材に治療しなおすことで、自然と歯ぐきの色が元の色に戻ることもあります。

にしお歯科のレーザーを使ったメラニン色素除去について

お悩みの解決方法は、ひとつではありません。
ご希望やご予算に合わせてベストな治療法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。


2018年5月7日 9:45 AM | カテゴリー: お知らせ, ホワイトニング, 矯正歯科

痛みは?値段は?見た目は?部分矯正の初めてガイド

部分矯正って痛いの?

全体矯正に比べると治療期間が短く(約5~6ヶ月程度)、治療費も1/3~1/2程度で歯並びを整えられる部分矯正。

奥歯の噛み合わせに問題がなく「前歯だけの歯並びを整える」なら、最も人気のある治療法といえるでしょう。

矯正は、歯1本ずつにブラケットという装置をつけて、その装置にワイヤーを通して、歯を少しづつ移動させることで歯並びを整えます。

そのため、歯が移動するときに多少の痛みを感じることがありました。

当院では、痛みの少ないティップエッジブラケットという痛みの少ない装置を採用しています。

今までよりも小さい力で、効率よく歯を移動させる術式で治療を行いますので、ほとんど痛みはありません。

 

期間と値段はどれくらいかかるの?

 

部分矯正で、出っ歯や八重歯、すきっ歯、歯のねじれなどの治療を行った場合。

期間はほとんどが5~6ヶ月、少し難しい症例で8~9ヶ月、金額的には28万~45万程度が目安です。
※精密検査などの諸費用は別途かかります。費用は個人差があります。

結婚式や成人式までにキレイにしたい、といったご希望で来院された方も期日までに治療を終えることができて大変喜んで頂きました。

詳しくは症例をご覧ください

矯正は歯列の移動が完了した時点で装置を外します。
しかし、歯並びを整えた状態で歯の骨が安定するまで保定装置(リテーナー)を使用します。

当院では、取り外しできるリテーナーのほかに、細いワイヤーを使い見えない位置に接着する固定式のリテーナーや透明マウスピースタイプのリテーナーもご用意しています。

 

 

矯正中の見た目は?

 

部分矯正は平均的に短期間で治療を終えることができるので、矯正期間のストレスも比較的少ないです。

当院では、目立たないセラミックでできたブラケット(歯に取り付ける装置)と、目立たないホワイトワイヤーを使用して治療を行うことができます。

またリテーナーなど保定装置は、自分でつけたり外したりする必要があり、便利な反面、自己管理ができないと、後戻りしやすくなってしまいます。

装置を取り外した後は、後戻りを予防するために歯の裏側にワイヤーを固定して歯列安定をさせることもできます。

下顎の部分矯正の場合は、治療後の保定期間(移動した歯を落ち着かせる)は、歯の裏側のワイヤー固定処置だけで済むので、見た目の変化を短期間で実感できる点も大きなメリットといえるでしょう。

 

部分矯正っていくつから?

 

子どもの場合(乳歯が残っている場合)は、早い段階で矯正を始めて、骨の成長に合わせてあごの骨を広げて正しい位置に歯が並ぶように治療する床矯正がオススメです。部分矯正で対応することはほとんどありません。
 

永久歯がすべて生え揃った15歳以降であれば、必要に応じて全体の矯正、または前歯だけの部分矯正で歯並びを整えることができます。

大人の矯正は「気になったときが始めどき」です。

いくつまでできるかという点では、特に年齢制限はありません。

差し歯や虫歯があっても歯列矯正は可能です。

※実際に矯正が可能かどうかは、歯や歯ぐきの状況を調べた上での判断となります。

 

部分矯正について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
初めての部分矯正の流れや、症例、実際にかかった費用、よくある質問をまとめています。

にしお歯科の部分矯正について


2018年4月21日 5:55 AM | カテゴリー: お知らせ, 矯正歯科

心当たりはありますか?詰め物や被せ物は、なぜ取れる?

 

詰め物が取れてしまったら

 

「何度も同じ歯の詰め物が取れる」

そんな経験はありませんか?

ガムやキャラメルなど粘着性の高い食べ物を噛んでいたら、詰め物がとれてしまうことがあります。

 

しかし、詰め物がとれやすいものを食べないように気をつけていても、毎回同じ場所が取れてしまうことも。

 

正直、痛みがないと、ついついそのままで過ごしてしまうこともあるかもしれません。

 

被せ物が取れた状態で放っておくと、取れたところから虫歯ができたり、歯ぐきの腫れや出血などのトラブルがおきやすくなります。

 

痛みが出てから治療を行うと、虫歯になった部分を削らなくてはならないので、以前よりも自分の歯が減ってしまいます。

 

また神経を取った歯ならば、痛みを感じないまま虫歯が進行するので、気づいたときには歯が割れてしまったり、歯を抜かなければならない状態になってしまうことも少なくありません。

もし治療した歯の詰め物や被せ物が取れてしまったら、痛みがなくてもなるべく早く歯科を受診しましょう。

にしお歯科の痛くない削らない神経を取らない虫歯治療

 

 

被せ物・詰め物が取れやすい原因は?

 

詰め物や被せ物が取れてしまう原因の中には

 

・被せ物の接着物が劣化してしまう
・被せ物をした歯が虫歯になる
・被せ物が変形してしまう

 

といったものが挙げられます。

保険診療で使われる銀歯や被せ物に比べると、自費診療で使われるセラミック素材の方が審美性だけでなく耐久性にも優れていますが、それでも永久的というわけではありません。

 

そのため定期検診などで、治療を終えた歯の詰め物や被せ物に不具合がないかどうかチェックをしておくことも、歯のお悩みを抱えないための大切なメンテナンスといえるでしょう。

むし歯再発ゼロメンテナンス

 

また耐久年数にも個人差があります。

これは歯質や、かみ合わせ、噛む力によって変わってきます。

例えば歯並びが悪いと、歯の磨き残しが多くなって虫歯ができやすくなったり、一部の歯に噛む力が強くかかってしまいます。

ほかにも歯ぎしりや食いしばりなどで日常的に歯に過剰が力がかかっていると、下顎の骨がぼこぼこと出てきたり、歯が磨り減ってきたりします。

こういった症状が出ている方は、被せ物にも過剰な力がかかり、変形したり取れやすくなってしまうことがあります。

 

 

かみ合わせやマウスピースで取れやすさを改善

 

すべてではありませんが、部分矯正などで歯並びを整えることで、治療した歯の詰め物の寿命が伸ばすことが期待できます。

 

また歯ぎしりや食いしばりのクセがある人は、マウスピースなどで寝ている間の歯を守ることで、被せ物の取れやすさを軽減させる助けになることもあります。

 

歯並びは年齢や環境によって変化することがあります。

 

現在の歯並びや、噛む力、歯ぎしりなどの傾向もお口の中を拝見することでわかることはたくさんあります。

 

当院では「虫歯を治す」だけでなく、「もう一歩先」を見据えた治療プランをご提案します。

 

これからお子さんの健康を守りたい親御さんや、自分の将来の歯の健康を考えた治療を選びたい方は、是非一度当院にご相談ください。


2018年4月14日 6:43 AM | カテゴリー: お知らせ, むし歯, 矯正歯科

矯正歯科セミナー

2月7日(水)梅田にて「Dr宮島邦彰矯正マスターコース」の今年2回目のセミナーが開催されました。今回から新規参加ドクター3名が加わり参加者が12名になりました。昨年は5名でスタートしたのですが、それから7名のドクターが増えたことになります。京都や愛知から参加しているドクターもいます。矯正歯科以外の情報交換もでき大変有意義なセミナーとなりました。次回は3月14日(水)開催予定です。



2018年2月8日 4:04 PM | カテゴリー: 矯正歯科

矯正歯科セミナー受講

毎月開催されている矯正歯科セミナーに参加しています。本日のテーマは『スマイルライン』です。午前はスライド講義で午後からは患者さんの治療実習です。19:00までの長丁場頑張って勉強します。


2017年2月1日 10:31 AM | カテゴリー: ブログ, 矯正歯科

部分矯正・プチ矯正専門サイトオープン

出っ歯・八重歯・ガタガタ・上だけ・下だけ、気になる部分だけの超短期間部分矯正に関する専門サイトをオープンしました。
約6ヶ月で自信が持てるスマイルラインを得ることができます。
詳しくは、こちらへ


2014年1月14日 9:21 AM | カテゴリー: お知らせ, 矯正歯科

SH療法で使用する顎拡大装置

SH療法で使用する顎拡大装置
スプリングの力で歯列を拡大します。1日に8~10時間の装着です。

SH上顎400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SH下顎400


2013年8月2日 9:29 AM | カテゴリー: 矯正歯科



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター