HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

インプラント治療、事前検査徹底を!

今年は、インプラントのトラブルに関する報道が増えているようです。10月26日のNHKニュースの内容がブログに掲載されていました。インプラント手術は信頼できる歯科医院で行うようにしないと、色々なトラブルが生じることがあります。

<NHK生活情報ブログ 2012.10.26より>

 あごの骨に金属を埋め込んで人工の歯を取り付けるインプラント治療を安全に行うための対策を考えるシンポジウムが10月13日、横浜市で開かれ、多くの患者が治療の障害になる持病を抱えている実態などが報告され、事前の検査の必要性が確認されました。

 20121026ha_1

 

 

 

 

 

インプラント治療は「入れ歯などよりも強くかめて自分の歯に近い感覚を持てる」として普及が進んでいますが、一部の歯科医師の技術が不十分なことなどから治療後、しびれや痛みが残ったり、炎症が起きたりするトラブルがあとを絶ちません。今回のシンポジウムはインプラント治療の安全対策を進めようと開かれ、歯科医師らおよそ150人が参加しました。

20121026ha_5

 

 

 

 

 

 

まず、国立保健医療科学院の玉置洋主任研究官が厚生労働省の研究班として行った、全国の歯科がある大学病院への調査結果を発表しました。この中では、回答があった43の病院でおととしまでの5年間に、歯科医院などでインプラント治療を受けたあと「金属があごの骨を貫通してマヒや炎症が残った」などのトラブルを訴えて患者が訪れたケースが307件あったことが報告されました。最も多い病院では70件のトラブルを扱ったということです。


20121026ha_2

 

 

 

 

 

 

続いて、東京歯科大学の矢島安朝教授が自分の病院でインプラントの治療に訪れた769人の患者に対して行った事前検査の結果について紹介しました。それによると、血液検査や尿検査の結果、52%の患者に糖尿病や貧血などの数値で異常が確認されましたが、このうち87%の人が異常を自覚していませんでした。特に70人の患者については内科での治療が必要なレベルだったということです。糖尿病や貧血などの持病がある人は炎症を起こしやすいなど、治療後のトラブルにつながるおそれがあるため、矢島教授は「事前検査を徹底することがトラブルの防止につながる」と訴えました。

20121026ha_3

 

 

 

 

 

 

シンポジウムを開いた鶴見大学先制医療研究センターの佐藤慶太准教授は「インプラント治療の安全を確保するには技術の向上だけでなく、患者の状況を見極めた上で、インプラント治療をしないという判断力も必要になってくる。患者側も持病や飲んでいる薬についての情報を歯科医師にしっかりと伝えてほしい」と話していました。


20121026ha_4

 

 

 

 

 

 

インプラントは適切に行われれば患者の生活の質を大いに高めてくれる治療法で、「歯科における20世紀最大の発明」とも言われています。しかし、モラルの欠如を背景にした知識や技術を伴わない治療によるトラブルで、その信頼は大きく揺らいでいます。今回の取材を通じて感じたのは歯科業界の強い危機感でした。

ある出席者は「信頼を取り戻さないと、インプラントは高い実力を持ちながら国民の健康に寄与できないという大きな矛盾を抱えた治療法になってしまう」と話していました。業界を挙げて始まったインプラントの安全対策の取り組み。今後もその挑戦をしっかり追っていきたいと思います。

 


2013年2月21日 3:28 PM | カテゴリー: インプラント

インプラントにも歯周病が・・・! 速い進行、気付かぬことも

共同通信社  6月5日(火) 配信

 歯周病は自分の歯を失う大きな原因となるが、急速に普及するインプラント
(人工歯根)でも同じような症状になることがある。自分の歯に比べ進行が速
い半面、気付くのは遅れがち。専門医はインプラント治療前のケアと、定期的
なチェックの大切さを訴える。

 歯周病は歯と歯茎の間に繁殖する細菌への感染によって起きる。歯茎が腫れ
たり出血したりする歯肉炎から、歯を支えるあごの骨にも影響する歯周炎に進
み、放置すれば最終的には骨がとけて歯が抜けてしまう。

 チタンでできた土台を骨に埋め込み、その上に人工歯を置くのがインプラン
ト治療。土台は骨にしっかり固定されるため硬い物もかめるが、自分の歯との
違いは、歯と骨の間に歯根膜(しこんまく)と呼ばれるコラーゲン組織がインプ
ラントにはないことだ。

 「天然のバリアーとも言える歯根膜がないため、骨の側に細菌が入りやすく
なる」
と、治療に携わる東京再生医療センター(東京都千代田区)の清水智幸
(しみず・ともゆき)院長は話す。インプラントの表面には、骨と結合しやすくす
るため微細な穴が多数あり、ここに細菌が入り込むことも影響する。

 

 歯周炎に相当する「インプラント周囲炎」まで進んだ時に周囲の骨が失われ
るスピードは、自分の歯の場合の数倍から数十倍
とも言われるが、インプラン
トは骨に固定されているため、抜かざるを得ない状態になって初めて医療機関
に来る人も珍しくないという。

 歯周病治療を応用してレーザーや超音波、アミノ酸や殺菌水などを使った取り
組みを進める清水院長。「歯周病を治さないままインプラントを埋め込んだり、
その後のケアが十分でなかったりするケースが多い」と、患者の増加を懸念する。


2013年2月19日 9:23 AM | カテゴリー: インプラント

トラブル急増 インプラント(NHK)

1月18日(水)19:30~19:56NHKのクローズアップ現代にてインプラントのトラブルに関する
番組が放映されました。内容は以下の通り。

歯科インプラント トラブル急増の理由

 自分の歯のようにしっかりかめるように画期的な治療法として、歯が抜けた人の1割に普及しているという歯科インプラント。ところが、顎の骨に金属の土台を埋め込む手術をする際、歯科医師のミスや技量不足のために大量出血したり、麻痺が残ったりするトラブルが相次いでおり、死亡事故も起きた。

 国民生活センターは5年間で2000件の相談が寄せられたとして、先月、行政や医師会などに早急な対策を呼びかけた。インプラント治療は自由診療で、標準的な治療方法が定められていない。保険診療と違って監督官庁の監視も届きにくく、十分な技術を持たない医師が、高い治療費をとれるインプラントに安易に走っているという指摘もある。そこで、学会では治療のガイドラインの策定に着手。一部の大学では、授業を新設して、治療の技術とモラルを向上させる取り組みを始めた。また、自由診療とはいえ、何らかの規制・監督が必要な時期に来ているというという声が高まっている。(NHKのHPより抜粋)

※時間が25分間と短いためトラブルの内容や原因などが詳しく説明されておらず少し物足りない感じでした。また、インプラント治療のメリット・デメリットもぼやけた説明になっていたため、視聴者は、インプラント手術がただ単に危険なものであるという印象を受けたのではないだろうか。インプラント手術が成功してもその後の生活習慣が適切でないとすぐに炎症を起こして顎の骨が悪くなる事例もたくさんあります。丁寧に歯ブラシをすることは当然のこととして、食事指導やサプリメント指導などの必要性をもっと詳しく説明することが望まれます。


2013年2月16日 10:48 AM | カテゴリー: インプラント



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター