痛くない・回復が早い
レーザー治療

麻酔注射を極力つかうことなく、
痛みが少ない
従来の治療にくらべて
早く回復・通院回数も時短できます

小さなむし歯

歯を削らずに元の歯に戻しましょう

歯を削らずに元の歯に戻しましょう
  • 従来の治療では、小さなむし歯も大きなむし歯も歯を削ってつめる以外に方法がありませんでした。
    でも、一度削ってしまうと、その歯は二度と元には戻りません。さらに、一度削った歯は、むし歯ができやすい弱い歯になってしまいます。
  • レーザーでは小さなむし歯は削らないで元の歯に戻します。むし歯を退治しオーラルループを塗ることで「再石灰化(元の歯に戻す力)」を引き起こして歯の再生療法を行います。

大きなむし歯

むし歯の進行を食い止めましょう。
今以上に歯が溶けてなくならないようにしましょう。

むし歯の進行を食い止めましょう。
  • 従来の治療では、虫歯になった部分を大きく削る必要がありました。そのため麻酔が必要でした。
    さらに、ひどい時は歯の神経も抜かなければなりませんでした。
  • レーザーを使えばむし歯の部分だけ取り除くことができます。
    その結果、大きく削る必要も、神経を抜く必要もなく、治療できるケースが多くなりました。

むし歯の予防

レーザーを使って硬くてむし歯になりにくい丈夫な歯に

  • 乳歯のうちから予防管理
    乳歯が生え揃う頃から、レーザーでむし歯ができないよう強い歯にしていきましょう。
    乳歯から予防管理することでむし歯菌の住みづらい環境にしましょう。
  • 大人の歯が生えてきたら
    レーザーで歯質強化をしながらむし歯をつくらないように定期健診をしましょう。
    レーザーは健康な歯をむし歯菌の酸から守り強い歯に変えてくれます。
レーザーを使って硬くてむし歯になりにくい丈夫な歯に

むし歯や歯周病治療に麻酔注射を使うことなく、
従来の治療にくらべて早く回復するレーザー治療

歯周病(歯槽膿漏)の治療

今までより短時間で健康な歯茎(肉)を取り戻しましょう。
歯周病の元となる歯石の除去を行うこともできます。
レーザー治療で引き締まった歯茎を再生しましょう。

  • 歯周病菌をためておくと歯肉の血行が悪くなり、気づかないうちに進行して、ひどくなれば歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。
  • 従来の治療では、重症の場合は歯肉をメスで切らなければなりませんでした。深くなってしまった歯周ポケットは一生懸命歯磨きをしているつもりでも、なかなか治りにくく時間もかかります。
  • 歯と歯茎の間にレーザーを照射することで、歯周病菌をやっつけて、弱ってしまった歯茎の血行を良くして、健康で引き締まった歯茎を再生します。もちろん歯肉を切ったりしないので麻酔もせず、歯周病の治療が可能になります。
レーザー

歯の神経の治療

できる限り神経を守る治療をしましょう

  • 強い痛みがあったり、歯の神経がだめになっている時は、歯の神経を抜かなくてはなりません。その時、歯の根っこにたまっていたバイ菌や膿をきれいに掃除しなければなりません。
  • 従来の治療では、リーマーと呼ばれる器具で掃除をしていましたが、リーマーでは根っこの先端まで確実にきれいに掃除することが難しくて治りも遅いなど、大変難しい治療でした。
  • レーザーを使って根っこの中をきれいに殺菌し、炎症を早く鎮めます。また、根っこの先まで確実に掃除することができるので、根の先端にできた膿の袋もきれいに治ります。

なかなか治らない口内炎の治療

薬を使わず痛みをすばやく暖和しましょう。

  • 一度できてしまうと、なかなか治らなくて、とても痛い口内炎です。今までは、お薬などでゆっくり治るのを待つことしかできませんでした。
  • レーザーを使うことで、その場で痛みを取り除くことができます。傷の治りも早くなり、薬のような副作用もなく安心です。

知覚過敏の治療

原因をさぐりレーザーを使って原因を取り除きましょう。

  • 噛み合わせのバランスが崩れたり、歯が欠けたりすることで、表面に象牙質歯根という本来は露出していない部分がむき出しになってしまいます。そこに、冷たい水がしみたりすることがあります。
  • むき出しになった象牙質にレーザーを照射することで、歯の表面を封鎖して、歯を保護します。

メラニン色素除去

黒ずんだ(メラニン色素)歯ぐきをピンク色の歯ぐきに

  • 従来の歯肉メラニン色素沈着の治療法は、歯肉を切ったり、削って除去する・薬剤によって除去する方法でした。そのため術後1週間くらいは歯肉がヒリヒリと痛み食事をするのが大変です。 レーザーを使う治療法では、歯肉を切ることもなく、術後の出血、感染もなく、薬物も使いません。黒く変色した歯肉にレーザーを照射して、歯肉を再生するので痛みがほとんどありません。

むし歯再発ゼロメンテナンス

むし歯再発ゼロの環境に

子どもの「乳歯」はいずれ抜けてしまうからと、むし歯になっても気にしないことが多いのですが、「乳歯」の頃から、むし歯がたくさんできてしまうと永久歯に生え変わってもむし歯菌に感染することがわかっています。

小さなむし歯

乳歯の時から、むし歯予防をしましょう。

乳歯はいずれ抜けてしまうからとむし歯になっても気にしないでいると、永久歯にも伝染するということが分 かっています。とはいっても「むし歯」ができないよう管理するのはとても大切です。 そこで、乳歯が生え揃う頃から、レーザーでむし歯のできない強い歯にしていきましょう。

6歳臼歯の予防

大人の歯がはえてきたらレーザーで歯質強化と定期健診を

はえたての大人の歯は、とてもむし歯になりやすい弱い状態です。大人の歯がはえてきたら、レーザーで歯質強化をしながらむし歯にならないよう定期健診をしましょう。 レーザーは健康な歯をむし歯菌の酸から守り強い歯に変えてくれます。 定期的にレーザーとオーラループを使って、むし歯を予防していきましょう。

歯周病予防で歯を温存

歯周病は細菌感染が原因です

歯周病はすでに15~24歳で20%の人がかかっているといわれ、日本人の8人のうち1人は歯周病といわれています。
歯周病は細菌による感染症です。歯周病菌から身体を守ろうとする防衛機能とのバランスが崩れると、気づかないうちに発症し進行してしまいます。ひどくなると歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。
一生懸命歯磨きをしているつもりでも、なかなか治りにくく、重症の場合、歯肉をメスで切らければなりません。
お口の中の歯周病菌が増えれば、気管から肺へ、あるいは血流にのって全身へと入り込む危険性も高まります。歯周病菌が高齢者の肺炎や細菌性心内膜炎の原因となることもあるのです。