HOME > アンチエイジング外来 > 歯科アンチエイジングサプリメント外来

アンチエイジング外来

歯科アンチエイジングサプリメント外来


  • 歯科だからこそサプリメント!
  • サプリメントの基礎知識
  • プロバイオティクス
  • 毛髪ミネラル検査

● 歯科だからこそサプリメント!

なぜ歯科なのにサプリメント(健康補助食品、栄養補助食品) を取り扱うの?と思われる方もいらっしゃると思います。海外では日本とは違い代替補完医療としてサプリメント(アミノ酸、ハーブ、ビタミン剤、ミネラルなど)が盛んに医療現場で使われています。そのような診療の流れが日本にも広がろうとしています。口は“命の入り口、心の出口”ともいわれます。この命の入り口を扱う歯科だからこそサプリメント外来が重要になってくるのです。実際に、むし歯や歯周病の治療にサプリメント指導を組み合わせることで飛躍的に症状が改善した報告がいろいろと出てきています。
情報提供:株式会社ヘルシーパス


歯科はサプリメントと相性が良い 不定愁訴の相談を受けることも多い内科や、女性外来の先生、また、アンチエイジングを掲げるクリニックでサプリメントの活躍する機会が多いのは、容易に想像ができます。でも、実は歯科にも、サプリメントをお使い頂くうえで、他の診療科にはない「歯科ならでは」のメリットがあるのです。

口腔内の定期的な観察で生活習慣病を防ぐ 歯科は、患者様の粘膜や歯肉を直接目視することができ、また、通院頻度も多いので、患者様の体調の変化や、生活習慣病の予兆を発見できる可能性が高いといえます。 例えば、歯茎の様子で、貧血や血行障害を推測できたり、歯周病の様子で、糖尿病、動脈硬化、高血圧を疑うこともできます。また、舌の性状を診ることで感染症や胃腸機能の低下・貧血・薬の副作用などを考えることができます。さらに、歯科では、歯茎や歯周ポケットの深さのチェックや、唾液の緩衝能を測定することがあります。これらは、予防歯科として行われることが多いのですが、この検査結果をサプリメントによる栄養補給の効果判定にも利用することができるのです。

病気でなくても来院、予防にも関心が高い 歯科は、他の診療科と異なり、病気ではない方も来院する(クリーニング、矯正等)ことが多い診療科です。病気であれば、治療のための第一選択は医薬品になりますが、病気ではなく、あくまでも予防の場合には、医薬品ではなく、サプリメントを勧めることも不自然ではありません。また、歯科では、音波歯ブラシやキシリトールガムなど、物販をすでに経験しているところも多く、ホワイトニングやオールセラミックスなど、自由診療の経験も他の診療科に比べるとかなり豊富です。

歯科で役に立つ栄養素 歯科では、特に次の栄養素の積極的な摂取が、予防や治療後のケアに役立ちます。

歯周病予防 ビタミンC(免疫力向上、コラーゲン生成)
アミノ酸 (コラーゲンの原料)
ヘム鉄(貧血)
クロム、ビタミンB群(高血糖対策)
むし歯予防 カルシウム、マグネシウム(唾液の緩衝能、再石灰化促進)
デトックス(解毒) α-リポ酸、MSM、メチオニン、システィン(水銀等、体内の有害重金属の排泄促進)
ドライマウス対策 抗酸化物質(活性酸素対策)
オメガ3系脂肪酸(EPA・DHA 免疫反応をマイルドに)
抜歯・歯周外科 ビタミンC(傷の治りを早くする、コラーゲン生成)、亜鉛(組織を修復)、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD(骨密度向上)
注)基本となるサプリメントは、マルチビタミン&ミネラルなど、ビタミンミネラルをバランスよく配合したもの。

※当院では、主として上記の表に示した症状に対してサプリメント外来を行っています。
※バイオガイヤジャパン株式会社、ヘルシーパス株式会社、アスタリール株式会社が製造している医療機関専用サプリメントを主として取り扱っています。

野菜や果物自身も栄養不足
上の表は、文部科学省が発行している日本食品標準成分表のデータを基にら・べるびぃ予防医学研究所が作成した『食品成分比較表』です。1950年に比べて、野菜・果物のミネラル含有量がいかに減っているかが一目瞭然です。たとえば赤色で囲った鉄分については、にんじんで-90%、ほうれん草で-85%、りんごで-99%も減少しています。鉄分が不足すると貧血・注意力散漫・集中力低下・イライラ・神経が過敏・爪がもろくなる・眼の下にクマなどの症状が現れることがあります。(鉄分の摂取不足が女性の不定愁訴の原因になっている可能性があります。)現代の野菜や果物の栄養素がこんなにも減少した原因は、土壌中のミネラル減少や品種改良(にがみを減らして、甘みを増やす)のためであると考えられます。ビタミンやミネラルの摂取量の不足は、食生活の欧米化や、野菜そのものに含まれる量の低下、添加物の多い加工食品の普及などが原因です。それを補うのが良質のサプリメントです。

医療のプロの推薦は強力 よくご存知のとおり『口腔は健康のバロメーター』とも言われます。口腔内をじっくり、且つ、頻繁に観察することのできるのは歯科医師だけです。これからの歯科医師は、そのメリットを活かし、ブラッシングやフッ素塗布などの予防活動に加え、食生活の指導や、生活習慣病の予兆のチェックなども取り入れ、患者さんの「健康の番人」「予防医学の窓口」になっていかねばなりません。

当院では、数あるサプリメントの中から安心して摂取していただけるように、医療機関専用の高品質で効果的なサプリメントを厳選して提供させていただきます。

● サプリメントの基礎知識

サプリメントの基礎知識についてご紹介します。


そもそもサプリメントって何? サプリメント( Supplement)は、もともと「補助・補完」という意味の言葉です。アメリカでは「ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブなどの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」と定義しています。日本では、アメリカのような明確な定義はありませんが、カプセルや錠剤などの形状の栄養補助食品をサプリメントと呼んでいます。日本では食品に分類されています。

どのような種類があるの? サプリメントに配合されている成分は、次の通りです。

ビタミン・ミネラル ビタミン・ミネラルは、微量栄養素ともいわれ、ヒトが生きていく上で外部から取りいれなければならない基本の栄養素です。直接エネルギーにはなりませんが、体の活動(代謝)に欠かすことができず、車に例えると、潤滑油のような働きをしています。現代の私たちの生活では不足しがちで、サプリメントを利用する際には、最も優先されるべき栄養素です。
アミノ酸
(タンパク質)
アミノ酸はタンパク質を構成する単位です。タンパク質は普通は食事から十分摂取できますが、不足分や単体のアミノ酸はサプリメントで補給します。
脂質 亜麻仁油、DHA、EPAには、生活習慣病を予防する効果が期待されています。また、現代では、脂肪酸の摂取バランスが乱れており、不足しがちな脂肪酸はサプリメントで補給できます。
食物繊維 食物繊維は、腸内環境を整えたり、便秘を予防したり、大腸癌を予防するなどの効果が見直され、第6の栄養素と呼ばれています。
ファイトケミカル 主に植物に含まれている栄養素で、ポリフェノール、カロテノイド、イソフラボン、カプサイシンなど、色素や匂い、苦味の元となるものが多く、また、抗酸化力が期待できるものが多くあります。
乳酸菌 腸内の善玉菌である乳酸菌を補給して、腸内細菌のバランスを整えるためのサプリメントもあります。
ハーブ イチョウ葉、セントジョーンズウォート、エキナセアなど、効果が医薬品に近いものもあります。天然由来ですが、副作用のリスクもあるので、誰もが毎日摂取するというよりは、必要な方が必要なときに摂取すべき成分です。
その他の準栄養素 サプリメントの成分には、他にもコンドロイチン、グルコサミン、核酸、クエン酸、コラーゲン、青汁などがあります。コマーシャルや広告で話題になることも多いですが、基本的な栄養素が整っていれば、摂取の優先順位は低いものです。

サプリメントの優先順位と正しい利用法 世の中には、まさに星の数ほどのサプリメントがあります。これらの中から、自分が使うサプリメントを選び出すのは、専門家にとっても大変な作業です。
とはいえ、幾多のサプリメントも ①全ての人に必要な基本的な栄養素の補給を目的にしたもの ②特殊な機能性を持つ成分を摂取するもの の二つに分けることができます。
これらのうち、まず手にすべきなのは、基本的な栄養素「ビタミン&ミネラル」です。 ビタミン&ミネラルは派手さはありませんが、私たちの体内の様々な活動を支え、全ての人間にとって必要な物質であり、長期間の研究によって、有効性や安全性に関するデータの蓄積も豊富なものです。
多くの場合、消費者は魅力的なキャッチコピーの新製品を、マスコミの健康情報や広告によって購入しがちですが、センセーショナルな広告は、本来不要な物を販売する必要性から行われていることが多いものです。魅力的な広告に惑わされず、優先順位の高いものから選んで摂取するのが、体にも、お財布にも優しいサプリメントの利用方法です。
※サプリメントでも、栄養素の補給はできますが、「食事」の替わりにはなりません!!

● プロバイオティクス

近年、便秘・下痢対策やアレルギー、アトピー改善のため、腸内環境が大切といわれています。
腸内環境の改善には、「プロバイオティクス」が重要な働きをしています。
情報提供:バイオガイアジャパン(株)


プロバイオティクスとは? プロバイオティクス(Probiotics)とは、人体に良い影響を与える微生物。
または、それらを含む製品、食品のことをいい、「宿主の腸内細菌のフローラ(叢)のバランスを改善することによって、宿主によい効果をもたらす生きた微生物を含んでいる食品添加物。粘膜表面の 微生物や酵素のバランスを改善したり、免疫機能を刺激することを目的としているもの」と定義されています。プロバイオティクスは、乳酸菌、 ビフィズス菌などが、ヨーグルトや乳酸菌飲料、整腸薬、サプリメントなどで利用されています。

腸内細菌叢(フローラ) 私たちの腸内には約500~1000種類以上、100兆個もの細菌が棲みついており、この数は、人体を構成する総細胞数(約60兆個)を上回っています。
腸内細菌は、種類によって人体に良い作用をもたらすもの(善玉菌)、悪い作用をもたらすもの(悪玉菌)、どちらにもなるもの(日和見菌)があります。これらのバランスは、一人一人で異なり、同じ方でも、食生活やストレス、医薬品、生活スタイル、年齢などによっても変化します。
一般的に、私たちが健康な時は、善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌等)が優勢な状態でバランスが保たれています。善玉菌は、乳酸や酪酸などの短鎖脂肪酸を生成し、腸内のphを酸性にすることで悪玉菌の増殖を抑えていますが、体の不調、食事や環境の変化、ストレス、加齢などの影響で、悪玉菌(ウェルシュ菌、ブドウ球菌、連鎖球菌等)が増えてくると、このバランスは乱れてきます。

善玉菌の代表格「乳酸菌」 プロバイオティクス(善玉菌)の代表と言えば、「乳酸菌」です。乳酸菌とは、糖を分解して「乳酸」を生産することによってエネルギーをつくる細菌の総称で、多くの種類があり、ビフィズス菌も乳酸菌の一つです。

乳酸菌の働きと問題点 乳酸菌やビフィズス菌は、腸内で乳酸、酪酸を生成します。乳酸や酪酸は、腸管を刺激するため、腸管の蠕動運動が活発になり、便通が促進されます。
乳酸菌のコレステロール低下作用は、乳酸菌が腸管内の胆汁酸やコレステロールを吸着することや、糞便中へのコレステロール排泄量を増加させる働きが関与していると考えられています。
乳酸菌は、医薬品や医薬部外品としても、整腸、軟便、便秘、腹部膨満感の改善目的で使用されています。 但し、乳酸菌は、熱や酸に弱いことが多く、生きたまま腸まで届きにくいことや、製造や保管の過程で生菌数が減少していくなどの問題があり、性能の維持が難しい原料と言えます。また、前述のように、私たちの腸内環境は、一人一人異なるため、自分の腸と相性のよい菌を探すのは、簡単ではありません。そのため、乳酸菌やビフィズス菌は、複数の種類を摂った方がより効果的と言われています。

プロデンティス(L.ロイテリ菌)とは? プロデンティスとは、バイオガイア・ジャパン社が、ヨーロッパの最先端予防医療として注目を集めている「バクテリアセラピー」理論に基づいて作った乳酸菌サプリメントで、熱や酸に強いL.ロイテリ菌を含有しています。


「バクテリアセラピー」とは、薬などを一切使わず、特定のプロバイオティクス乳酸菌の力でヒトの体内に住む約2kgにおよぶ体内常在菌のバランスを健常化し、アレルギーのような免疫系疾患や、虫歯、風邪やインフルエンザ等の感染症にかかるリスクを大幅に下げたり、治療効果を加速する新しい手法です。天然乳酸菌のみを使用するので、未熟児から小児まで健康な子供も、病気を患っている子供も安心して取り組むことができるのが大きな特徴で、ヨーロッパでは小児科を中心に医療現場で積極的に使用されています。

プロデンティスに使用される乳酸菌「ラクトバチルス・ロイテリ菌(Lactobacillus Reuteri)」は、もともとヒトの母乳内に常在し、母乳から子供の体内に入って定住しています。ロイテリ菌は、天然の抗菌物質「ロイテリン」を体内で産生して様々な病原菌やウィルスを殺菌するほか、ヒトの免疫細胞に直接働きかけて免疫システムを活性化していきます。ロイテリ菌は、母乳を飲んで育っている赤ちゃんの強い免疫力を科学していく過程で発見された天然のプロバイオティクス乳酸菌です。

【プロデンティスの使用方法】
疾患名 使用時期 目的 使用方法 主な世代
歯周病 急性期 急性期の早期緩和 抗生剤との併用 全世代
メンテナンス期 再発予防 ブラッシング後 全世代
ムシ歯 メンテナンス期 再発予防 ブラッシング後 母親・子供
口臭 予防 原因菌の調整 ブラッシング後 中高年
歯周病関連
疾患
糖尿病 TNF-αの調整 ブラッシング後 中高年
肺炎 原因菌の抑制 ブラッシング後 中高年
アレルギー IGE抗体の調整 ブラッシング後 新生児~
早産・心疾患・脳卒中・骨粗しょう症 原因菌の抑制 ブラッシング後 妊婦・中高年
矯正・インプラント 治療開始~メンテナンス期 原因菌の抑制 ブラッシング後 全世代
便秘・下痢 予防 腸内フローラの改善 ブラッシング後 全世代
ピロリ 治療中・予防 ピロリ菌の抑制 抗生剤との併用 中高年
花粉症 症状前 症状緩和 ブラッシング後 全世代

プロバイオティクスの可能性 2001年、食糧農業機関(FAO)及び世界保健機関(WHO)の合同専門家会議で提唱されたガイドラインによると、プロバイオティクスが有効な疾患として、次のようなものが挙げられました。

  1. 消化器に関連した疾患
    ・病原菌、ウイルスによる下痢
    ・ピロリ感染症およびその合併症
    ・腸炎および腸症候群 ・がん
    ・便秘
  2. 免疫賦活
  3. アレルギー
  4. 心血管疾患
  5. 泌尿生殖器疾患
    参考:医科プロバイオティクス学 :㈱シナジー

プロバイオティクスは、今後、臨床研究が進むことで、
ますます利用が拡大する可能性を秘めている栄養素といえます。

● 毛髪ミネラル検査


毛髪ミネラル検査はこんな方にお勧めします ・ アンチエイジング(抗加齢、若さの維持・回復、美肌)に関心がある方
・ 生活習慣病(肥満・糖尿病・高血圧など)の予防に関心のある方
・ 好き嫌いの多いお子様
・ サプリメントの効果を確認したい方
・ 受動喫煙のあるお子様
・ お子様の諸問題(キレやすい、多動症、注意力欠如、自閉傾向 など)が気になる方
・ アトピー性皮膚炎で悩んでいる方
・ 自分の身体に必要なサプリメントを知りたい方
・ 妊娠している、または妊娠を考えている方
・ 忙しくて人間ドックを受けることができない方
・ 美容と健康(身体の中からキレイになる)に興味のある方
・ 疲労・ストレスを感じている方
・ 外食が多い方、加工食品をよく食べる方
情報提供:ら・べるびぃ予防医学研究所

良いミネラルと悪いミネラル 私たちの体の96%は、酸素(65%)・炭素(18%)・水素(10%)・窒素(3%)の4元素で構成されています。残り4%のカルシウム・リン・ナトリウム・鉄・亜鉛・銅などの元素を総称して「ミネラル」と呼びます。これらから骨・筋肉・血液等全てのものが作られています。ミネラルにもいろいろな種類がありますが、人間への必須性が証明されているのは16種類です。わずか4%の中に16種類もの必須ミネラルが含まれています。
ミネラルには、その働きから必須ミネラル=良いミネラル有害ミネラル=悪いミネラル(有害金属)の2種類があります。

様々な健康障害に関与する有害金属・必須ミネラル



ミネラルの体内蓄積度を知ることができる毛髪ミネラル検査


Q.なぜ毛髪ミネラル検査が有効なのでしょうか?
毛髪は日々の体内の栄養状態を記録しています。 血液や尿は日々の変動が激しいため、長期的な栄養状態を把握するのに適していません。
※根元に近い部分を検査することによって最近2~3ヶ月の状況がわかります。
※ひとつまみ程度(0.1g)の毛髪で分析します。


Q.毛髪ミネラル検査の費用はいくらですか?
1回 ¥10,000です。
※料金は税抜きで表示しています。別途消費税が必要です。

検査項目

Cd カドミウム, Hg 水銀, Pb 鉛, As 砒素, Be ベリリウム, Al アルミニウム

必須ミネラル
      Na ナトリウム, K カリウム, Mg マグネシウム, Ca カルシウム, P リン, Se セレン, I ヨウ素, Cr クロム
      Mo モリブデン, Mn マンガン, Fe 鉄, Cu 銅, Zn 亜鉛
参考ミネラル
      V バナジウム, Co コバルト, Ni ニッケル, Ge ゲルマニウム, Li リチウム, B ホウ素, Br 臭素

毛髪中に反映されている体内のミネラルバランスを分析することで、現在の身体の状態やミネラルの過不足による身体への悪影響を知り、今後の健康管理・改善に役立てることができます。ミネラルは5大栄養素の一つですが体内では合成できないので、食物やサプリメントで摂取する必要があります。ミネラルバランス測定の結果をもとに、食生活や生活環境を見直し、健康管理や病気の早期発見・予防に役立てましょう。

  • 分析結果表には、主な自覚症状、ミネラル年齢、有害ミネラルレベル、ミネラルバランスの崩れから考えられる症状、あなたに必要なミネラル、献立アドバイス表が含まれます。
  • ミネラル年齢とはアンチエイジング・体内栄養の指標です。
  • 栄養素アドバイス表では、検査結果の総合バランスから見た必要なビタミン・ミネラルおよび1日の所要量を示し、参考となる献立アドバイスにそれぞれのビタミン・ミネラルを豊富に含んだ食品群の紹介があります。

デトックスによるアンチエイジング アンチエイジング(抗加齢療法)とは、細胞レベルで研究することで様々な老化現象を予防しようとする21世紀の新しい医学・健康増進のジャンルです。老化とは、私たちが呼吸で取り入れている酸素の一部が体内で変化した『活性酸素』によって、体内の細胞が『サビる』ことが原因と考えられています。そして、この活性酸素こそが様々な老化現象を起こす真犯人ではないかと考えられています。
『サビる』ことにより新陳代謝を低下させたり、細胞や血管を損傷させ、異常な働きをするようになります。その結果、老化やいろいろな病気を引き起こします。シミやシワなどのほか、ガン・心疾患・動脈硬化・糖尿病・痴呆症・白内障・関節痛といった病気の引き金にもなると言われています。(生活習慣病の90%は活性酸素が原因とされています。)このように身体に悪い影響を与える活性酸素から細胞や血管を守ることを抗酸化作用と言います。この作用には抗酸化物質が必要です。ビタミンC、ビタミンE,各種ポリフェノール、グルタチオン、抗酸化酵素を生産するセレン・亜鉛・銅・鉄・マンガンなどの必須ミネラルが抗酸化物質の代表です。逆に同じミネラルでも有害ミネラルの蓄積は活性酸素の生産を促進します。
有害毒素を体外に排出することをデトックスと言います。デトックスとは、英語で『解毒』という意味であり、体内の有害毒素を排出することで体内浄化を行い、健康増進を行うという考え方です。必須ミネラルやビタミンの中には有害金属を体外に排出する『デトックス』効果のあるものもありますが、現代の食事では、十分なミネラルとビタミンを摂取することが不可能になっています。積極的にデトックスを進めるのであればビタミン&ミネラルの補給以外に、αリポ酸などのサプリメントが非常に有効な働きをしてくれます。
不足しがちな栄養素をドクターズサプリメントで補い、体質改善しましょう!

お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター