HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

妊娠中に起きやすいお口の中のトラブルについて

新しい命を授かり、家族が増えることは大変嬉しいことです。日々変化するお腹の様子を見ながら出産までの日々を過ごす間は、色々気がかりなことも多いでしょう。妊娠すると体の中で様々な変化が起こります。お口の中もそのひとつです。今回は妊娠中に起きやすいお口の中のトラブルについてお話を進めてまいります。

妊娠中はお口の中の衛生環境を保ちにくい

妊娠すると、ホルモンバランスががらりと変わり、つわりに代表されるような様々な不快症状が現れます。それに伴い、衛生環境を保ちにくくなってしまいがちです。

・つわりの影響で歯ブラシを口に入れるのが気持ち悪く、歯磨きができない

・唾液がネバネバして食べかすが残りやすい

・つわりによって胃液が逆流してお口の中が酸性になり、歯が溶けやすい

・つわりや大きくなったお腹で胃が圧迫されて食事の回数が増え、お口の中が汚れやすい

なお昔から妊娠するとお腹の中の赤ちゃんにカルシウムを取られてしまって歯が弱くなると言われていますが、これは誤った情報です。妊娠中はカルシウム不足になりがちなので、普段の食事でしっかりとカルシウムを摂取することが大切です。

妊娠中のお口の中のトラブルについて

お口の中の衛生環境が保ちにくくなると、次のようなトラブルが起きやすくなります。

・ブラッシング不足により汚れが残り、むし歯リスクが高まる・・・つわりなどの影響でブラッシング不足になりプラークが溜まってしまうこと、また唾液の質の変化によりむし歯リスクが高くなります。

・ホルモンバランスの変化により歯ぐきが腫れやすくなる(妊娠性歯肉炎)・・・妊娠するとホルモンバランスの変化が起こり、歯ぐきの腫れや出血といった症状が出やすくなります。これを妊娠性歯肉炎と言い、産後に落ち着きますが、お口の中を不潔なままにしておくと、のちに歯周病へ進行する可能性があります。

・歯ぐきのできもの(妊娠性エプーリス)・・・歯ぐきにできる良性の腫瘍で、産後に自然消滅することがほとんどです。

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

妊娠中の歯周病に要注意!

妊娠中に歯周病になると、早産のリスクが高まってしまいます。歯周病菌が作り出す炎症物質により子宮収縮が起こり、早産を引き起こしてしまいます。早産で生まれた赤ちゃんは必然的に低体重で肺などの臓器が未熟なまま生まれる「低体重児出産」となります。

妊娠中に歯周病になると早産の可能性が5倍と、非常に高い確率となってしまいます。つわりが落ち着いたらお口の中の管理をしっかりと行い、歯周病を予防するよう心がけましょう。

歯周病と全身疾患の関係についてはこちら

 

赤ちゃんのためにも、妊娠中からお口の中のケアをしっかりと行いましょう

妊娠中は様々なトラブルが起こりやすく、その結果は生まれてくる赤ちゃんにも大きく影響してしまうことがあります。新しく迎え入れる家族のためにも、妊娠中からお口の中のケアをきちんと行いましょう。つわりが落ち着いたころにいちど検診を受けておくことをお勧めします。


2020年1月13日 9:01 AM | カテゴリー: むし歯, 歯周病と全身疾患の関係

誕生日の御祝い

こんにちは、服部です!! 今年もにしお歯科で誕生日をお祝いしていただきました。私の誕生日は12月23日なのですが、今年から祝日ではなくなり当日に『おめでとう!』と言ってもらえて、とても嬉しかったです )^o^(
ありがとうございました。


2019年12月28日 5:16 PM | カテゴリー: スタッフブログ

清潔な環境の下で受けるべき歯科治療

歯科医院を選ぶ基準は人それぞれです。治療の腕が良いこと、スタッフの愛想が良いこと、交通の便が便利など、歯科医院を選ぶための基準はたくさんあり、どれを取っても大切なことであることは間違いありません。しかしどれだけ技術が高くてもスタッフが良くても、院内の衛生管理が清潔でなければどうでしょうか。

血液、唾液・・・歯科治療には感染の原因がたくさん!

細菌感染と聞くと、ぱっと思い浮かぶのがインフルエンザや胃腸炎ではないでしょうか。医科において細菌感染は毎日のように起こっています。しかし歯科医院は、意外にも感染の危険が多い医療機関であることをご存じでしょうか。歯科治療では血液や唾液を伴います。お口の中には非常に多くの細菌が存在しており、むし歯菌や歯周病菌などはその代表です。このような細菌が潜んでいる血液や唾液は歯を削るたび、或いは歯石除去を行うたびに周りに飛散しています。当然、使用した器具などにはその飛沫が付着しています。そのためしっかりとした衛生管理が行われていないと、患者様に感染の危険が及んでしまうのです。(細菌が身体に着いたからと言ってすぐに感染症を起こすということではありません。)

 

器具の徹底した滅菌、使い捨ては当たり前

安心して歯科治療を受けていただくためには、徹底した衛生管理が欠かせません。歯を削るタービンやファイルと呼ばれる根管治療の針、歯石除去用のチップなどは、使用後は速やかに消毒、高圧滅菌をして完全に除菌します。また紙コップやエプロン、お顔にかけるタオル、グローブ、フッ素塗布用の歯ブラシなども患者様ごとに新しいものに交換することは当然です。空気清浄器や口腔外バキュームの使用、インプラント治療専用の部屋が設けてあることが望ましく、常に清潔な環境の下で歯科治療を受けていただけるよう心がけることは、歯科医療従事者として当たり前です。

しかし、保険点数が低い為(衛生管理をいくら徹底しても保険収入が変わらない)に今もなお衛生管理をきちんとすることができない歯科医院があることも事実です。タービンやチップは拭いただけ、タオルは一日中使いいっぱなし・・・聞いているだけで寒気がするような環境の下で歯科治療を受けていただくことが、どういうことかおわかりになるでしょうか。

衛生環境に力を入れているかどうかもよくチェックしましょう

滅菌、消毒といった衛生管理に力を入れているかどうかは、歯科医院のホームぺージでチェックできます。滅菌消毒に力を入れている歯科医院では、その様子や取り組みを写真でも紹介しているものです。

またホームページを公開していない歯科医院の場合、ご自身の目で確かめることになります。そのポイントとしては、待合室や院内が明るく清潔感があること、ユニットにタービンなどが差しっぱなしになっていないこと、患者様ごとに使い捨ての手袋を交換していること、そして個室またはパーテーションで仕切ってある半個室があるかどうかなどです。また歯科用チェアーユニットの中のウォーターラインに除菌水を流している医院はかなり清潔レベルの高い医院だと思って間違いないです。

せっかく良い治療を受けても、院内感染を起こしては意味がありません。患者様ご自身も、しっかりとした生成意識を持って歯科医院を選ぶことが大切です。

 

当院の院内感染予防について詳しい内容はこちら

 


2019年12月17日 5:55 PM | カテゴリー: 滅菌と消毒

歯周病と歯槽膿漏、どう違う?

歯磨きをしていたら、歯ぐきから血が出てしまった経験をお持ちの方は多いと思います。今ではむし歯と並ぶほどよく耳にする歯周病は、歯ぐきからの出血がサインとなるため、「もしかして歯周病?それとも歯槽膿漏?」と不安になることでしょう。歯ぐきの腫れと出血を伴う歯周病と歯槽膿漏、どこか違いがあるのでしょうか。

歯周病と歯槽膿漏の違いとは?

最近ではすっかり知れ渡った「歯周病」。歯ぐきから出血するからと歯科医院を受診した際「歯周病ですね」と言われ、「ああ歯周病なんだ。歯槽膿漏じゃないんだ」と変に安心した人もあるそうですが、実際のところ「歯周病」と「歯槽膿漏」は違いがあるのか疑問に思う方も少なからずいらっしゃいます。

歯周病とは「歯を支える歯周組織に炎症が起こる総称」であり、その中にあるのが「歯肉炎」と「歯周炎」です。歯肉炎は歯ぐきの腫れと出血が起こりますが、歯を支える歯槽骨に吸収は起こっておらず、適切なブラッシングで改善することができます。歯肉炎は小中学生など、低年齢層にも頻繁に起こる症状のため、日ごろのブラッシングがとても大切になります。

いっぽう「歯周炎」は、歯肉炎が悪化したもので、歯ぐきの腫れと出血とともに歯槽骨の吸収、歯周ポケット数値の悪化(4ミリ以上)などの症状が出てきます。歯周炎には軽度・中度そして重度と分類され、症状が悪化すると歯が揺れる、膿が溜まるなど色々な悪影響が出てきます。

歯槽膿漏」とは、「中度~重度歯周炎」あたりのことを言い、字の通り「膿が漏れている」状態を言います。つまり歯槽膿漏と言われたら、歯周病がかなり悪化している状態だと判断してよいでしょう。なお今では歯槽膿漏という言葉はあまり使われていませんが、年配の方たちは歯周病よりも歯槽膿漏という言葉のほうがピンとくるかもしれません。

歯槽膿漏、つまり歯周炎が悪化すると膿が溜まり、口臭も強烈なものになります。歯も揺れ動き始めてぐらぐらになり、健康な状態を取り戻すことはかなり難しくなってしまいます。

歯周病と歯槽膿漏は、同じ歯を支える歯周組織に炎症が起こる病気で意味合いは同じです。ただ歯槽膿漏と言われた場合、かなり歯周病が進行している状態と言ってもよいでしょう。

 

歯周病チェックリストはこちら

 

歯周病を放置すると、全身の健康にも影響が

歯周病や歯槽膿漏と診断されたら、歯周病の治療を受けなければいけません。歯石除去やクリーニングなどを行い、歯ぐきの状態を少しでも良くすることで、歯周病の進行を抑制することが可能となります。しかしそのまま放置すると歯が抜けてしまうだけでなく、糖尿病や脳梗塞・認知症など全身の病気のリスクが高まると言われています。また妊婦の場合には早産や流産のリスクが高まると言われています。

歯周病と全身疾患の関係についてはこちら

 

歯周病を悪化させないよう、定期的に検診やクリーニングを受けましょう

歯周病は毎日の歯磨きだけではなかなか予防することが難しい病気です。年齢を重ねるにつれ、歯周病リスクは高まるため、歯周病を悪化させないように、定期検診や予防治療を受けることがとても重要です。

 


2019年12月9日 3:13 PM | カテゴリー: 歯周病

院内セミナー(歯科と栄養とサプリメント)

11月13日(水)株式会社ヘルシーパスの紅林さんにお越しいただき、院内セミナーを開催しました。講義タイトルは、『歯科疾患と栄養、インフルエンザ対策に有効な栄養素』でした。今回は各論的な内容でしたが前回『サプリメントの基礎』の講義を受けていたので、理解しやすかったようです。
 亜鉛不足⇒炭酸脱水素酵素の活性低下⇒PHの低下(唾液の酸性化)→むし歯
ハブラシをいくら頑張ってもむし歯になる人は、一度食生活の見直しをする必要がありますね。


2019年11月25日 2:12 PM | カテゴリー: 未分類

二次カリエスの恐怖

「むし歯治療をしていたけれど、治療が終わったからもう安心」。もしかして、このように思っていませんか?確かに痛みがあった歯を削り、詰め物や被せ物をすることでいったん治療を終えます。しかし、ここからが実は「二次カリエス」という恐怖が始まるです。ではなぜ二次カリエスが怖いのでしょうか。

歯はいちど削ったら再生しない

よく思われるのは、「虫歯は削って詰めて治る」「銀歯になったけど、噛むことができるから良かった」など、むし歯治療が終わったことによる安堵感でしょう。確かにむし歯の痛さや不快感から解放されると、治った!もう大丈夫!と思うかもしれません。しかし、歯を削って治療することは、歯の損失の始まりでもあるのです。

歯は一度削ってしまうと二度と再生しません。削って人工物を詰めた部分から再びむし歯になる「二次カリエス」が、歯を失うきっかけとなるのです。歯は、削らないに越したことはないのです。

なぜ二次カリエスが怖いのか

カリエスとは歯学の専門用語でむし歯を意味し、「二次カリエス」とは、むし歯の再発を言います。患者さんにはあまり二次カリエスと説明はされないですが、むし歯が再発してしまってますね、というような言い方で伝えられると思います。

二次カリエスは、歯を削って詰めた部分、被せた部分が年数を経て少しずつ劣化し、セメントが溶けだしてわずかな隙間が生じます。そこへ虫歯菌を含んだ唾液が入り込むことで少しずつむし歯が広がります。症状としては、詰めたレジンが欠けた、金属の詰め物や被せ物が取れてしまったなどがあります。また痛みやしみるといった、むし歯特有の症状が起きることで気付くこともあります。

内部で広がったむし歯は、治療が必要です。以前よりも広く歯を削り、詰めたり被せ物を被せる治療を行いますが、歯を削ることで歯質が薄くなります。二次カリエスの治療を行った歯は、また何年後かに同じような症状が起きやすいため、再治療が必要となります。再治療を繰り返すたびに歯はどんどん薄く小さくなり、最終的に歯を残せなくなる可能性が高くなってしまう可能性が高くなります。

これが、二次カリエスの怖さなのです。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

できるだけ二次カリエスのリスクを抑えるためには?

二次カリエスを完全に排除することは非常に難しく、絶対を約束するものはありません。もちろん、いちど治療した歯が絶対に二次カリエスになるのかというと、必ずしも再発するわけではありません。しかし、いちど歯を削った時点で様々なリスクを背負うことになります。

二次カリエスをできるだけ防ぐためには、定期検診が大切です。定期検診で歯のクリーニングなどを受けることで自分では取り切れない汚れやプラークを落とし、むし歯が作られにくい環境を整えます。またむし歯治療の際の素材選びもポイントです。保険適用の金属よりも接着性がよく、プラークが付きにくい自費の素材のものを選ぶことで、二次カリエスのリスクがやや低減されると考えられます。

当院の審美に関する内容はこちら

 

二次カリエスにならないよう、またむし歯にならないよう口腔内環境を整えることを意識して過ごしましょう。

 


2019年11月20日 7:51 PM | カテゴリー: むし歯, 保険と自費

歯が揺れ始めてしまった・・・もう手遅れ?

今までむし歯知らず、これまで歯医者なんてかかったことがなかったことが自慢だったのに、最近歯が揺れ動き始めた・・・。こんな症状を訴える方は決して少なくありません。意を決して歯科医院を受診した結果、歯周病と診断されてショックを受けてしまうことでしょう。では歯周病によって歯が揺れ動き始めたら、もう抜けるのを待つしかないのでしょうか。

 

気づけば歯がグラグラ・・・これが歯周病の怖さ

歯周病は、痛みがサインであるむし歯と違い、痛みはあまり感じません。歯周病の主な症状は歯ぐきの腫れと出血ですが、これは歯肉炎でも起こります。ちょっと歯ぐきが腫れてるけど痛くないし、すぐ治るだろう・・・とそのまま放置した結果、歯周病が進行し、痛みや歯の揺れなどの症状が出てきたときは、歯周病はかなり進行した状態です。歯周病の怖さは、痛みをあまり感じないまま症状が進行してしまうことです。歯ぐきの腫れや出血以外に、口臭がきつくなった、膿が出始めた、歯がグラグラするといったような症状が見られる場合、歯周病がかなり悪化しているサインです。歯周病は一本の歯だけに起こるわけではなく、お口の中全体の症状が起こります。そのため気が付かないまま症状が悪化し、気が付けば歯がぐらぐらで抜け落ちてしまった、などのいう結果を引き起こすのです。

 

歯が揺れ動き始めたら、もう諦めるしかない?

歯がグラグラと動き始めると、もう歯を残すことができないんじゃないか、と心配なさることでしょう。しかしまだあきらめるのは早いです。多少の揺れ方なら歯石除去を行い、これまで蓄積されてきたプラークや歯石除去を行って、歯ぐきの状態を改善することが可能です。歯槽骨の吸収が著しく、どうしても歯を保存することが難しいケースでは残念ながら抜歯となってしまいますが、多少の揺れの場合、歯周病治療を行うことで歯を保存することが十分可能です。まずはご家庭での丁寧なブラッシングと、歯科医院による歯周病治療をしっかりと行いましょう。歯石を取り除くことで歯ぐきが締まり、歯の揺れの進行を抑制することが期待できるため、諦めずにますは治療を受けることが大切です。いちど揺れ動き始めた歯を元に戻すことは難しいですが、症状を抑制し、現状維持に努めることで歯を長持ちさせることも可能な場合があります。

 

歯周病治療について詳しい内容はこちら

 

 

しかし歯医者通いは面倒くさい、抜けても気にしないなどとご自身のお口の中のことに関心が薄いと、歯周病はどんどん悪化し、最後には全て抜け落ちてしまう、抜歯となる可能性が濃厚なため、「もしかして歯周病・・・?」と思われるような症状が気になる場合、早めに歯科医院で診てもらうようにして下さい。

 

歯周病チェックリストについてはこちら

 

 


2019年11月7日 4:26 PM | カテゴリー: 歯周病, 歯周病と全身疾患の関係

藤野さんBD

こんにちは! 藤野です。 今年も院長ならびにスタッフの皆さんに誕生日の御祝いをしていただきました。家族のように温かい皆さんに祝っていただけて毎年感謝の気持ちでいっぱいです。誕生日の11月3日(文化の日)は1年のうちで晴れる確率が2番目に高い日だそうです。私も晴れた青空のように爽やかな気持ちで、また1年頑張ろうと思います(^o^)


2019年11月5日 8:50 AM | カテゴリー: スタッフブログ

歯が抜けたままにしておくとどうなる?

誰でも大切な歯を失いたくはないものですが、不幸にも歯を失ってしまった場合、速やかに噛む機能を取り戻すための治療へと進む必要があります。ところが中には「歯が一本抜けたところで問題はない」とそのまま放置する方もいらっしゃいます。では抜けた部分を補わずにそのまま放置すると、どのような問題が起こるのでしょうか。

 

歯を失ってしまう原因とは

歯を失ってしまう原因は様々です。では歯を失う原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

・むし歯・・・虫歯菌によって歯が溶けてしまう病気です。いちど歯が溶け穴が開き始めると、自然治癒は見込めません。そのまま放置すると歯冠(見えている部分)はすっかり溶け、根っこだけになってしまいます。根っこだけになった歯は土台を立てることができないため、抜歯となります。

・歯周病・・・歯周病菌によって歯を支える歯周組織に炎症が起こる病気です。歯ぐきの腫れと出血が主症状ですが、むし歯のような痛みをあまり伴わないため、気が付けば顎の骨が吸収されて歯を支えられなくなり、抜け落ちるか抜歯となります。

・事故などのアクシデント・・・不幸にも交通事故などで口元を強く打ってしまった場合、歯や根っこが折れてしまうことがあります。根っこにヒビが入ると歯を保存するのが難しく、保存できないと判断された場合、歯を抜かなければならなくなります。

 

歯周病ちぇっくはこちら


2019年10月25日 7:24 AM | カテゴリー: インプラント, 入れ歯

むし歯は早期治療と予防が大切!

年齢や性別を問わず、お口の中で起きるトラブルで最も多いと思われるのが、むし歯です。むし歯は、虫歯菌による感染症で、虫歯菌が出す酸によって歯が溶ける病気で、症状が進行すると歯が全て溶けて、根だけになってしまいます。むし歯によって歯を失わないためには、早期治療と予防が欠かせません。

 

むし歯の原因について

「甘いものばかり食べているとむし歯になるよ」。幼いころにこのようなことを言われた記憶はありませんか?確かに砂糖をたくさん含んだ甘いものを食べすぎることは、むし歯の大きな原因となります。虫歯菌は砂糖が大好きで、砂糖を栄養源として酸を作り出し、歯を溶かしてむし歯を作り出します。

しかし、必ずしも甘いものだけがむし歯の原因ではありません。いくつかの要因が重なることでむし歯になってしまうのです。砂糖以外の要因とは主に次の事が挙げられます。

・砂糖を含む飲食物の摂取時間

・虫歯菌の数

・歯の質

・唾液の分泌量や質

このような条件が重なると、むし歯が作られてしまうのです。むし歯予防の基本は毎日の歯磨きですが、毎日頑張って歯を磨いてもむし歯になってしまう人は、根本的な原因を取り除く必要があると言えるでしょう。

 

早い段階で治療をすることが大事

むし歯の初期症状は、甘いものや冷たいものがしみることです。また歯の色が茶色く変色していることで、むし歯を発見することもあります。この段階で治療を受けておくと、歯の神経を取らずに済む可能性が高くなります。多くの場合、歯を削ってレジンという白い樹脂を詰めて治療を行いますが、数年後には詰めたレジンの部分が膨張・収縮により劣化し、そこから再びむし歯になる二次カリエスのリスクを伴います。

一方ドックベストセメント療法という治療では、歯を最小限に削り、ドックベストセメントを塗ることで虫歯菌を無効化して再石灰化させる新しい治療法です。ドックベストセメントによる治療は二次カリエスになりにくいというメリットがありますが、神経まで達してしまったむし歯には適用できません。

 

当院のドックベストセメント治療についてはこちら

 

むし歯にならないためには予防治療が最も重要です

むし歯になったかも・・・と自覚症状を感じた頃には、虫歯は既に進行しています。早期治療が大切と述べましたが、本当に重要なことは、むし歯にならないために定期的に予防治療を受診することです。予防治療を受けておくことで歯や歯ぐきの健康を維持し、早期発見にも繋がります。歯はいちど削ると常に再発のリスクを背負います。異常がなくても半年に一度は予防治療や定期検診を受診し、歯の健康維持に努めましょう。

 

当院のむし歯治療についてはこちら

 

 

 


2019年10月12日 9:31 PM | カテゴリー: むし歯, ドックベストセメント



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター