HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

被せ物は、絶対自費のほうがいいのですか?

神経まで進行してしまったむし歯の場合、根の治療を終えた後に土台を立てて被せ物を被せます。この被せ物には保険適用のものと自費のものがありますが、絶対に自費のほうが良いのでしょうか。

保険と自費の違いは、素材と費用だけ?

むし歯になり、被せ物が必要になった場合、素材に迷うことがあります。保険適用のものは費用が安いというメリットがあります。しかし保険治療の場合、使用できる素材が限られています。目立つ前歯は表側が白いレジン、裏側が金属になります。4,5番目の小臼歯では、CAD/CAM冠という白いハイブリッドセラミックが選べますが、歯を削る量が多い場合、強度の面から銀歯になってしまうことがあります。また奥歯の場合、保険では銀歯になります(条件付きで下顎の6番目の歯にCAD/CAM冠が適用できるようになりました)。

自費素材は、セラミッククラウンやジルコニアセラミッククラウン、e-maxなど色々な種類があり、セラミックの種類によって適している部位はあるものの、いずれも部位の制限はありません。審美性に優れていることは誰もが知るところであり、自費素材ゆえに高額費用であることも、よく知られています。

では保険と自費の素材の違いは、素材と費用だけでしょうか。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

二次カリエスのリスクが低いのは自費素材

結果から言えば、保険素材よりも自費素材のほうが二次カリエスのリスクは低くなります。と言うのも、歯と補綴物の接着方法と接着性が異なるからです。自費のセラミックの補綴物は歯との密着性がよいため、細菌が入り込みにくく、二次カリエスになりにくいと報告されています。保険の素材は表面がザラザラしておりプラークがつきやすいこと、歯との接着性がそれほど良くないため、唾液によってセメントが流れ出しやすく、虫歯菌が入り込んで補綴物が浮き上がってしまいやすくなることから二次カリエスリスクが高くなります。

審美面だけでなく、耐久性から考えても自費素材のほうが長持ちはすると言えます。

当院の審美について詳しい内容はこちら

 

お口の健康を維持する環境が大切

自費素材だから絶対にむし歯が再発しないという保証は残念ながらありません。むし歯リスクを低減できても、ゼロと断言はできないのです。むし歯治療後で大切なことは、むし歯の再発を防ぐことです。歯はいちど削ると常に再治療のリスクを背負うことになります。というのも、どれほど精密に修復しても、天然歯には適わないからです。例えば部屋の壁紙を想像してみて下さい。壁紙の一部が破れたり剥がれてしまったら、接着剤をつけたり、同じ素材や模様のものを張り付けたりしますよね。しかし何年か後に、修復した部分が再び剥がれてしまい、また修理が必要になる・・・歯の治療も似ています。修復物は修復物です。大切なことは、治療した歯が再びむし歯にならないよう、常にお口の環境を整えることです。そのためには定期検診は欠かせません。ご自身の歯を長持ちさせるためにも、普段からお口の中のケアは入念に行い、定期検診は必ず受けるようにしましょう。

 

 

 


2020年5月18日 9:09 AM | カテゴリー: 保険と自費, 歯科材料

歯周病は何歳から?子どもは歯周病にならない?

歯周病は、今では生活習慣病と位置付けられ、歯周病用の歯磨き剤のCMを見ない日はありません。歯周病の主な症状は歯ぐきの腫れと出血です。この症状は子どもにも見られますが、子どもは歯周病にならないのでしょうか。また歯周病とは何歳からなるものなのでしょうか。

歯周病は、歯を支える歯周組織に起こる炎症の総称

昔は「歯槽膿漏」と呼んでいた症状を、今は「歯周病」と表現することがほとんどです。歯周病とは、歯を支える組織、つまり歯ぐきや歯根膜、そして歯槽骨などに起こる炎症のことを言い、歯肉炎と歯周炎に分けられています。歯肉炎は、歯ぐきに起きる炎症で、歯ぐきの腫れと歯磨き時の出血を伴います。

いっぽう歯周炎は、歯肉炎が悪化して歯を支える歯槽骨に吸収が見られる症状を言います。歯周炎には軽度歯周炎、中度歯周炎そして重度歯周炎に分けられます。軽度歯周炎は歯ぐきの腫れや出血、歯周ポケット数値が3ミリ程度と歯肉炎が少し進行した状態で、適切なブラッシングと歯石除去、クリーニングで十分改善が見込めます。

中度歯周炎になると、歯ぐきの腫れと出血に加え、歯周ポケット数値が4~5ミリと数値が上がります。炎症が少しずつ歯槽骨へ広がっており、歯ぐきが下がってきます。また口臭がきつくなるなど、自覚症状が少しずつ出始めます。歯が揺れているかどうかを測る「動揺」という検査でも、少し揺れが確認できるなど、症状が悪いほうへと進んでいることがわかります。

そして重度歯周炎まで症状が悪化してしまうと、歯ぐきが腫れて痛みを感じ、噛むことが辛くなります。歯周ポケット数値は8ミリ以上と、かなり高い数値になってしまいます。中には12ミリなど、目を疑うような数値の方もいらっしゃいます。ここまでくると歯槽骨の吸収がかなり進み、歯を支えることが困難な状態になります。指で触っても歯がグラグラしているのがわかり、他人からは「口臭がひどい」など指摘されるようになります。これは炎症を起こした歯ぐきに膿が溜まり、悪臭を放っているからです。この状態を「歯槽膿漏」と言い、残念ながら歯を残すことは非常に難しくなります。また歯周炎は全身の健康にも悪影響を与えるとも言われており、健康面から考えてもリスクが高い病気だと言えるでしょう。

歯周病について詳しい内容はこちら

子どもは主に歯肉炎、20代から歯周炎に進行することも

一般的に、お子さんは歯周炎まで進行することはあまりありません。しかし歯ぐきの炎症は比較的低年齢から見られます。これは歯や歯ぐきの境目に付いた汚れがきちんと落とせていないことから、歯ぐきが腫れてしまうのです。思春期のお子さんは特に「思春期性歯肉炎」という、主にホルモンバランスの影響によって歯肉炎が起きやすい状態となります。歯肉炎の場合、適切なブラッシングと歯科医院での定期的なクリーニングにより改善することができます。

しかし成人になると、歯周炎のリスクが少しずつ高まります。早い方は20代で歯周病、つまり歯周炎と診断される方もいらっしゃいます。いちど歯周炎になると改善することはなかなか大変です。年齢を重ねるにつれ、歯周炎のリスクが高くなり、気が付けば歯がなくなっていた、なんてことになりかねません。

歯周病チェックリストはこちら

 

基本的にお子さんは歯肉炎で治まることがほとんどですが、年齢が上がるにつれ、だんだん歯周病のリスクが高くなります。年齢に関係なく、お口の中を常に清潔にしておくことが何よりも大切です。

 


2020年5月8日 8:55 AM | カテゴリー: 歯周病, 歯周病と全身疾患の関係

口腔ケア用次亜塩素酸水(POICウォーター)

次亜塩素酸とは殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電気分解することにより得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液です(厚労省HPより)。

現在消毒用アルコールの不足のため代用品としてしばしばネットなどに登場するのが次亜塩素酸ナトリウム水溶液(ハ〇ターなど)の希釈物ですが、これは次亜塩素酸水とは全く別物で使用方法を誤ると体調を崩すことがありので要注意です。

当院で扱っている次亜塩素酸水(POICウォーター)は、純水と高純度の塩を電気分解して製造された体に安全な水溶液です。口の中に入れても安全です。POICウォーターを10ml程度口の中に含みグチュグチュとゆすぐことで口の中のたんぱく汚れがなくなり、その後歯周病菌や虫歯菌を退治してくれます。定期健診で歯石除去をすることはとても重要ですが新型コロナウィルスによる肺炎が流行している現在ではなかなか歯科医院に行くことができませんよね。そのような場合のためにPOICウォーターを家の中で使ってもらえれば口腔内を常に清潔にすることができ、ウィルスに対する抵抗力も上がるということになります。POICウォーターは口腔ケアだけでなく20~30倍に希釈してスプレーでドアノブや下駄箱に噴霧してもらう使い方もできます。消臭効果もあります。

当院の患者さんの場合、受付に来てもらえれば次亜塩素酸水(POICウォーター)をお渡しすることができます。容器が空になった場合は、中身だけを足すことができます。
・500mlボトル:販売価格(1本)3,000円(税別)
・詰め替え:販売価格(1本)2,000円(税別)


2020年4月23日 12:44 PM | カテゴリー: お知らせ, 口腔から全身の健康へ

体の健康を維持するためには、まずしっかり噛めること

コロナウイルスが猛威を振っており、日常生活において心配な毎日が続いています。インフルエンザなど他のウイルスもそうですが、ウイルス感染のリスクを低減するためには物理的なウイルス対策はもちろんのこと、抵抗力をつけておくことが非常に重要です。その基本になるのが「食べること」であり、しっかり噛める口腔内環境にあることが何よりも大切なのです。あなたのお口はしっかり噛める環境ですか?

よく噛めない原因その一・・・むし歯

むし歯になるとまず歯が痛くなります。痛くなると噛んだり飲んだりすることが辛くなり、食事に影響が出てしまいます。

むし歯の症状は、少ししみる程度から激痛まで様々で、症状に応じた治療を行うことで噛む機能を改善できます。当然、早期発見と症状が悪化してから治療をするのとでは、歯が残る量や、歯の予後も大きく違ってきます。またむし歯をそのまま放置すると歯がすっかり溶け、根っこだけになってしまいます。この状態では土台を立ててクラウンを被せる治療はできず、ほとんどの場合抜歯になります。入れ歯やブリッジなどで噛む機能を回復させる治療は歯を抜いてしまうと、よく噛めなくなります。このように、むし歯になることでよく噛めなくなってしまうことがまず挙げられます。

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

よく噛めない理由その二・・・歯周病

歯周病になると、まず歯ぐきが腫れてきます。歯そのものが痛いわけではないので、食事にそれほど苦痛を感じない方もいらっしゃいますが、そのまま放置すると、歯周病菌によって歯を支える組織が影響を受け、噛むたびに痛みを感じるようになります。むし歯の痛さとは少し違うため、歯周病とは思わずに過ごしてしまうと症状がどんどん悪化してしまいます。その結果歯槽骨が吸収され、歯がグラグラになって噛めなくなってしまいます。最終的に歯が抜けてしまうか、保存不可で抜歯になってしまいます。

さらに歯周病のやっかいなところは、一本の歯だけに症状が起きるむし歯と違って、歯を支える組織全体に症状が出るため、一本の歯だけでは済まないところです。歯周病と診断された場合、顎の骨が吸収されて薄くなっており、他の歯も歯周病の症状が出ていることがほとんどです。

歯周病によって歯を失ってしまうと、当然噛むことが辛く、食事に影響が出てしまいます。

 

歯周病チェックリストはこちら

 

むし歯や歯周病からお口の健康を守ることは、強い体を作る基本です

食べることは、健康な体作りの基本です。そのためにはむし歯や歯周病からお口の健康を守り、よく噛めるお口の中の状態を維持することがとても大切です。病気に負けない体づくりのためにも、お口の中の健康維持に努めましょう。

 


2020年4月20日 7:18 AM | カテゴリー: 口腔から全身の健康へ, 歯周病と全身疾患の関係

新型コロナウィルス感染対策

■■■当院での新型コロナウィルスの感染対策■■■

・常時窓を開けて自然換気および2系統の強制換気システム作動

・患者様の来院時は入口で手指のアルコール消毒をしてもらいます。

・患者様には熱はないか体調は問題ないか問診しております。

・治療前は、次亜塩素酸水(POICウォーター)でうがいをしてもらい、口の中を除菌してから治療しております。

・治療に使う水はエコシステム(連続除菌治療システム)で生成した除菌水(次亜塩素酸水)を使用しています。

エコシステムで診療やケアの最中におこるエアロゾル(飛沫)の無害・無毒化をしています。

・治療時間は基本的に15分以内にしています。待ち時間は以前と同じくほとんどありません。

・次亜塩素酸水を専用の噴霧器で噴霧して空間除菌をしています。

・手の触れるところは、こまめにアルコール消毒しています。

・パウダーコーナーには手指消毒用のアルコールジェルとウェットティッシュを設置しています。


2020年4月13日 3:31 PM | カテゴリー: お知らせ

歯科における金属アレルギーとは?

指輪やネックレス、ピアスなどの貴金属を身に付けたときに、皮膚に赤みや痒みなどの症状が起こった場合、金属アレルギーが疑われますが、歯科でも金属を使った素材が治療に使われることがあります。その際、歯科素材による金属アレルギーが起こることがあります。今回は、歯科治療における金属アレルギーについてお話いたします。

歯科治療における金属アレルギーの症状とは?

歯科治療で使われている金属には、金銀パラジウム合金といういわゆる「銀歯」をはじめ、アマルガム、入れ歯のバネや金属床、歯列矯正の装置など様々なものがあります。貴金属の場合、身に付けている場所に赤みなどの症状が見られますが、歯科治療の場合、必ずしも金属が使われている部位に金属アレルギーが起きるとは限りません。口腔内で起こる症状の他に、皮膚や全身の症状に現れることがあります。口腔内の場合は粘膜が赤くなる、ただれるといった症状が見られます。そして歯科治療の金属素材におけるアレルギー症状は、皮膚の湿疹やアトピー性皮膚炎のような症状が出ることがあります。

加えて頭痛や肩凝り、腰痛などの不定愁訴が起こることもあります。内臓などに問題がないのにこのような不定愁訴に悩まされる場合、お口の中の歯科素材が問題を引き起こしている可能性があります。

その他にも脱毛症掌蹠膿疱症など、全身の不調が金属アレルギーによって引き起こされることがあると言われています。

なぜ歯科素材が金属アレルギーを引き起こす?

金属は、水分があると金属イオンとなって溶けだしてしまいます。溶けだしたイオンは体内に蓄積され、許容範囲を超えてしまうとアレルギー反応となって起こることがあると言われています。

金属アレルギーの改善、予防とは

では歯科治療による金属アレルギーが起きた場合や、金属アレルギーを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。

まず、お口の中にある金属素材を取り除き、金属を使わない素材で治療することが第一の改善策です。銀歯やアマルガムが使われていた場合、慎重に除去してレジンやセラミックなど、金属を使わない素材で再治療を行います。

また新たに治療箇所ができてしまった場合も、銀歯を選択せず、セラミックなどの非金属素材を使った治療を行うことで金属アレルギーを防ぐことができます。

 

当院の審美治療について詳しい内容はこちら

 

入れ歯の場合、金属を使わない入れ歯があります。矯正治療ではメタルブラケットではなく、セラミックブラケットとホワイトワイヤーにすることで金属アレルギーを起こす可能性が限りなく低くなります。またマウスピース矯正なら金属を一切使っていないので、より安心です。

このように、歯科素材が金属アレルギーを引き起こしている場合、金属を使わない治療を行うことで症状を改善することができます。何となく調子が悪い、お口の中の金属が気になるといった方は、いちど歯科医院に相談してみて下さい。
金属アレルギーによる症状は歯科治療だけで改善しないことも多々あります。皮膚科(金属アレルギー検査など)や耳鼻咽喉科(上咽頭炎の検査など)に相談することも大事です。

当院のマウスピース矯正について詳しい内容はこちら

 


2020年4月6日 9:54 AM | カテゴリー: 口腔から全身の健康へ, 金属アレルギー

口腔内の状態に合った歯磨き剤で、お口の健康を維持しましょう

歯とお口の健康を守る基本は、毎日の歯磨きです。歯磨き剤には本当に様々な種類があり、歯科医院やドラッグストアだけでなく、通販やバラエティショップなど色々な場所で手に入れることができます。しかしあまりに種類が多すぎて、どの歯磨き剤を選べばよいのかわからなくなることはありませんか?大切なことは、お口の症状に応じた歯磨き剤を選ぶことです。今回は、歯の健康と歯磨き剤に着目してみました。

口腔内の細菌の種類によって状態が変わります

お口の中には非常に多くの細菌が棲みついています。これらの細菌が、特にお口の健康に悪影響を与えないものもあれば、重篤な症状を引き起こしてしまうものもあります。後者の代表は、むし歯と歯周病です。どちらも細菌による感染症です。むし歯は酸により歯が溶け、歯周病は毒素によって歯を支える組織に炎症が起きてしまいまいますが、どちらの細菌が多いかによって、どちらになりやすいのかがある程度把握することが可能です。

つまり虫歯菌の数が多いとむし歯になりやすく、歯周病菌が多いと歯周病リスクが高まると考えられるのです。

 

当院の歯周病治療について詳しい内容はこちら

 

予防治療や定期検診で、どちらのリスクが高いかを把握することができる

では自分はどちらのリスクが高いのだろう?とお思いになることでしょう。もちろんむし歯と歯周病、どちらにも気を付けてケアをしておかなければいけませんが、ご自身が抱えるリスクを把握しておくと、それに応じた歯磨き剤を選んで使うことで発症リスクを低減することができます。

それには予防治療や定期検診が最も有効です。歯科医師や歯科衛生士がお口の中を実際に診ることで、お口の中の状況を把握することで適切なアドバイスをもらうことができます。例えば「○○さんは歯周ポケット数値は浅いけど、歯の表面が白く濁って虫歯になりかけているので、どちらかと言えばむし歯リスクの方が高いかもしれませんね」と言われた場合、歯周病予防の歯磨き剤よりも、フッ素が含まれている歯磨き剤を使うほうが、その患者さんのお口の状態に合ったケアができるという事になるのです。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

ご自身の状態に合わせて歯磨き剤を選び、お口の健康を維持しましょう

むし歯と歯周病、どちらも適切な処置と予防を行わなければ、歯を失ってしまう可能性が高いことはよく知られています。そのため、お口の中の状態に応じたケアを行うことがむし歯や歯周病を防ぎ、お口の健康を維持することができるのです。

数ある歯磨き剤の中からご自身の状態に応じたものを選び、お口の健康管理を行いましょう。どんな歯磨き剤を選べばよいか迷うときは、かかりつけ医に相談してみるとよいでしょう。


2020年3月22日 8:15 AM | カテゴリー: むし歯, 歯周病

祝退職 武下先生

土曜日に非常勤ドクターとして診療をしていました武下です。この度3月14日(土)をもちましてにしお歯科を卒業することとなりました。平成23年6月からにしお歯科に勤務してあっという間に9年が経過しました。院長はじめスタッフの皆様に色々と教えていただき、附属病院では接することのない子供の診療もたくさん経験させていただきました。また子供から大人の矯正治療、ストリークレーザー治療も勉強できたことは自分にとっては非常にプラスになっています。子供の矯正は床矯正・SH療法・3D矯正と付属病院の矯正科では扱っていない装置を診ることができセミナーに行くことなく院内で勉強することができました。附属病院ととの一番の違いは、一つの治療を15~20分程度で終わらせないといけない点です。最初はとまどいましたが、技術の向上とともにスピードもアップすることができ付属病院での診療にも大いに役立てることができました。皆様ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。


2020年3月16日 4:45 PM | カテゴリー: スタッフブログ

よく噛むことの大切さ

よく噛んで食べることによる効果は、ただ単に食事を美味しくいただくことだけではありません。よく噛むことは体の健康だけでなく、脳の活性化にも大きな影響を与えます。今回は「よく噛むこと」に焦点を当ててみたいと思います。

よく噛まないと、どんな影響が出る?

・消化不良を引き起こす・・・昔はよく「30回は噛むようにしなさい」と言われたものです。よく噛むと唾液がたっぷりと分泌され、噛んですり潰した食べ物と混ざりあって、胃へと送り込まれます。しかしよく噛まないと唾液が十分に分泌されず、丸飲みに近い状態で飲み込むことになります。特に繊維質など噛み応えのある食材は、2、3回噛んだだけでは十分にすり潰されず、形が大きく残ったまま飲み込むことになります。よく噛まないで飲み込むと、消化不良の原因になってしまいます。

・脳の活性化を妨げる・・・よく噛むことで、脳に刺激が伝わって脳の働きを活性化させます。しかしよく噛まない、あるいは歯が抜けてしまった、総入れ歯で噛みにくいなどといった状態が続くと、脳が活性化されず、認知症などを引き起こすリスクが高まると言われています。

・メタボなど生活習慣病になりやすい・・・よく噛むと、満腹感を得ることができます。そのため食べ過ぎを防止し、肥満になりにくい体質を作ることが可能となります。しかしよく噛まずにかき込むように食べ物を次から次へとお口の中へ入れていると、満腹感を得ることができません。その結果、いつまでも食べ続けることになり、メタボになってしまう恐れがあります。よく噛んで食べることは、肥満防止に非常に有効なのです。

・集中力に欠ける・・・脳の活性化に関連することですが、よく噛むと記憶力や集中力がアップし、能力以上の力を発揮する事ができます。しかしよく噛まない、だらだら食べることで脳が刺激を受けずボーっとしてしまい、集中力に欠けてしまいます。

・唾液が分泌されにくく、むし歯リスクが高まる・・・よく噛むと唾液がたくさん分泌され、お口の中の細菌が唾液で流されて胃に入ります。ところがあまり噛まずに食事を行うと唾液の分泌量が減り、むし歯リスクが高まります。

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

しっかり噛むことは、体の健康の基本です

最近ではファストフードや手軽に食べられるジャンクフードが主体となり、あまり噛まずに飲み込んでしまう傾向が強くなっています。その結果、ボーっとして集中力に欠けたり、すぐキレてしまうお子さんが増えたりと、マイナス要素ばかりが目につきます。

またむし歯だけでなく、体の健康にも影響が出てしまいます。よく噛んで食べることは、脳の働きを活性化させ、体の健康へと導きます。しっかり噛むことを意識することがとても大切です。また、歯が抜けたままの状態で歯しっかり噛むことができません。歯が抜けてしまったら放置せず、すぐに歯科医院を受診して下さい。

当院の入れ歯治療についてはこちら


2020年3月13日 7:49 AM | カテゴリー: むし歯, 口腔から全身の健康へ

スタッフ誕生日のお祝い

こんにちは、スタッフの米澤です。 先日は誕生日ということで院長はじめスタッフの皆さんがお祝いをしてくださいました。春の訪れを感じる素敵なお花をいただき、心が温かくなりました。春はもうすぐそこまできているんですねぇ・・・。

桜の蕾も膨らんできていますし、開花が楽しみです!!
今年一年も充実した日を過ごせたらと思います。


2020年3月11日 8:38 AM | カテゴリー: スタッフブログ



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター