HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

痛みをほとんど感じずに症状が進行する歯周病

虫歯と並んで、歯を失う2大原因のひとつである「歯周病」。かつては歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていた歯周病は、若い人でも罹患しており、そのままにしておくと将来歯を失いかねません。歯周病の怖いところは、いたみをあまり感じないまま症状が進行してしまうことです。あなたのお口の中は大丈夫でしょうか?

成人の80%が罹患していると言われている歯周病

「歯槽膿漏」と聞くと、中高年の方だけが罹患しているイメージがあるかもしれません。そのため若い世代の方にとっては「歯槽膿漏って何?自分には関係ない」と思われることでしょう。

しかし歯周病は、成人の約80%が罹患していると言われており、30代といった若い世代の方でも歯周病が進行しているケースは実に多いのです。歯周病の怖さがクローズアップされるにつれ、毎日歯周病予防の歯磨き剤のCMが流れるほど、歯周病は身近な病気であり、決して高齢者だけの病気ではないのです。

 

虫歯との違い

しかし、虫歯に比べると緊急性がないため、歯周病が進行していても気付いていない方は実に多いのが現状です。虫歯は痛みを伴うため、すぐにでも診てもらいたい!と思われがちですが、歯周病はそれほど痛みを伴わないため、気付いたときにはもう手遅れの状態まで症状が進んでしまっているケースも決してめずらしくはないのです。

虫歯は歯そのものが溶けるのに対し、歯周病は歯を支える顎の骨が溶けていきます。虫歯菌が作る酸は歯を溶かし、炎症が神経まで進むと激しい痛みを伴います。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

いっぽう歯周病は、歯ではなく歯ぐきや歯槽骨といった歯周組織に炎症が起こります。歯周病菌が出す毒素は歯ぐきに腫れや出血を引き起こしますが、この状態では実は痛みはそれほど感じないのです。「何となく歯ぐきが腫れているかな?」といった程度で、神経まで達した虫歯と比べると、我慢できないほどの痛みではありません。

ここに、歯周病の落とし穴があるのです。虫歯のように強い痛みを感じたら、すぐに歯科医院を受診するでしょう。しかし歯ぐきの腫れ程度なら・・・と、つい放置してしまいがちなのが、歯周病なのです。

歯周病が進行しているにもかかわらず、痛くないからと歯科医院を受診せずに過ごしていると、やがて歯槽骨が少なくなり、歯を支えることができなくなるため、最終的に歯が抜け落ちてしまうか、保存不可で抜歯となってしまうのです。

また歯周病は、虫歯と違って一本の歯だけに症状が起こるわけではありません。歯周病になると、お口全体の健康が損なわれてしまいます。その結果、一本の歯だけでは済まなくなってしまいます。

当院の歯周病治療について詳しい内容はこちら

 

定期的な歯石除去やクリーニングが、歯周病からお口の健康を守るコツ

歯周病で大切な歯を失わないためには、定期的な歯石除去とクリーニングを受けていただくことです。毎日の歯磨きだけでは落としきれないプラークや歯石は、歯科医院でないと取ることができません。定期的にクリーニングを受けることが、お口の健康維持の最も大きなポイントです。

少しでも異変を感じたら、すぐにかかりつけの歯科医院で診てもらい、毎日のケアを見直すことが大切です。そしてきちんと定期検診を受けることが、歯周病予防の最大のコツなのです。

 


2019年7月18日 7:33 AM | カテゴリー: 歯周病, 歯周病と全身疾患の関係

予防治療を受けることで得る経済的なメリットとは?

「痛くもないのに歯医者に行くと、余計なお金がかかる」「歯医者に行くと、我が家の経済事情が圧迫される」・・・。こんなふうに思ってはいませんか? 確かに歯医者は歯や歯ぐきが痛くなった場合に受診しますが、歯を守る予防治療は、お金を払う意味がないから行かない、と解釈する方もまだまだ多いと思います。しかし、定期的に予防治療を受けている方と、そうでない方の歯科治療に対する医療費は、実は大きく異なってくるのです。

 

歯が痛くなってから受診するという考え

この考え方は、治療優先型の日本ならではの考え方です。歯が痛くなったときだけ受診することは、実は歯を失うスタート地点に立ってしまったことになるのです。また、保険診療を受けることで経済的な負担を軽減することができますが、この選択肢もまた、歯を失う悪循環の始まりであり、生涯の歯科治療における治療費も、大きく膨らんでしまうことになってしまうのです。

保険診療では、歯を削って詰める際に、レジンまたは金属が使われます。この治療法は再治療のリスクが高く、治療済みの歯が再び虫歯になる「二次カリエス」になりやすいのです。その結果、削っては詰め、削っては被せ・・・を繰り返し、最終的に抜歯となってしまうことがほとんどなのです。

また歯ぐきが腫れて痛い、出血するといった症状で受診する場合も、急性的な症状を緩和する応急処置のみを繰り返していると、最後には歯を失ってしまいます。

もし失った歯全てをインプラントにすると、非常に高い費用が必要となります。また保険の入れ歯やブリッジも、合わなくなったり劣化するごとに再作製となり、再治療を繰り返すことになります。その結果治療費はだんだん膨れ上がり、結果的に生涯の歯科治療の費用はとても高くなってしまうのです。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

 

定期的に予防治療を受けることで、生涯の治療費を抑えることができる

欧米などの諸外国では、歯を守るための予防治療が当たり前のように行われており、患者さんのデンタルIQも非常に高いものとなっています。

確かに予防治療や定期的なクリーニングは緊急性がなく、億劫に思うかもしれません。しかし予防治療を受けていることで、小さな虫歯などを早期に発見することができれば、治療が大掛かりになることはそれほどありません。つまり最小限の治療で済むため、治療費も抑えられるのです。痛いときだけ受診するのと、定期的に予防治療を受けるのでは、生涯の治療費も大きく異なってくることを知っておく必要があるでしょう。

 

当院の歯周病治療について詳しい内容はこちら

 

患者さん自身が、歯に対する意識を高めることが大切

歯を失わないためには、自分で歯を守ることが必要になります。それが予防治療です。そして結果的に治療費を抑えることになるため、まずは患者さんご自身の意識を変えることから始めましょう。風邪予防のためにうがいや手洗いをこまめにするのとある意味似ているかも知れません。自分の歯を守るための予防治療は、歯の健康を維持できるとともに、生涯の治療費を抑えるという大きなメリットも持ち合わせているのです。


2019年6月24日 6:41 AM | カテゴリー: 保険と自費, 口腔から全身の健康へ

大人になっても歯列矯正を始めることができます

歯を失う原因は、虫歯および歯周病であることは、メディアやインターネットなどの情報を通してよく知られるようになりました。その中で、歯並びの悪さがこのようなトラブルを招くことをご存知の方も多いと思います。しかし「歯列矯正=子どもが行うもの」とお思いの方も多く、そのほとんどが「今さら矯正しても遅い」と諦めてらっしゃるのではないかと思います。歯列矯正のスタートに年齢制限はありません。今回は、大人の歯列矯正について考えてみたいと思います。

 

歯列矯正を考える理由について

デコボコした歯並びに、小さいころからコンプレックスを持ちながら成人し、今に至る方は多いのではないでしょうか。昔は歯列矯正は今ほど注目されておらず、そこまで重要視されていませんでした。矯正器具がお口の中にあるほうが、めずらしかったと思います。そのような幼少期から思春期を経て、今「歯並びを治したかったな」と考えるのは、次のような理由が考えられます。

・歯並びが悪いことで口元の印象および顔全体の印象が良くない

・口が閉じにくく、間が抜けたような顔になる

・着色による歯の色の悪さ

・口臭がひどい

このように、見た目や相手に与える不快感が気になることが理由として挙げられます。また

 

・結婚式を控えているので、歯並びを治して最高の状態で当日を迎えたい

・就職活動や接客業のため、歯並びを良くして好印象を残したい

と、大切な日に合わせて歯並びを美しく整えたいという理由が考えられます。

 

歯並びの悪さを改善することで、歯周病などのリスクを低くすることができます

見た目のコンプレックスの改善やライフイベントのために歯並びを美しく整えることで、毎日の生活がこれまでよりもずっと快活に過ごせるようになることでしょう。そしてそれと同時に、歯列矯正を行うことで、虫歯や歯周病のリスクを低減し、お口の健康を維持しやすくなることも、歯列矯正を行う大きなメリットです。特に歯周病は気が付かないうちに進行し、気が付けば歯がグラグラしてしまいます。虫歯と違って、歯ぐきや歯槽骨といった歯周組織に深刻な影響が出てしまいます。そうならないためにも歯列矯正を行うことは、将来のお口の健康にとってプラスになると言えるでしょう。

 

歯周病チェックについてはこちら

 

大人の歯列矯正の種類について

歯列矯正を始めるにあたって、年齢制限は特にありません。歯列矯正の代表格といえば、ブラケット矯正でしょう。しかしある程度年齢を重ねた方にとっては、人前でブラケットをつけていることに恥ずかしさや違和感を覚えてしまうかもしれません。このようなことから考えて、大人の矯正にはマウスピース矯正が適しています。インビザラインによるマウスピース矯正は、透明で取り外しがしやすいため、人の目も気になりません。また前歯だけが気になる方は、部分矯正がお勧めです。

歯並びの状態によって、色々な歯列矯正の方法が選択肢として考えられます。「今さら」「この年齢で」と思わず、歯並びをきれいに治したいと思った瞬間が開始時期だと思って、いちど歯科医院に相談してみてはいかがでしょうか。

 

当院のマウスピース矯正について詳しい内容はこちら


2019年6月21日 11:37 AM | カテゴリー: 歯周病, 矯正歯科

銀歯は日本だけというお話

お口を開けてみてください。奥の歯に銀歯が光っていませんか?銀歯は保険が適用のため、安価で治療できます。そして、患者さんご自身が、銀歯が入ること、既に入っていることが既に当たり前だと思っていらっしゃるかもしれません。しかし、銀歯による治療が普通に行われているのは、先進国ではどうやら日本だけのようなのです。

 

保険治療では銀歯は当然?

日本における歯科治療では保険適用の際、レジンもしくは金銀パラジウム合金が使われた金属による修復物となります。患者さんとしては、安い治療費で機能を回復するためには、銀歯もやむをえないとお思いになることでしょう。また、銀歯は当たり前と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

一般的な銀歯は「金銀パラジウム合金」であり、JIS規格では金の含有量12%以上、パラジウムの含有量20%以上、銀の含有量40%以上とされています。歯に優しいとされている金の含有量は12%と低く、中にはよくわからない金属が混じっているとも言われています。

そしてパラジウムに関しては金属アレルギーの危険性を持ち合わせており、銀歯がお口の中にあることで様々な不快症状が発症することも考えられます。

このようなリスクを持ち合わせている銀歯は、日本の保険治療では日常的に行われているのが現状です。

しかし、欧米などの先進国では、銀歯は使われていません。審美的な問題もありますが、やはり健康面に深刻な影響を与える銀歯を未だに使用しているのは、先進国では日本だけなのです。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

金属を使わない治療へ

欧米などの先進諸国は、お口の中の健康にとても気を遣っており、歯の健康を守るための予防治療の普及率も、非常に高いものとなっています。

修復物についても同様で、金属を使った治療はほとんど行われておらず、レジンによる修復や、セラミックスによる補綴など、お口の中の健康に気遣った治療が当たり前のように行われています。

日本では、まだまだ金属を使った治療が一般的です。しかし、金属アレルギーや二次カリエスなどのリスクが高く、結局は歯の寿命を短くしてしまう治療が行われています。先進国にも関わらず、歯科治療においては非常に遅れをとっているのが現状なのです。

取れてしまった銀歯や再治療の際に外された金属の補綴物を見ると、そのほとんどはイオン化して錆びついています。こういったものがお口の中に長年入っている光景を見た欧米人などは、きっとびっくりするのではないでしょうか。

 

当院の審美治療について詳しい内容はこちら

 

 

 

 

 


2019年6月8日 11:01 PM | カテゴリー: むし歯, 歯科材料

起床後のお口の中は、最も不潔なのです

お口の中には非常に多くの細菌が存在しています。この細菌が最も多く繁殖しているのが、起床後です。起床後のお口の中は細菌が爆発的に繁殖しており、非常に不潔な状態なのです。まさか、起床後歯磨きをせずに朝食を摂っているということはありませんよね・・・?

 

お口の中は、細菌だらけ

むし歯および歯周病は、誰もが知っている二大口腔内トラブルです。どちらも細菌による感染症で、症状や治療法は異なるものの放置していると、歯を失う原因になってしまいます。

しかしお口の中に存在する細菌は、むし歯や歯周病になる細菌だけではありません。まだ名前がないものも含めて、私たちのお口の中には約700種類もの細菌が棲みついていると言われています。むし歯や歯周病を引き起こすプラークには1グラム中に約1000億個もの細菌が生息している、まさに「細菌の塊」です。全ての細菌が悪害というわけではありませんが、お口の中にこんなにも数多くの細菌が棲みついているということを、まずはしっかりと認識しておくべきでしょう。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

細菌による影響は、むし歯や歯周病だけではありません

お口の中に非常に多くの細菌が棲みついていると言っても、毎日の歯磨きと唾液の働きによってその働きは抑えられています。しかしプラークコントロールが悪ければ、むし歯や歯周病を引き起こしてしまいます。

また口腔内が不衛生な状態が続くと、むし歯、歯周病以外の口腔内トラブルを引き起こしてしまいがちになります。このようなトラブルとして口腔カンジダ症、口内炎、口腔ヘルペスなどが挙げられ、特に免疫力が低下している方や高齢者は、注意が必要です。

この細菌の影響は、口腔内だけにとどまらず、誤嚥性肺炎、心筋梗塞、糖尿病の悪化など全身の健康にも関わってきます。このような全身疾患は歯周病と深く関わっていると言われており、口腔内の衛生管理が欠かせません。

 

歯周病チェックリストはこちら

 

起床後は最も細菌数が多い状態

細菌の働きを抑制するのは、先ほども述べたとおり、適切な歯磨きと唾液の働きです。細菌は、お口の中が乾燥することで急激に増殖します。

日中は食事の際によく噛むことで唾液が分泌されていること、また適度に水分を摂ることでお口の中の乾燥を防ぐことができています。しかし就寝中は唾液の分泌が減少し、細菌が増殖しやすい環境になっています。そのため起床後はお口の中が乾いており、細菌が最も繁殖した不潔な状態なのです。

 

就寝前の歯磨きをしっかりと行い、寝起きは必ずうがいか歯磨きをしましょう

就寝中の唾液分泌の低下は生理的なものが原因のため、仕方ありません。そのため口腔内の細菌数を少しでも減らしておくよう、念入りに歯磨きをしておく必要があります。歯ブラシによるブラッシングだけでなく、フロスや歯間ブラシ、洗口剤などを使ってお口の中を清潔にしておきましょう。

そして寝起きは必ずうがいや歯磨きを行って、お口の中の細菌を洗い流しておきましょう。寝起きのままうがいもせず朝食を摂ると、大量の細菌を飲み込んでしまうことになります。毎日のことであるからこそ、このようなことに気をつけて過ごすことが、お口の中そして全身の健康に大きく関わるのです。


2019年5月21日 10:46 AM | カテゴリー: むし歯, 歯周病と全身疾患の関係

親知らずを抜くことで噛み合わせが変わる!?

親知らずは、全ての人にあるわけではありませんが、生えていることによってトラブルが起こりやすく、抜歯をするケースも多々あります。抜歯をすることでトラブルは回避できますが、それによって噛み合わせに変化が生じることがあります。

 

親知らずの生え方とは?

親知らずは、第三大臼歯または智歯と呼ばれ、上下左右に4本ずつあります。親知らずの有無は、レントゲン撮影によってわかります。

親知らずは、全て真っ直ぐに生えているわけではありません。上下左右きれいに4本ずつ生えているケースや、レントゲン写真で存在は確認できるものの歯ぐきに埋まっているものや、半分だけ顔をだして生えているものなど様々です。半分だけ顔を出している「半埋伏」、真横に向いて隣の歯を押している「水平埋伏」と呼ばれます。

 

親知らずによるトラブル

親知らずはいちばん奥に生えているため歯磨きが非常に行いにくく、トラブルが起こりやすい歯です。代表的なトラブルはむし歯が最も多く、磨き残しによりプラークが溜まり、そこからむし歯になってしまうケースが非常に多く見られます。親知らずだけでなく、隣の第二大臼歯がむし歯になってしまうなど、むし歯によるトラブルが最もよく見られます。

次いで多いのが、親知らず周辺の歯ぐきが腫れる「智歯周囲炎」です。これも磨き残しにより歯ぐきが炎症を起こして腫れてしまいます。疲れたときなどにもよく起こるようです。腫れが大きくなると口を開けるときに顎に痛みが出てきて、食事がしにくくなります。

それ以外にも、親知らずが隣の歯を押して痛みを感じることもあります。むし歯ではないのに他の歯に痛みを感じる場合、親知らずが原因となることもあります。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

抜歯することで噛み合わせが変わってしまうことも

親知らずが原因で起こるトラブルは、抜歯することにより改善が可能です。というのも、親知らずは別になくても差し障りがない歯だからです。しかし、親知らずを抜歯することで噛み合わせが変化してしまうケースがあります。これは、親知らずの根の形態によることが考えられます。抜歯をするとき、根が曲がっているとすんなりと抜けないことがあります。抜き方によって隣の歯が内側へ曲がってしまうことが稀に起こるため、これまで噛み合っていたのに噛み合わせが変わってしまったと考えられます。

せっかく抜歯をしても、肝心の噛み合わせがおかしくなってしまうと、顎などにも影響が出てしまうこともあります。そのためすぐに抜歯をせず、むし歯治療などを行って保存することも少なくありません。

親知らずの抜歯によって噛み合わせがおかしくなってしまった場合、歯列矯正が必要かどうかは担当医の判断によります。まず親知らず周りに汚れを溜めないよう、歯磨きをしっかりと行いましょう。

 

当院のマウスピース矯正について詳しい内容はこちら

 


2019年5月17日 7:31 AM | カテゴリー: むし歯, 矯正歯科

歯医者なんて無縁だったのに・・・という方こそ要注意!

「これまで虫歯なんてなったことがないから、歯医者さんなんて行ったことがないの」。時々このような会話を耳にすることがあります。確かに虫歯が一本もなくずっと過ごしてきたことはとても良いことです。しかし、このような方こそ、注意が必要です。と言うのも、気が付けば歯が抜けてしまうことにもなりかねないからです。

 

「歯が痛くないから歯医者さんへ行ったことがない」とは

歯のトラブルの代表格といえば、むし歯です。むし歯は、むし歯菌が放出する酸によって歯が溶け始め、進行するにつれて痛みを感じるようになります。特に神経まで達してしまった場合、相当な痛みに襲われることから、それまで様子をみて我慢していた人も、この痛みに耐えかねてようやく歯科医院で診てもらうことになるでしょう。

このように、むし歯は歯がしみる、歯が痛いといった自覚症状が出てきます。しかしこのような症状が出なかった場合、あなたは歯医者さんを受診しますか?ほとんどの場合、歯が痛くなければ歯医者さんを受診しないでしょう。

しかし、ここが大きな落とし穴なのです。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

痛みなく進行する歯周病

これまでむし歯になったことがない方は、歯科医院へ行く機会はなかったでしょう。しかし、これがのちの歯の寿命に大きく関わってくると言っても過言ではありません。というのも、痛みがなく症状が進行する歯周病で歯を失う可能性が非常に高いためです。

歯周病は、歯周病菌によって歯ぐきや歯槽骨など、歯の歯周組織に起こる炎症です。歯ぐきの腫れや出血が主な症状ですが、そのまま放置すると症状は進行し、歯を支える歯槽骨にまで影響が及んできます。歯ぐきの炎症だけでなく、歯槽骨が少しずつ吸収され始めると、顎の骨の量が少なくなってきます。その結果歯を支えることが難しくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の怖いところは、痛みといった自覚症状がほとんどないまま症状が進行することです。歯ぐきの腫れや出血は歯肉炎でも起こります。歯肉炎の場合、適切なブラッシングで改善が可能です。しかし年齢を重ねるにつれて症状は悪化し、歯肉炎からやがて歯周炎(歯周病)へと症状が進み、口臭や歯が揺れ動くなど、深刻な症状が出始めます。やがて最終的には顎の骨がすっかり薄くなり、歯を支えることができなくなって抜け落ちてしまうのです。

歯周病は、むし歯と違って痛みをほとんど感じないまま症状が悪化します。痛くないから、むし歯なんてなったことないから、と受診を放置していると、後で後悔する日々が待っているのです。

歯周病についてはこちら

 

歯周病は全身疾患にも深く関わっている

歯周病の怖いところは、痛みなく症状が進行することです。そしてその他にも、全身の健康に関わりがあるのではないか、と報告されています。

特に歯周病と関係が深いのは糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、妊婦さんにおける早産の危険性および低体重児出産、誤嚥性肺炎などと言われています。歯周病菌が血管の中に入り込むことで全身の色々な臓器に炎症が起こるためだと報告されていることから、歯周病と相互関係があると言われています。

 

歯が痛くなくても、定期的に検診は受けましょう

今は痛みなど何もないから・・・と受診を先延ばしにすると、歯周病は確実に進行してしまいます。今は何もなくても、歯周病が隠れているかもしれません。歯が抜け始めてからはじめて今の状況を把握することになります。「後悔先に立たず」という言葉がありますが、歯を失って始めて歯の大切さを知ることになるのではないでしょうか。

特に「これまでむし歯になったことがないから」と痛みを感じていなくても、歯周病の進み具合を確認するために年に1,2度の定期検診受診をおすすめします。

 


2019年5月7日 8:28 AM | カテゴリー: 歯周病, 歯周病と全身疾患の関係

噛み合わせが悪いとどんな影響が起こるのでしょうか

歯並びが悪いと、その多くは噛み合わせにも異常が見られます。また一見すると歯並びは整っていますが、噛み合わせにズレがあるケースも少なくありません。噛み合わせはお口の健康だけでなく、体の健康にも大きく影響します。では噛み合わせが悪いと、体にどんな影響が出るのでしょうか。

 

噛み合わせの悪さが引き起こす様々な症状

上下の歯の接触のことを噛み合わせと言います。良い噛み合わせ、異常がない噛み合わせは、上下の歯が正しく接触している状態を指します。

ところが上下の噛み合わせが悪いと、歯やお口の中だけでなく、頭部、顎そして首、肩などに不快症状が引き起こされます。

・頭痛

・肩凝り

・腰痛

・顎関節症

・歯周病や歯の根元の欠損

・歯ぎしりや食いしばり

このように、噛み合わせが悪いとお口の中だけでなく全身の不定愁訴に繋がる症状が引き起こされます。

 

噛み合わせの乱れと全身疾患

まず噛み合わせが乱れると、顎関節に影響が出ます。顎関節は体の軸となる背骨に繋がっており、全身のバランスを取る役割を持っています。また首の筋肉にも大きく関わっています。

噛み合わせが悪いと、この顎関節に大きな負荷がかかり、周りの筋肉が影響を受けて凝りや痛みと言った症状が出てしまいます。悪化すると、顎がカクカク鳴ったり口が開きにくくなる「顎関節症」になる恐れがあります。

首から上の筋肉にも影響が出てしまうため、頭痛や肩凝り、全身のバランスが崩れるため腰痛が起こることもあります。

 

噛み合わせが悪い原因と改善法

ではなぜ噛み合わせが悪くなってしまうのでしょうか。考えられる理由として、歯並びの悪さ、歯周病の悪化、歯が抜けたままになっている、頬杖をつくなどの悪癖などが挙げられます。

歯周病は放置したままにしておくと顎の骨が吸収され、噛み辛くなってしまいます。これは噛み合わせの変化に大きく影響してしまいます。歯周病と診断された場合、適切な処置を受けないと歯が抜けてしまいます。そして歯が抜けることでますます噛み合わせに狂いが生じてしまうのです。

 

当院の歯周病治療について詳しい内容はこちら

また歯並びの悪さが原因の場合、歯列矯正を行って噛み合わせを正しく改善する必要があります。歯列矯正は、歯並びを直すことばかりに目がいきがちですが、噛み合わせの乱れを改善することを目的としています。歯並びに乱れがある場合、かかりつけの歯科医師に相談するようにして下さい。

当院のマウスピース矯正について詳しい内容はこちら

 

抜けた歯を放置することも、悪い噛み合わせの原因になります。歯が抜けてしまった場合、入れ歯、ブリッジそしてインプラントで機能を回復させなければいけません。歯科医師と相談し、ご自身に合った補綴治療を行うようにしましょう。

 

噛み合わせの乱れを改善して、快適な毎日を過ごしましょう

噛み合わせの悪さが引き起こす全身の不快症状についてお話しました。体の不調が噛み合わせの悪さに繋がっているとは思わなかった方もいるでしょう。お口の健康は、全身の健康に大きく関わっています。気になる症状がある場合、噛み合わせが原因の場合があります。できるだけ早めに歯科医師に相談することをおすすめします。


2019年4月21日 7:54 AM | カテゴリー: 口腔から全身の健康へ, 矯正歯科

神経を取って変色してしまった歯はどうすればいい?

神経まで達してしまったむし歯やアクシデントで歯が折れて神経が露出してしまった場合、根管治療という根の治療を行います。神経を取ってしまった歯は残念ながら黒っぽく変色してしまい、それが前歯だとかなり目立ってしまいます。では神経を取って黒ずんでしまった歯は、どうやってきれいにすればよいのでしょうか。

 

神経を取ると歯がグレーっぽく変色してしまう

ひどいむし歯の場合、むし歯菌が神経や血管が入っている管にまで炎症が広がって激しい痛みを伴います。この場合、残念ながら神経を残すことは難しく、神経を取り除かなければいけません。

また事故などのアクシデントで歯が折れてしまった場合、神経が露出してしまうことがあります。すぐに根管治療を行って回復を図りますが、細菌感染が認められた場合、同じように神経を取り除く処置が必要となります。

神経を取り除くと、主に根元あたりから黒っぽく変色し、特に前歯の場合、目立つ部位のため、気になってしまうことでしょう。歯の神経を取り除いた歯のことを失活歯といい、変色のほかに歯質が脆くなってしまうことが特徴です。

 

失活歯の変色を改善する方法とは

歯の色を白くきれいにするといえば、ホワイトニングです。ホワイトニングは、薬剤を歯に塗布し、光を当てて内部の色素を分解、さらにマスキング効果で歯を白く美しく仕上げます。

しかし、ホワイトニングは全ての歯を白くすることはできません。失活歯の変色は、残念ながらホワイトニングではほとんど白くならないでしょう。

 

当院のホワイトニングについて詳しい内容はこちら

 

では失活歯の変色はどうやって改善することができるのでしょうか。次に失活歯の変色改善する方法をご紹介します。

・セラミッククラウンを被せる

・ダイレクトボンディングで白くする

まず確実に白くなるのが、セラミッククラウンを被せることです。神経を取った歯は脆く、噛み合わせの力が強い場合、歯が欠けたり折れたりしてしまう危険があります。セラミッククラウンは見た目の美しさだけでなく、強度にも優れているため、歯を白くするだけでなくご自身の歯を守ることも可能となります。

ただし歯をたくさん削らなければいけないというデメリットも持ち合わせています。

ダイレクトボンディングは、歯科用樹脂を直接、歯に塗布して光を当てて修復する方法です。主にすきっ歯の改善で使われますが、変色した歯の表面を白く改善することもできます。特に型取りを行う必要がないため、即日で治療を終えることも可能です。

この他にもインターナルブリーチという、根の治療を行った後の根管内部に漂白剤を流し込んで白くする方法があります。しかしインターナルブリーチで歯の色を取り戻すには限界があるかもしれません。最も確実なのは、セラミッククラウンと考えられます。

当院の審美治療について詳しい内容はこちら

 

目立つ歯の変色を改善し、笑顔で毎日を過ごしましょう

歯の神経を取り除いた後の歯の変色についてお話いたしました。神経を取った歯の変色は、ご自身が思うよりも目立ってしまっているため、審美性を損ねてしまいます。歯の変色を何とかしたいとお考えの方は、いちどかかりつけの歯科医院で相談してみてはどうでしょうか。

 

 

 


2019年4月17日 4:50 PM | カテゴリー: ホワイトニング, 保険と自費

砂糖の摂り過ぎは歯の大敵!

暖かい気候になり、食べ物も美味しい季節になってきました。甘いものを食べてリフレッシュする方も多いでしょうが、砂糖をたくさん含んだ食べ物の大量摂取は歯のトラブルの元凶です。今回は、砂糖と歯の関係についてお話をしたいと思います。

 

むし歯菌が寄り付く「砂糖」

歯のトラブルで最も多いのは、むし歯と言われています。むし歯は、小さなお子さんから高齢の方まで幅広い年代で起こる歯の代表的なトラブルです。

昔から甘いものの食べすぎはむし歯になる、と言われていますが、正しくは「砂糖の摂り過ぎ」です。むし歯は、お口の中にひそむむし歯菌が食べかすの中に残る糖分、その中でも特に砂糖を栄養源として酸を作り出し、歯を溶かしてむし歯を作り出します。 

むし歯は、お口の中の細菌が作り出したプラークに棲みきます。プラークは粘着性のある物質で、歯と歯ぐきの境目などにべったりと付着し、そこへむし歯菌が棲みついて酸を作り出します。他の細菌はうがいや水など糖分が入っていないものを飲むことである程度流れていきますが、むし歯菌は流れにくい性質を持っています。

砂糖は多くの食品に含まれており、無意識の間に大量摂取をしている可能性があります。砂糖をたくさん摂ることは、それだけむし歯リスクが高まってしまうのです。

 

砂糖の摂取量と時間に注意

気をつけなければいけないのは量よりも時間です。特にあめやキャラメルなどは砂糖がたくさん使われており、お口の中に長い時間留まりやすい食べ物のためむし歯リスクが高まります。

またジュースや乳酸菌飲料にもたくさん砂糖が含まれています。だらだらと長い時間をかけて飲んでいると、砂糖がお口の中に留まる時間が長くなってしまうので、注意しましょう。

スポーツ飲料にも意外と糖分は含まれています。運動にスポーツ飲料は欠かせませんが、普段のジュース代わりに飲むことはできれば控えたほうがよいでしょう。特に乳歯は非常にむし歯になりやすいため、保護者の方の管理が大切です。

むし歯かな、と思ったら、自覚症状が出る前に早めに歯科医院を受診しましょう。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

むし歯になりにくい健康な歯を作りましょう

むし歯にならないようにするためには、むし歯になりにくい食生活を送ること、そして強い歯を作ることです。おやつの時間はきちんと決めることがまず第一です。

そして歯に良いと言われている食べ物を積極的に摂取し、歯質を強化しておくことでむし歯になりにくい状態を作り出すことが可能です。カルシウムやビタミン類などをしっかりと摂るようにしましょう。砂糖がたくさん使われているあまいお菓子よりも、カルシウム豊富な小魚やチーズなどは毎日摂取したい栄養素です。海藻類や野菜なども毎日食べて、むし歯に強くなるよう、歯質を強化しておくようにしましょう。

 

当院のレーザー治療(むし歯治療や歯質強化処置)について詳しい内容はこちら

 


2019年4月3日 11:08 AM | カテゴリー: むし歯, 食育



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター