院長・スタッフブログ

歯を削ることは、結局歯を失うことに繋がるのです

むし歯になってしまったら、皆さんまず思うことは「歯を削って詰めたり銀歯にする」ではないでしょうか。「むし歯=削って治す」ことでむし歯が治る、とお思いになるかもしれません。

しかし、ひとたび歯を削ってしまうことは、歯を失うことへのカウントダウンが始まったことになるのです。むし歯を治したつもりが、実は歯を削ることで歯を失ってしまうかもしれないのです。

 

一度歯を削ってしまうと、二度と再生しない

転んで擦りむいてしまったり、軽いやけどをした場合、適切な処置を行うことで皮膚は再生します。また風邪をひいた場合、人間の持つ免疫力で薬を飲まなくても自然治癒することもよくあります。

ところがむし歯に関しては、自然治癒することはありません。歯の表面が少し溶け、むし歯の一歩手前状態である「脱灰」の場合は、フッ素塗布などを行って歯を削ることなく自然治癒することがありますが、むし歯が進行して歯に穴が開いてしまうと、自然治癒することはありません。

大きなむし歯でない場合、一般的な治療法としてむし歯になった部分を削り、白いプラスチックであるレジンを詰めて修復します。これで見た目や機能には問題なく治療は終わります。

ところが、歯は一度削ると二度と再生しません。どんなにキレイに修復しても、自分の歯と人工の修復物とでは大きな差が生じてしまいます。これは、修復した部分が再びむし歯になってしまう「二次カリエス」になる可能性があるからです。

二次カリエスは、むし歯治療を行った歯に対して起こる症状です。修復した歯の下で再びむし歯が広がることで、再治療が必要になります。再治療を行うということは、再び歯を削らなければいけないのです。当然、前回治療したときよりも、歯を多く削ることになり、レジンではなく詰め物になってしまうかもしれません。そして数年後には、詰め物の下でむし歯になり再治療を行い、今度は神経を取り除いて大きな被せ物を着けなければいけなくなるかもしれません。このように、再治療を繰り返すことでだんだん歯質が少なくなり、最終的に歯を失ってしまいます。つまり、歯を削ってしまうと二度と再生せず、削った部分は全て人工物となってしまうのです。

 

当院のむし歯治療について詳しい内容はこちら

 

むし歯にならないような生活習慣を送ることが大切

むし歯で歯を失わないためには、むし歯になりにくい生活習慣を送り、むし歯予防をすることが最も大切です。むし歯は砂糖を多く含んだ食べ物や飲み物により作られやすくなります。また長時間むし歯になりやすいものを口にすることで、ますますむし歯リスクは高まってしまいます。

また定期検診や歯のクリーニングを定期的に行うことも大切です。むし歯菌の棲家となるプラークを除去し、むし歯になりにくい口腔内環境を整えておきましょう。

また最近では、できる限り歯を削らずにむし歯治療を行う方法も普及しています。安易に歯を削ることで大切な歯を失ってしまわないよう、むし歯にならないような生活を送りましょう。

 

当院のドックベストセメントによる治療法についてはこちら


2019年2月17日 8:30 AM | カテゴリー: むし歯, ドックベストセメント



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター