HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

認知症対策漢方サプリメント “ディメノールHGFこころ活性”

先日株式会社エーオーエルの寺元さんに認知症対策漢方サプリメント『こころ活性(ディメノールHGF)』の院内セミナーをしていただきました。ありがとうございました。 ディメノールにはHGF(肝細胞増殖因子)の産生を促す因子が非常に多く含まれていて脳神経細胞の再生・修復が促されるそうです。認知症だけでなく体中の細胞が元気になる可能性があるため、飲んでいるうちにより若々しく、健康的で元気になっていくことが期待できます。   

DSCN5123

 

2016年2月14日 6:54 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科, ブログ

さまざまな病気が歯と口から起こっていた! ためしてガッテン(秋)

NHK秋のためしてガッテンは、総力特集として “老化と病気は『歯口力』で防ぐ/高血圧食事術” が放送される予定になっています。

DSCN4554 DSCN4555


2015年10月2日 9:26 AM | カテゴリー: アンチエイジング歯科, 歯周病と全身疾患の関係

日本臨床アンチエイジング研究会

この度、院長が理事を勤めている日本臨床アンチエイジング研究会(http://jpc-anti1.jimdo.com/)のホームページがリニューアルされました。日本臨床アンチエイジング研究会はアンチエイジングを通して究極の予防医学、新しい歯科治療を実践する研究会です。このサイトで紹介している無痛歯科治療は、当研究会のメンバー医院で受診することができます。
例えば、歯を極力削らずに治療するドックベストセメント療法に精通している歯科医院を紹介しています。
日本臨床アンチエイジング研究会について詳しくはこちらへ

歯医者さん新聞


2015年7月14日 6:16 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

『糖化と老化』院内セミナー

本日院内セミナーを開催しました。アンチエイジングに絡んで、『糖化と老化』
講師は、株式会社ヘルシーパスの紅林さんです。
(この会社のサプリメントで今年も花粉症の症状がほとんででませんでした。)
長寿遺伝子、糖代謝、コラーゲン、骨粗鬆症、糖尿病、メチル化レスベラトロール、AGハーブMix、ブドウ糖と果糖・・・など多肢に亘りわかりやすく、教えていただきました。

レスベラトロール400

 

 


2013年4月9日 2:26 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

睡眠時間は7時間がいいようです

日本人では、睡眠時間が7時間の人が最も死亡率が低いそうです。7時間より長くても短くても死亡のリスクが高まるという研究結果が発表されました。その他、肥満や高血圧、Ⅱ型糖尿病、うつ病なども睡眠を7時間とる人のリスクが最も少ないと言われています。また、睡眠ホルモンと呼ばれる『メラトニン』や成長ホルモンなど体の疲労回復や成長に必要なホルモンが分泌される時間帯は22~2時と言われているので、遅くとも午前0時までに寝るようにしましょう!


2013年4月3日 12:33 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

貧血と鉄③ ~ヘム鉄と鉄剤・非ヘム鉄の違いは~

私たちが食べ物から摂取する鉄には、医薬品の鉄剤や穀物野菜に含まれる『非ヘム鉄』と、肉やレバー
などの動物性食品に含まれる『ヘム鉄』があります。    ヘム鉄は、非ヘム鉄と異なり、胃粘膜や胃壁を
荒らすという副作用がなく、また、そのままの形で吸収されるので、吸収率も非ヘム鉄に比べ、5~10
倍もよいと言われています。ヘム鉄は安全で効果が高いので、ヘム鉄を関与成分とした特定保険用食品
が認可されています。

鉄の不足は、体調に大きく影響します。女性が月経時に体調不良になることは、鉄の不足が原因の一つ
です。鉄はレバーに多く含まれますが、1日に必要な鉄をレバーから補給しようとすると毎日100gのレ
バーが必要です。

t02200165_0300022512331193991

 

 

 

 

情報提供:株式会社ヘルシーパス

サプリメントについて詳しくはこちらへ


2013年2月22日 12:57 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

貧血と鉄② ~鉄が大切な理由~

鉄の大切な働きは、『赤血球の生成』『エネルギー生産』です。鉄が不足して赤血球  の生成が
妨げられると、体内は酸欠状態になり、めまい・息切れ・動悸に加え、疲れ・  倦怠感・脱力感などの
いわゆる『貧血』の症状が起こります。

また、鉄はエネルギーを生み出す体の中の回路(電子伝達系)において、必須の酵素の活性 に深く
関わっています。

鉄が足りないと、エネルギー生産が十分に行われないために、倦怠感・脱力感・うつ・その他・ 不定
愁訴の原因になると考えられています。その他にも、鉄は活性酸素の一つである過酸 化水素を分
解する酵素の成分となったり、コラーゲン生成、免疫機能の維持、タンパク質 代謝などに働いて
いますので、美しさにも役立つ栄養素です。

情報提供:株式会社ヘルシーパス


サプリメントについて詳しくはこちらへ


12:56 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

貧血と鉄① ~その不調は鉄不足かもしれません~

鉄は欠乏しやすい栄養素として知られています。

厚生労働省:国民健康栄養調査報告によると、閉経前女性の実に7割は鉄欠乏状態
であることがわかります。とくに、ダイエット中の女性、妊娠中の女性、成長期のお子様、
激しいスポーツをされる方は鉄の摂取量に注意が必要です。

■鉄不足が疑われる不調

鉄不足による症状は貧血で有名ですが、それ意外にも次のようなトラブルが起こるこ
とが知られています。

●目の下のクマがとれない

●顔色が悪い

●慢性的な冷え性・肩こり

●だるい・疲れやすい

●階段を上がるだけで動悸や息切れがする

●イライラ・神経過敏

●注意力散漫

●めまい

●微熱

●頭が痛い

●物忘れ、脳の働きの低下

●うつ

●朝の目覚めが悪い

●爪が反る・もろくなる

●唇の端が切れる

●ダイエットしてもなかなか効果がでない

●シャンプー時に毛が抜けやすい

サプリメントについて詳しくはこちらへ

t02200172_0300023512330738949

 

 

 

 

情報提供:株式会社ヘルシーパス


12:49 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

日本臨床アンチエイジング研究会第二回総会(大阪)

11月11日(日)大阪大学中之島センターにて、日本臨床アンチエイジング研究会第二回総会
が開催されました。大会実行委員長として参加し、色々なドクターと最新の情報交換を行う
ことができました。サプリメントに関する最新情報も入手していきました。今後の診療に生
かしていきたいと思います。

t02200165_0800060012282877824

 

 

 

 

 

t02200165_0800060012282883163


2013年2月21日 3:29 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

プロデンティスの飲み方

当院では、むし歯・歯周病予防にプロデンティス(乳酸菌サプリメント)を販売しています。
プロデンティスは、1日1回、夜寝る前に歯をみがいてから飲みます。飲み方は、口の中に
入れて2~3分間なめてその後咬んで飲み込んで下さい。1か月分30錠で3,150円です。
プロデンティスは、腸の細菌叢を善玉菌優位に替え、全身の免疫力をアップしてくれます。
私自身プロデンティスを飲んで花粉症が改善しました。

 

プロデンティスなどのサプリメントについて詳しくは

こちらをご覧下さい。


3:28 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター