HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

神経を抜いた割れやすい歯の土台に、しなやかで強い素材を選べます

 

 

歯の土台って何?

 

神経をとった歯は、神経のあった根っこ部分が空洞になります。

そのままでは被せ物をしても空間ができてしまいますから、根っこ部分に土台を入れて補強する必要があります。

保険診療はもちろん、従来の審美治療でも金属の芯をいれるのが一般的でした。

ですから「いつ治したか覚えてない」くらい以前に神経の治療をした歯がある場合。

土台は金属で作られているといってよいと思います。

 

金属土台の破折リスク

 

金属製の芯は頑丈ですが、天然歯よりも硬いです。

噛んだ時に発生する力に対して、内部に発生する抵抗力を応力というのですが、この応力
が部分的に集中してしまい、根っこに亀裂がはいる、つまり「ヒビが入ったり」「割れたり」してしまうことがありました。

歯の健康とアレルギーの心配がない新しい土台

神経を抜いた歯は、神経のある歯に比べて脆くなります。

ファイバーコアは、グラスファイバー樹脂とセラミックス系樹脂ができた素材で、天然歯と相性のよいしなやかさと強さのバランスが特長。

金属製の芯に比べると応力集中が起きないので、亀裂が発生するリスクが少ないです。

歯が割れてしまうと、最終的には抜いてしまうことになります。

ファイバーコアは、神経を取った歯の寿命を延ばすことにもつながります。

また金属を使用していないので、アレルギーの心配もありません。

 

 

 

歯ぐきの黒ずみ、変色が気になる方に

 

被せ物が白いと気づく機会はなかなかありませんが、歯ぐきが変色したり、黒ずんだり、アレルギー反応を感じる場合は、被せ物だけでなく土台の素材にも注意しましょう。

もし銀歯や被せ物を交換したいとお考えの方は、土台もあわせて変えることで、将来の歯に亀裂が入るリスクを減らすことができます。

 

 

高い審美性を求める方にも

 

土台だけで治療を終えることはないので、あまり見る機会がありませんが、ファイバーコアは白色です。

オールセラミックスを使った被せ物の土台にも最適です。

当院ではセラミック治療、ファイバーコアともに、患者様のご希望にあわせて治療に使う素材をお選びいただけます。

被せ物や詰め物を直したい、白い歯にしたいとお考えの方は、是非「土台」もお選びいただけるので、お声がけください。

ファイバーコアの特徴についてはこちらをご覧ください

 


2018年5月25日 1:15 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科, ホワイトニング, 保険と自費, 金属アレルギー

あなたの歯ぐき年齢はいくつですか?セルフチェックしてみましょう

 

 

口元の年齢、気になりませんか?


 

 

「見た目年齢」が実年齢より「若く見える」のは、たいていの場合、嬉しいですよね。

「少しでも若々しく健康でありたい」と努力する気持ちも、自分が歳を重ねるごとに共感できるようになってきます。

「見た目年齢」といえば、目元やほうれい線などシワやたるみ、毛穴などお顔周りに集中するかもしれません。

意外と忘れがちですが、口元も見た目年齢に大きく影響を与えます。

特に年齢を重ねていくと、きちんとお手入れていても歯の色の黄ばみや、いつの間にか歯のすき間が広がった…というお悩みが出てくることも。

歯の色は、ホワイトニングや被せ物を白い歯に変えたりすることで改善できます。

すき間のお悩みは、自然な形ですき間を埋めるダイレクトボンディングを利用すると、1回の治療で解消されることも。

しかし、笑ったときに見えるその「歯」を支えている「歯ぐき」の年齢、気になりませんか?

  

▲歯全体のホワイトニングに
マウストレーを使わないから家族全員で使える!
最新のLEDを使ったホワイトニングを採用しています

被せ物や詰め物を白い歯にしたい方は

ダイレクトボンディングについてはこちら

 

 

 

歯ぐき年齢をチェックしよう!


当院では、ホームページ上で歯周病をチェックして、歯ぐき年齢を確認できます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

歯ぐきは多少腫れたり出血しても、一時的なことが多く、それだけの理由で「歯科に行こう」と思わない方も多いかもしれません。

しかし、せっかく歯並びを整えて美しい歯を手に入れても、土台がグラグラしてしまえば、最終的に歯を失う大きな原因となります。

 

まずはセルフチェックで、歯ぐき年齢を調べてみてください。
もし気になる症状や、治療の必要性があれば、できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。

 

 

 

『私は虫歯がないから「歯は強くて丈夫」なの』は間違い?


 

虫歯がほとんどない、歯が痛くなったこともあまりない。という方は、歯科医院にお越しになる機会が少ないかもしれません。

しかし、残念ながら虫歯がないから「歯周病にならない」とは限りません。

虫歯の原因菌はミュースタンス菌などが有名です。
歯の「表面」に貼りつき「歯を溶かし」ます。

一方歯周病菌は、プロフィロモナスジンジバリス菌など嫌気性菌と呼ばれ、歯と歯茎の間に存在します。

歯周病菌が多いことで口腔内環境が悪化して「虫歯になる」可能性はありますが、歯周病菌は、歯ぐきや歯根膜、歯槽骨といった歯の周囲の組織をゆっくりと溶かしていきます。

虫歯は削って患部を取り除き、詰め物や被せ物をすることで、できるだけ元の形に近い状態、または機能を取り戻します。

しかし歯周病は、一度進行すると削って治すという方法では治せません。

軽度~中度であれば、毎日の丁寧な歯ブラシや、自宅でできる除菌ケア、病院で行う歯石除去、歯ぐきケアで「菌」を減らす治療がメインになります。

歯がグラグラする段階になると、状況によっては歯を抜くことになる可能性が高くなりますが、間に合うならば腫れた歯茎をメスで切り膿を出す、溶けてしまった骨を再生する(再生するまで時間がかかります)といった治療法があります。

いずれも虫歯治療に比べると、時間がかかります。
歯周病が進行していれば、肉体面、費用面でも負担が大きくなります。

痛みを我慢しながら治療するストレス、歯を失ったあとの不便な生活は、、実際に体験してから痛感される方がほとんどです。

予防することで、歯や歯ぐきのトラブルも早期治療ができます。

最終的には見た目年齢をはじめ、トラブル痛みストレス、治療の費用面でも、負担が少ないといえるでしょう。

当院では、重症の歯周病(メスで歯肉を切らなければならない)でも、歯と歯ぐきの間にレーザーを照射することで、歯周病菌を排除し、弱った歯茎の血行を良くして健康で引き締まった歯茎へと再生させることも可能です。

レーザーを使った歯周病(歯槽膿漏)の治療について

どうか痛みやぐらつきがないうちに、歯周病チェックや、予防治療をはじめるチャンスを逃さずに!

 

予防歯科のご予約はこちらから

お悩みのご相談(メール)

 

もし歯を失ってしまっても…
できるだけ快適な生活を送れる見た目がよくて痛くない入れ歯もご用意しています
入れ歯(デンチャー)

 


2018年3月20日 10:05 AM | カテゴリー: お知らせ, アンチエイジング歯科, ホワイトニング, 保険と自費, 歯周病

認知症対策漢方サプリメント “ディメノールHGFこころ活性”

先日株式会社エーオーエルの寺元さんに認知症対策漢方サプリメント『こころ活性(ディメノールHGF)』の院内セミナーをしていただきました。ありがとうございました。 ディメノールにはHGF(肝細胞増殖因子)の産生を促す因子が非常に多く含まれていて脳神経細胞の再生・修復が促されるそうです。認知症だけでなく体中の細胞が元気になる可能性があるため、飲んでいるうちにより若々しく、健康的で元気になっていくことが期待できます。   

DSCN5123

 

2016年2月14日 6:54 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科, ブログ

さまざまな病気が歯と口から起こっていた! ためしてガッテン(秋)

NHK秋のためしてガッテンは、総力特集として “老化と病気は『歯口力』で防ぐ/高血圧食事術” が放送される予定になっています。

DSCN4554 DSCN4555


2015年10月2日 9:26 AM | カテゴリー: アンチエイジング歯科, 歯周病と全身疾患の関係

日本臨床アンチエイジング研究会

この度、院長が理事を勤めている日本臨床アンチエイジング研究会(http://jpc-anti1.jimdo.com/)のホームページがリニューアルされました。日本臨床アンチエイジング研究会はアンチエイジングを通して究極の予防医学、新しい歯科治療を実践する研究会です。このサイトで紹介している無痛歯科治療は、当研究会のメンバー医院で受診することができます。
例えば、歯を極力削らずに治療するドックベストセメント療法に精通している歯科医院を紹介しています。
日本臨床アンチエイジング研究会について詳しくはこちらへ

歯医者さん新聞


2015年7月14日 6:16 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

『糖化と老化』院内セミナー

本日院内セミナーを開催しました。アンチエイジングに絡んで、『糖化と老化』
講師は、株式会社ヘルシーパスの紅林さんです。
(この会社のサプリメントで今年も花粉症の症状がほとんででませんでした。)
長寿遺伝子、糖代謝、コラーゲン、骨粗鬆症、糖尿病、メチル化レスベラトロール、AGハーブMix、ブドウ糖と果糖・・・など多肢に亘りわかりやすく、教えていただきました。

レスベラトロール400

 

 


2013年4月9日 2:26 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

睡眠時間は7時間がいいようです

日本人では、睡眠時間が7時間の人が最も死亡率が低いそうです。7時間より長くても短くても死亡のリスクが高まるという研究結果が発表されました。その他、肥満や高血圧、Ⅱ型糖尿病、うつ病なども睡眠を7時間とる人のリスクが最も少ないと言われています。また、睡眠ホルモンと呼ばれる『メラトニン』や成長ホルモンなど体の疲労回復や成長に必要なホルモンが分泌される時間帯は22~2時と言われているので、遅くとも午前0時までに寝るようにしましょう!


2013年4月3日 12:33 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

貧血と鉄③ ~ヘム鉄と鉄剤・非ヘム鉄の違いは~

私たちが食べ物から摂取する鉄には、医薬品の鉄剤や穀物野菜に含まれる『非ヘム鉄』と、肉やレバー
などの動物性食品に含まれる『ヘム鉄』があります。    ヘム鉄は、非ヘム鉄と異なり、胃粘膜や胃壁を
荒らすという副作用がなく、また、そのままの形で吸収されるので、吸収率も非ヘム鉄に比べ、5~10
倍もよいと言われています。ヘム鉄は安全で効果が高いので、ヘム鉄を関与成分とした特定保険用食品
が認可されています。

鉄の不足は、体調に大きく影響します。女性が月経時に体調不良になることは、鉄の不足が原因の一つ
です。鉄はレバーに多く含まれますが、1日に必要な鉄をレバーから補給しようとすると毎日100gのレ
バーが必要です。

t02200165_0300022512331193991

 

 

 

 

情報提供:株式会社ヘルシーパス

サプリメントについて詳しくはこちらへ


2013年2月22日 12:57 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

貧血と鉄② ~鉄が大切な理由~

鉄の大切な働きは、『赤血球の生成』『エネルギー生産』です。鉄が不足して赤血球  の生成が
妨げられると、体内は酸欠状態になり、めまい・息切れ・動悸に加え、疲れ・  倦怠感・脱力感などの
いわゆる『貧血』の症状が起こります。

また、鉄はエネルギーを生み出す体の中の回路(電子伝達系)において、必須の酵素の活性 に深く
関わっています。

鉄が足りないと、エネルギー生産が十分に行われないために、倦怠感・脱力感・うつ・その他・ 不定
愁訴の原因になると考えられています。その他にも、鉄は活性酸素の一つである過酸 化水素を分
解する酵素の成分となったり、コラーゲン生成、免疫機能の維持、タンパク質 代謝などに働いて
いますので、美しさにも役立つ栄養素です。

情報提供:株式会社ヘルシーパス


サプリメントについて詳しくはこちらへ


12:56 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科

貧血と鉄① ~その不調は鉄不足かもしれません~

鉄は欠乏しやすい栄養素として知られています。

厚生労働省:国民健康栄養調査報告によると、閉経前女性の実に7割は鉄欠乏状態
であることがわかります。とくに、ダイエット中の女性、妊娠中の女性、成長期のお子様、
激しいスポーツをされる方は鉄の摂取量に注意が必要です。

■鉄不足が疑われる不調

鉄不足による症状は貧血で有名ですが、それ意外にも次のようなトラブルが起こるこ
とが知られています。

●目の下のクマがとれない

●顔色が悪い

●慢性的な冷え性・肩こり

●だるい・疲れやすい

●階段を上がるだけで動悸や息切れがする

●イライラ・神経過敏

●注意力散漫

●めまい

●微熱

●頭が痛い

●物忘れ、脳の働きの低下

●うつ

●朝の目覚めが悪い

●爪が反る・もろくなる

●唇の端が切れる

●ダイエットしてもなかなか効果がでない

●シャンプー時に毛が抜けやすい

サプリメントについて詳しくはこちらへ

t02200172_0300023512330738949

 

 

 

 

情報提供:株式会社ヘルシーパス


12:49 PM | カテゴリー: アンチエイジング歯科



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター