HOME > 院長・スタッフブログ

院長・スタッフブログ

心当たりはありますか?詰め物や被せ物は、なぜ取れる?

 

詰め物が取れてしまったら

 

「何度も同じ歯の詰め物が取れる」

そんな経験はありませんか?

ガムやキャラメルなど粘着性の高い食べ物を噛んでいたら、詰め物がとれてしまうことがあります。

 

しかし、詰め物がとれやすいものを食べないように気をつけていても、毎回同じ場所が取れてしまうことも。

 

正直、痛みがないと、ついついそのままで過ごしてしまうこともあるかもしれません。

 

被せ物が取れた状態で放っておくと、取れたところから虫歯ができたり、歯ぐきの腫れや出血などのトラブルがおきやすくなります。

 

痛みが出てから治療を行うと、虫歯になった部分を削らなくてはならないので、以前よりも自分の歯が減ってしまいます。

 

また神経を取った歯ならば、痛みを感じないまま虫歯が進行するので、気づいたときには歯が割れてしまったり、歯を抜かなければならない状態になってしまうことも少なくありません。

もし治療した歯の詰め物や被せ物が取れてしまったら、痛みがなくてもなるべく早く歯科を受診しましょう。

にしお歯科の痛くない削らない神経を取らない虫歯治療

 

 

被せ物・詰め物が取れやすい原因は?

 

詰め物や被せ物が取れてしまう原因の中には

 

・被せ物の接着物が劣化してしまう
・被せ物をした歯が虫歯になる
・被せ物が変形してしまう

 

といったものが挙げられます。

保険診療で使われる銀歯や被せ物に比べると、自費診療で使われるセラミック素材の方が審美性だけでなく耐久性にも優れていますが、それでも永久的というわけではありません。

 

そのため定期検診などで、治療を終えた歯の詰め物や被せ物に不具合がないかどうかチェックをしておくことも、歯のお悩みを抱えないための大切なメンテナンスといえるでしょう。

むし歯再発ゼロメンテナンス

 

また耐久年数にも個人差があります。

これは歯質や、かみ合わせ、噛む力によって変わってきます。

例えば歯並びが悪いと、歯の磨き残しが多くなって虫歯ができやすくなったり、一部の歯に噛む力が強くかかってしまいます。

ほかにも歯ぎしりや食いしばりなどで日常的に歯に過剰が力がかかっていると、下顎の骨がぼこぼこと出てきたり、歯が磨り減ってきたりします。

こういった症状が出ている方は、被せ物にも過剰な力がかかり、変形したり取れやすくなってしまうことがあります。

 

 

かみ合わせやマウスピースで取れやすさを改善

 

すべてではありませんが、部分矯正などで歯並びを整えることで、治療した歯の詰め物の寿命が伸ばすことが期待できます。

 

また歯ぎしりや食いしばりのクセがある人は、マウスピースなどで寝ている間の歯を守ることで、被せ物の取れやすさを軽減させる助けになることもあります。

 

歯並びは年齢や環境によって変化することがあります。

 

現在の歯並びや、噛む力、歯ぎしりなどの傾向もお口の中を拝見することでわかることはたくさんあります。

 

当院では「虫歯を治す」だけでなく、「もう一歩先」を見据えた治療プランをご提案します。

 

これからお子さんの健康を守りたい親御さんや、自分の将来の歯の健康を考えた治療を選びたい方は、是非一度当院にご相談ください。


2018年4月14日 6:43 AM | カテゴリー: お知らせ, むし歯, 矯正歯科

ご存知ですか?同じ歯の治療には限度があります

 

 

すでに治療を終えた歯が何度も取れてしまう


 

虫歯の治療をして詰め物や被せ物をした歯(治療歯)が、「何度も取れてしまう」、また痛くないので「取れたけどそのまま放置」している方はいらっしゃいますか?

 

「治療しないといけない」とはわかっていても、「痛くなるまでなかなか通院しようと思えない」方も多いかもしれません。

 

今日は、来院されるひとつのきっかけとして、歯の治療回数の限界についてお話したいと思います。

 

 

何回まで?歯の治療回数


 

 

一般的に虫歯は、虫歯になった場所を削って詰め物を入れます。

 

見た目は詰め物をするので、元通りに近い状態になり、食事をしても違和感はありません。

 

しかし、一度削った自分の歯が元に戻ることはありません。

 

治療した歯は、詰め物の間から虫歯が再発しやすくなります。

また虫歯になった食生活や生活習慣を改善せずに治療だけしても、虫歯リスクが高い口腔内のままであれば、いずれ他の歯も虫歯になるリスクが高いといえるでしょう。

単純に詰め物が取れてしまった場合でも、多少は歯を削らないと、新しい詰め物をいれることができません。

また、取れたまま放っておけば、また新しい虫歯ができます。
さらに自分の歯を削って治療をしなけれなりません。

一定の深さまで虫歯が進むと、神経を取らなければならなくなります。
神経を取った歯は、さらに弱くなってしまいます。

 

歯の根っこまできちんと治療をしても自分の歯がもろくなっていたら、いずれ歯が割れてしまい、歯を抜かなければならないことも少なくありません。

「この歯の治療は、何回までしかできない」ということはありません。

 

でも、虫歯の大きさによってどんどん元の自分の歯が減っていけば、どんどん治療の難しい歯になってしまいます。

 

歯の寿命を延ばすためには


 

 

私たちができることは、できるだけ削らないで治療ができる方法を増やすこと。

そして再治療リスクを減らすための根本的治療を行うことです。

 

そのためには、歯や口腔内にとって負担の少ないお手入れのしやすい素材や治療法を「自分で選ぶ」ことも大切です。

 

当院では、保険、自費診療どちらもお選びいただけます。

自分の歯をどのように守って行きたいか、ご希望をお聞かせください。

 

当院ではレーザー治療と、オーラルループというお薬を利用することで、小さい初期の虫歯を削らないで、元に戻す(再石灰化)力を助けて歯の再生治療できます。

レーザーとお薬を使った歯の再生治療について

 

 

今までの歯の治療回数や、現在の歯の状況を拝見して、できるだけ耐久性のある素材、歯周病リスクの少ないものをご提案したいと考えたとき、保険診療で使用できる素材(金属やプラスチック)は、オススメできない場合もあります。

 

自費診療では見た目も美しさだけでなく、保険素材に比べて耐久性に優れ、歯垢・歯石のつきにくいセラミック素材を選ぶことができます。

 

最終的な治療の負担やストレス、生活の満足度などを考えて最終的に患者さんにお選びいただけます。

美しさと耐久性、アレルギーの心配もない生体親和性の高い素材を使った審美治療

 

また神経を取った歯には土台を入れるのですが、一般的な保険治療で入れる金属の土台は、金属の方が歯よりも硬く強いので、自分の歯が割れてしまう可能性がありました。

最近では、ファイバーコアといって、歯の強度と同じようなしなやかさを持つ白い素材を土台として入れることができます。

このファイバーコアは、適度にしなるので歯の根っこが亀裂するリスクを軽減できます。

色が白いのでセラミックとの相性もよく、金属を使用しないのでアレルギーリスクもありません。

ファイバーコアについて

 

 

二人三脚で歯の健康を守っていきましょう


 

私たちは、歯を守ることに関してプロフェッショナルです。

みなさまが「予防」の必要性を感じ「通院」していただくことで、一緒に歯の健康を守ることができます。

再治療リスクをできるだけ減らすためには、治療の後の予防が本当に大切です。

今までの治療してきた歯の状態や、個人の健康状態、歯に関する意識によって、これからの治療方法や、予防の仕方は変わってきます。

是非一度、当院にご相談ください。

いつまでもできるだけ自分の歯で食事を楽しめる生活を目指しましょう。


2018年3月26日 9:10 AM | カテゴリー: お知らせ, むし歯, 保険と自費

知覚過敏と酸蝕症に関する院内セミナーを開催

 皆さん冷たい物や熱い物で歯がしみることがありませんか? よく歯がしみる・冷たい物が食べづらいなど患者さんから聞くことが多いのですが、知覚過敏の原因として強い歯ブラシ圧よる横磨き・電動歯ブラシの間違った使い方・喰いしばり・歯ぎしりなどが挙げられます。その他に酸性の飲食物例えば炭酸飲料や柑橘類などによるエナメル質の脱灰で歯が溶けていく酸蝕症があります。
 今回の院内セミナーのテーマは、“知覚過敏と酸蝕症” でした。グラクソスミスクライン社(以下G社)から講師をお招きしました。G社は皆さんも良く知っているシュミテクトを販売している大変大きな製薬会社です。海外ではセンソダインという商品名で販売されていて、欧米はもちろんのことエジプトでも取り扱いがあるそうです。スライドやサンプル商品を見ながらの楽しいセミナーとなりました。『そうだったんだ・・・』と改めてわかったことも多く、これは早速患者さんの説明の際にも取り入れていきたいと思いました。シュミテクトには、当院で扱っているオーラループに含まれているポリリン酸が配合された物もあることを初めて知りました。商品についてわからないことがあればお気軽にスタッフに聞いて下さいね!

DSCN5359

 


2016年4月13日 9:06 AM | カテゴリー: むし歯, ブログ



お問い合わせ 豊中 にしお歯科外観

にしお歯科

〒560-0083大阪府豊中市新千里西町
1-2-11 千里中央アインス101
新千里西町3丁目バス停前
駐車場3台完備
詳細地図はこちら(googlemap)

 
午前
午後

午前9:30~13:00 午後2:30~7:00
休診日/日曜・祝日、水・土曜午後

にしお院長・スタッフブログ スマートフォン対応サイト こどもの矯正お悩みナビ
当院は、日本歯科医療相談センター http://sikasoudan.net/ と業務提携を行っています。苦情・不満・ご意見などがおありの方は、フリーダイヤル0120-922-616(24時間/365日受付)へお電話ください。オペレーターがお話をお聴きし、その後専門員が対応いたします。
日本歯科医療相談センター